2020年07月13日

[ビジネスのきづき](1307)「裁判で訴えられた会社を銀行は警戒する」

読者のみなさま、こんにちは!







最近、サンプル百貨店で買い物することが

楽しみになっている六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数4万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●裁判で訴えられた会社を銀行は警戒する

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





[要旨]


銀行にとって、融資をしている会社が裁判

に巻き込まれることは、融資取引の懸念材

料となるので、融資を受けている会社は、

リスクが顕在化する時に備えて、普段から

銀行と緊密な接触をしておくことが大切で

す。




[本文]


池井戸潤さんの小説、「下町ロケット」で

は、主人公の佃航平が社長を務める、精密

機械製造業の佃製作所が、ライバル会社の

ナカシマ工業から特許侵害で訴えられて、

メインバンクの白水銀行から融資を断られ

てしまうという場面があります。


この物語では、ナカシマ工業の訴えは、裁

判で勝つことが目的ではなく、佃製作所を

窮地に追い込むことが目的の、いいがかり

的な訴訟だったわけですが、それでも銀行

は、訴えられた会社に対して警戒します。


とはいえ、事業活動を行っていると、意図

せず、別の会社などから訴えられてしまう

ことは、完全に避けることはできません。


銀行も、そのような事情は分かっています

が、外見的に、融資をしている会社が裁判

に巻き込まれてしまうと、その会社が裁判

に敗れてしまったときに備えて、警戒する

ことになります。


そこで、融資を受けている会社側としては

どうすればよいかというと、普段から、銀

行に対して、自社の情報を開示しておくこ

とです。


他社から訴えられれば、銀行からの印象が

悪化することに変わりはありませんが、普

段から情報をつかんでいる会社と、数年に

1度程度しか接触しておらず、あまり情報

がない会社とでは、銀行がその会社に対し

て抱く懸念の度合いは、まったく変わって

来ます。


また、会社は、事業のライバルからだけで

なく、元従業員から訴えられるということ

もあると思います。


いわゆる労働訴訟についても、融資をして

いる銀行としては、懸念材料になります。


労働訴訟も、元従業員によるいいがかり的

なものもあり、必ずしも会社側に問題があ

るとは限りませんが、そのように銀行側に

認識してもらうには、やはり、普段から銀

行とのコミュニケーションが緊密になって

いなければ、なかなか、その状況は伝わら

ないと思います。


このように、銀行にとって、融資をしてい

る会社が裁判に巻き込まれることは、融資

取引の懸念材料となります。


会社には、さまざまなリスクがあることは

ここで述べるまでもありませんが、リスク

が顕在化する時に備えて、普段から銀行と

緊密に接触しておくことは、とても大切で

す。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第588回を

配信しました。


今回は、「時短と成果が両立する仕事の見

える化記録術」の著者の、谷口和信さんに

お越しいただき、同書の内容を中心に、仕

事の効率化についてお伺いします。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://bit.ly/2Zja0ug


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/bXzFerxFq5o


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●好評発売中の六角明雄の著書

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





第6刷決定!「図解でわかる経営の基本い

ちばん最初に読む本」

http://amzn.to/2lu3fU4



第4冊決定!「図解でわかる小さな会社の

経営戦略いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/UJc6y2



「図解でわかる小さな会社の経営に活かす

会計いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1M3mszZ



第9刷決定!「図解でわかる在庫管理いち

ばん最初に読む本」

http://amzn.to/AseBrq



第6刷決定!「図解でわかるリースの実務

いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1o1VluB



「図解でわかる棚卸資産の実務いちばん最

初に読む本」

http://amzn.to/1UjplCq





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




冒頭で触れたサンプル百貨店ですが、いつ

でも欲しいものが買えるとは限りませんが、

ペットボトル飲料などは、ドラックストア

よりも安く買えるものが売られているとき

があります。


これからは暑い日が続きますが、このよう

なECサイトでお得に購入した飲みものが

あれば、安心してたくさん飲むことができ

ます。


ということで、しばらくは、サンプル百貨

店での買い物は続きそうです。^^;








◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 07:58| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月12日

[ビジネスのきづき](1306)「特殊な会社は改善手法も汎用性が低い」

読者のみなさま、こんにちは!







先日、数か月ぶりにスターバックスコーヒ

ーに行き、アイスコーヒーを買ったところ、

ストローが紙製になっていて、ちょっとお

どろいた六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数4万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●特殊な会社は改善手法も汎用性が低い

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





[要旨]

個々の会社には、個々の事情があることか

ら、自ずと事業の改善策も自社に合わせて

策定することになりますが、そのことが時

間のかかることであっても、改善プロセス

として省くことはできません。




[本文]


「実は、うちの会社には特殊な事情があっ

て、そのような改善手法を実践することは

なかなか難しいんですよ」


このような説明は、私が銀行職員時代や、

経営コンサルタントとして活動している現

在も、ご相談を受けた会社経営者に対し、

改善方法を提案したときに、その相談者の

方からしばしば返答される説明です。


もちろん、経営者の方が、そのような説明

をする事情はよく理解できます。


例えば、これは、ある本に書いてあったの

ですが、かつて、新潟県のある旅館が、業

況を改善するにあたって、仕入先を見直し

て、原価率に引き下げに注力したものの、

どうしても替えることができない仕入先が

あったそうです。


それは、社長の夫人の実家の米問屋だった

そうですが、メインバンクから、改善が進

まなければ、支援はしないと伝えられ、や

むなく、最後の最後の段階になって、その

米問屋からの仕入を止め、別の問屋から、

もっと安く米を仕入れることにしたそうで

す。


ここまで書いてきたことは、個々の会社に

は、個々の事情があるので、改善方法も、

他社にもあてはまるような汎用性の高いも

のは、個々の会社にはあてはまらないこと

も多いということです。


このことは理解していただくことは容易と

は思うのですが、逆に、コンサルタントに

は、「うちの会社にも、すぐに実践でき、

かつ、効果のある改善策を教えて欲しい」

という要望を伝えてくる会社経営者の方も

少なくありません。


会社の改善策には、汎用性のあるものもあ

りますが、前述のような質問をしてくる経

営者の方は、そのような改善策をお教えし

ても、期待したほどの効果が見込めないの

で、落胆されることがほとんどです。


要は、自らは、自分の会社は特殊、すなわ

ち、個性があるということを分かっている

わけですから、効果のある改善策も、自社

の個性に合わせた改善策になるということ

も理解できるはずです。


私は、むしろ、会社の改善策は、会社ごと

に違うことが当然だと思います。


すなわち、日本には約400万の会社があ

りますが、改善策も会社の数の400万通

りあるということです。


その理由は、繰り返しになりますが、それ

ぞれの会社にはそれぞれの「特殊な事情」

があるからです。


そこで、私が顧問先から改善策の策定のご

相談を受けたときは、ある程度の時間はか

かるものの、PDCAを実践して、その顧

問先により合致した改善策を策定するよう

お薦めしています。


このようなことはまどろっこしいと感じる

経営者の方もいると思いますが、「経営に

王道なし」というのが私の考えです。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第588回を

配信しました。


今回は、「時短と成果が両立する仕事の見

える化記録術」の著者の、谷口和信さんに

お越しいただき、同書の内容を中心に、仕

事の効率化についてお伺いします。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://bit.ly/2Zja0ug


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/bXzFerxFq5o


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●好評発売中の六角明雄の著書

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





第6刷決定!「図解でわかる経営の基本い

ちばん最初に読む本」

http://amzn.to/2lu3fU4



第4冊決定!「図解でわかる小さな会社の

経営戦略いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/UJc6y2



「図解でわかる小さな会社の経営に活かす

会計いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1M3mszZ



第9刷決定!「図解でわかる在庫管理いち

ばん最初に読む本」

http://amzn.to/AseBrq



第6刷決定!「図解でわかるリースの実務

いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1o1VluB



「図解でわかる棚卸資産の実務いちばん最

初に読む本」

http://amzn.to/1UjplCq





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





スターバックスコーヒーでは、すでに昨年

から、紙製ストローでコーヒーを提供して

いるそうですね。


ストローは、お箸のように使いまわしがで

きないので、紙製なら安心ですね。


ところで、ストローってもともとは麦藁と

いう意味なのですが、本当に、無印良品に、

「麦藁ストロー」という製品があるらしい

ので、いつかその麦藁でコーヒーを飲んで

みたいと思います。









◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 07:58| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月11日

[ビジネスのきづき](1305)「成功するビジネスパーソンはお礼をする」

読者のみなさま、こんにちは!







先日、大学の授業を終えて帰ってきた長女

を、最寄り駅から家へ連れて帰る途中、回

らない回転寿のはま寿司に立ち寄ったとこ

ろ、平日は一皿90円だったので、ちょっ

と気持ちが大きくなって大トロを3皿食べ

てしまった六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数4万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●成功するビジネスパーソンはお礼をする

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





[要旨]


成功するビジネスパーソンは、広い視点を

持って、多くの協力者との関係を強めてい

くことで、ビジネスの好循環を作っている

と考えられ、そのような広い視点を持つこ

とは、経営者としての資質と言えます。




[本文]


先日、あるコンサルタントの方とお話をし

ました。


その際、その方は、成功しているビジネス

パーソンの共通点として、仕事でお世話に

なった人へは必ずお礼をしている、それも

成功者といわれるようになる前から、きち

んと協力者にお礼をしており、成功者とい

われるようになってからも、それを続けて

いる、ということをお話されました。


私もその方のお考えは正しいと思います。


また、私だけでなく、ビジネスに携わって

いる多くの方もその通りとお考えになるで

しょう。


ところが、実際には、必ずお礼をするとい

うビジネスパーソンは、どちらかというと

少数派でしょう。


だから、そのようなビジネスパーソンは成

功するともいえるのですが…


では、そのような律儀な人は成功すると分

かっていながら、律儀なことをする人は、

なぜ、少ないのかということを、その後、

考えてみました。


その答えはひとつだけではないと思います

が、私が考える理由は、ビジネスに臨むに

あたって、十分に広い視点を持つことが、

なかなか難しいからだと思っています。


自分がやることだけでせいいっぱいという

人は、ビジネスで自分に貢献してくれてい

る人のことに気づく心の余裕も持つことが

できないし、したがって、お礼もしようと

しないでしょう。


一方、自分のビジネスには、多くの協力者

がいるということに気づいている人は、そ

の協力者に感謝することができ、そのよう

な姿勢が、さらに、強い協力を得られるこ

とにつながるのでしょう。


例えば、発行部数が累計800万部の人気

作家の本田健さんは、ご自身の本が800

万部売れたのは、自分が本を書いたからだ

けではなく、本を印刷してくれた人、本の

発売を告知してくれた人、書店の店頭で、

実際に読者に本を販売してくれた人がいる

からであり、そのような協力者の方たちの

おかげで800万部の本が売れたとお話さ

れておられます。


そのような姿勢を持っている作家には、さ

らに、協力者との強い関係が築かれていく

のでしょう。


とはいえ、経営コンサルタントである私と

しては、「ビジネスでお世話になっている

人には感謝しましょう」ということだけを

述べようとは思いません。


このような、ビジネスの協力者に感謝でき

る人は、広い視点をもっているからこそ、

協力者を巻き込んでいく力を持っており、

そのことは経営者としての資質も高いとい

うことでもあるのだと思います。


ビジネス界では、ほとんどの人が成功者に

なろうと思っていると思いますが、いわゆ

る成功法則を、労力をかけて学んだり、習

得ししたりしようとする人も多いと思いま

すが、そのようなことをするよりも、身の

回りにいる人たちを大切にすることから始

めることの方が、成功者に早く近づくかも

しれないと、私は考えています。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第587回を

配信しました。


今回は、「時短と成果が両立する仕事の見

える化記録術」の著者の、谷口和信さんに

お越しいただき、同書の内容を中心に、仕

事の効率化についてお伺いします。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://bit.ly/38qJcuU


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/gLdfb5w0VVQ


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●好評発売中の六角明雄の著書

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





第6刷決定!「図解でわかる経営の基本い

ちばん最初に読む本」

http://amzn.to/2lu3fU4



第4冊決定!「図解でわかる小さな会社の

経営戦略いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/UJc6y2



「図解でわかる小さな会社の経営に活かす

会計いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1M3mszZ



第9刷決定!「図解でわかる在庫管理いち

ばん最初に読む本」

http://amzn.to/AseBrq



第6刷決定!「図解でわかるリースの実務

いちばん最初に読む本」

http://amzn.to/1o1VluB



「図解でわかる棚卸資産の実務いちばん最

初に読む本」

http://amzn.to/1UjplCq





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





いわゆる回転寿司店には、数か月に1度程

度しか行かないのですが、特に、最近は、

お寿司がおいしくなっていると感じます。


寿司店も競合が激しくなっていることから、

相当の工夫をしているということを感じま

す。


ただ、そのような工夫は、利用する側から

はうれしいですが…^^;









◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 07:59| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする