2019年05月24日

[ビジネスのきづき](891)「経済学と経営学」

読者のみなさま、こんにちは。







先日、仕事のために東京方面へ特急電車で

向かっている時、人身事故のために目的地

に着く前に特急電車が運行打ち切りになっ

てしまったものの、なんとかほかの鉄道に

乗り継いで、時刻通りに目的地に到着でき

て、ほっとした六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.7万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●経済学と経営学

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私がよく受ける質問に、経済学と経営学の

違いはなに?というものがあります。


これも、分かっているようで、説明は意外

と難しいようです。


この質問への回答については、法政大学の

Webpageにも記載がありました。


(ご参考→ https://bit.ly/2X1g5YM


そこには、経営学について、慶応大学准教

授の説明として、「社会、経済、人の心に

多大な影響を与えうる、経営という行為と

それを行う個人と組織が、どう変遷し、ど

う存在し、どう動くかの普遍的な法則性を

解明するべく、社会科学の一つの分野、科

学としての議論を重ねている」と記載して

あります。


そして、経済学について、ハーバード大学

教授のグレゴリー・マンキューの説明とし

て、「社会がその希少な資源をいかに管理

するのかを研究する学問である。経済学者

は、人々がどのように意思決定するのかを

研究する。どれだけ働き、何を買い、どれ

だけ貯蓄し、その貯蓄をどのように投資す

るのか、といったことを研究するのであ

る。経済学者はまた、人々が互いにどのよ

うにして品物の販売価格や、販売数量を決

めるのかを調べるのである」と記載されて

あります。


どちらも、専門的な知識がある人でなけれ

ば、なかなか理解できない説明だと思いま

す。


もちろん、私は両者の説明を批評できるほ

どの専門性は持っていないのですが、私な

りにもう少し簡単に説明すると、経済学は

「国全体や、個人の経済活動の法則を明ら

かにする学問」であり、経営学は「組織の

目的をより効率的に達成するための法則を

明らかにする学問」であると、考えていま

す。


しかし、この説明に疑問を感じる方もいる

と思います。


すなわち、会社は、販売活動によって自社

商品を販売しており、それは経済的な活動

なので、経営学の研究の対象にならないの

か、という疑問です。


確かに会社は商品を販売しますが、それは

付加価値を産み出す活動であり、その付加

価値は、株主への配当金の支払いや、従業

員への給与の支払いなど、事業活動を支え

るステークホルダーへ還元され、事業活動

が維持されます。


実際には、ステークホルダーは有機的な要

因によって行動するので、事業活動を維持

するためにさまざまな調整や判断が経営の

役割として求められており、それをどれだ

け上手に実践できるかによって経営者とし

ての能力が評価されます。


そして、上手な経営者とはどういう活動を

すべきかという法則を研究することが経営

学の目的です。


したがって、経営学では、商品の販売は、

経済活動という観点ではなく、組織を維持

発展させるための活動ととらえ、その研究

の対象としています。


一方、経済学の法則は、一般的には経営学

と比較して無機的です。


商品は価格の安いものが売れる、労働者は

給与の高い会社で働こうとするというよう

な法則でとらえようとします。


経済学が経済活動を、このような側面でと

らえることが誤っている訳ではないのです

が、経済活動を主に数値で明らかにしよう

としている点で、経営学と大きく異なって

いると、私は考えています。






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第528回を

配信しました。


今回は、日報コンサルタントの中司祉岐さ

んをお訪ねし、中司さんの新刊「小さな会

社の売上を倍増させる最速PDCA日報」

から、PDCA日報の上手な活用法につい

てお伺いしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://bit.ly/2W9YX5y


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/VrAqTmkeIK4


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の6月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






「融資に強くなる勉強会」

6月5日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://amba.to/2Y8oIkl




「スカイプ相談実施日」

6月6日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「信用保証協会徹底活用セミナー」

6月14日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF




「スカイプ相談実施日」

6月20日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「経営入門セミナー」

6月24日(月)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://amba.to/2wiE7Tn





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





出張が多い私としては、極めて正確に運行

している日本の交通機関は、とてもありが

たいと思っています。


しかし、それでも事故による運休は避けら

れないもの。


出張する側は、そういった事態も想定して

移動しなければなりません。


でも、いまは、スマートフォンアプリで、

迂回路線もすぐに見つかるので助かります。


そして、事故が起きてもあわてないで対処

できるようにするには、日頃の心がけが大

切だと感じました。








◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:00| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

[ビジネスのきづき](890)「おそばの食べ方」

読者のみなさま、こんにちは。







最近は、私が仕事ででかけるとき、ついで

に大学生の長女を最寄り駅まで送るのです

が、長女はいつもぎりぎりにならないと布

団から出て来ないので、毎回焦らせられて

いる六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.7万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●おそばの食べ方

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





先日、ビジネスコーチの中城卓哉さんが、

おそばを食べるときの音についてメールマ

ガジンに書いていました。


すなわち、日本に来たフランス人の方が、

おそば屋さんに入ったら、隣の人のおそば

をすする音を不快に感じたと話していたこ

とを取り上げたSNSが炎上した。


(ご参考→ https://bit.ly/2WX5UUU


これについては、日本人の間でも賛否両論

あり、議論は平行線で終わる。


そこで、どちらが正しいかではなく、みん

なが快適でいられる方法を考えれば、対立

は避けることができる。


例えば、「音を出さないそば屋」というお

店を外国人観光客の多い地域に作れば、外

国の方にも気持ちよくおそばを食べてもら

える、というものです。


これは、私自身にも言えることなのです

が、理解できているようで、必ずしも実践

できていないことがあると思っています。


すなわち、自分が好きなことは正しい、嫌

いなことは間違いと主張してしまいがちで

す。


私の場合、いわゆる飛び込み営業が苦手な

ので、「いきなり何も知らない人のところ

に行って、自分を売り込もうと思っても、

非効率な上に、訪問された側にとっても迷

惑なだけだから、飛び込み営業なんてやる

べきではない」と考えてしまいます。


これは、正論を言っているようには見えま

すが、単に自分がやりたくないことを、さ

も論理的に正しいように主張して、実践す

ることを避けているとも言えます。


そこで、私自身も、ときどき、あえて自分

が嫌なこと、すなわち営業訪問や、大勢の

人がいる交流会への参加をするようにして

います。


別の例では、私の顧問先の経営者の方の中

にも、苦手なことを正当化して、実践を避

けようとしている方は少なくありません。


例えば、私が、融資を受けた銀行へは、毎

月、月次試算表を持って定例訪問をしま

しょうと、顧問先の経営者の方に提案して

みても、「銀行へ定例訪問する時間や労力

があれば、その分、売上を得るために顧客

訪問した方がよい」というように、提案を

拒む方は珍しくありません。


その会社が、労力を集客に集中し、業績も

向上するのであれば問題ないのですが、多

くの場合は、業績は変わらず、資金繰がき

つくなってくると、再び銀行に日参する日

がつづき、やっとの思いで融資の承認を得

るということを繰り返すことになります。


と、ここまで書いてきたことから分かる通

り、人は自分の好き嫌いと、正しいか誤り

かを混同してしまいがちなので、ビジネス

上の判断は、好き嫌いではなくうまくいく

かどうかで判断したほうが望ましいのでは

ないかということが、今回の記事の結論で

す。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第528回を

配信しました。


今回は、日報コンサルタントの中司祉岐さ

んをお訪ねし、中司さんの新刊「小さな会

社の売上を倍増させる最速PDCA日報」

から、PDCA日報の上手な活用法につい

てお伺いしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://bit.ly/2W9YX5y


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/VrAqTmkeIK4


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の5月〜6月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






「スカイプ相談実施日」

5月23日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「経営入門セミナー」

5月24日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://amba.to/2vftFv9




「融資に強くなる勉強会」

6月5日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://amba.to/2Y8oIkl




「スカイプ相談実施日」

6月6日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「信用保証協会徹底活用セミナー」

6月14日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF




「スカイプ相談実施日」

6月20日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





長女だけでなく、私も、朝は、どういう訳

か、ぎりぎりにならないと、なかなか思い

切って布団から出られません。


本当に、眠気の強さにはいつまで経っても

勝てません。


でも、中には朝になるとパッと目が覚める

人もいるときいたことがあります。


ぜひ、こつを知りたいです…^^;








◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:00| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

[ビジネスのきづき](889)「コンサルタントは聞き役」

読者のみなさま、こんにちは。







先日、ご近所の方からわらびのおすそわけ

をいただいたので、煮物にしてごはんと一

緒に食べて、とても幸せを感じた六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.7万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●コンサルタントは聞き役

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





これは、中小企業に限るのですが、私がコ

ンサルタントとして顧問先の経営者の方と

お会いしても、あまりお話しません。


聞き役に徹しています。


その理由のひとつは、まず、私が聞き役に

なると、顧問先の経営者の方のモチベー

ションが高くなるからです。


本論からそれますが、経営者の方は、あま

り自分の考えをきいてもらえる機会が多く

ないか、もともとおしゃべりすきな人が多

いようで、とにかくお話したいことを話て

もらうと、元気になってもらえます。


ふたつめは、事業の改善策は、実態とし

て、どういう方法がよいというよりも、ど

ういう方法が実践してもらえるかが重要に

なっているので、コンサルタントがよい方

法と思うものよりも、経営者の方自身が実

践してみたいという方法の方が、実際に改

善策を実行したときの事業の改善の度合い

が大きくなるからです。


そこで、コンサルタントとしては、経営者

の方の考えをできるだけたくさんきいてみ

て、それらをまとめると、どういう改善策

になるかということを明確にしていく役割

を担います。


そうなると、コンサルタントは、改善策を

考えないことになるように思われますが、

経営者の方の考え方の妥当性、整合性、実

現可能性などを検討しなければならず、そ

れには経営に関する知識や、経験、スキル

が求められます。


また、経営者の方のお話したことが、必ず

しも事実とは限らないことがあります。


これは、多くの場合、故意に事実と異なる

ことを話しているのではなく、経営者の方

の思い込みや調査不足によるものです。


そういった裏付けの調査もしなければなり

ません。


と、ここまで私の改善策策定のプロセスを

説明してきましたが、なぜ、これに言及し

たかというと、その理由のひとつは、会社

の事業の改善策はオーダーメードにならざ

るを得ないからということです。


それは、会社の外部環境と内部環境は、会

社によって異なるからです。


特に、中小企業は、ある意味、経営者の個

性で事業を運営している面が強いので、業

種や規模が同じだからと言って、必ずしも

同じ改善策が適するとは限りません。


もちろん、基本的な戦略はどのような会社

にも通用しますが、それだけでは差別化は

困難です。


したがって、最適な改善策は個々の会社に

あわせたオーダーメードのものになるわけ

です。


ふたつめは、事業の改善策は、会社自身が

変わらなければ、事業も改善しないからで

す。


これも当然のことと思われますが、事業の

改善とは、事業の主体である会社の経営習

熟度が高まることが基本です。


でも、中には、会社の経営習熟度を高める

には労力も時間もかかるので、「手法」だ

けで改善したいと考える経営者の方は少な

くありません。


すなわち、自らのスキルアップはあまりし

たくないので、何を売るか、または、どう

やって売るかということだけで事業を改善

しようという方も多いと感じています。


でも、スキルアップなしにできる程度の改

善では、競争力は高まりません。


やはり、会社が改善し、そして事業が改善

することが基本です。


そこで、会社の改善点は何かということを

調べるためにも経営者の方の話を十分に聴

く必要があります。


今回の記事の結論は、私が考えるコンサル

ティングは、「誰にでもどんな病気にも効

く万能の特効薬」を作るというようなこと

ではなく、会社の状況に合わせて改善策を

まとめるという作業になっているというこ

とです。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第528回を

配信しました。


今回は、日報コンサルタントの中司祉岐さ

んをお訪ねし、中司さんの新刊「小さな会

社の売上を倍増させる最速PDCA日報」

から、PDCA日報の上手な活用法につい

てお伺いしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://bit.ly/2W9YX5y


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/VrAqTmkeIK4


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の5月〜6月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






「スカイプ相談実施日」

5月23日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「経営入門セミナー」

5月24日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://amba.to/2vftFv9




「融資に強くなる勉強会」

6月5日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://amba.to/2Y8oIkl




「スカイプ相談実施日」

6月6日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「信用保証協会徹底活用セミナー」

6月14日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF




「スカイプ相談実施日」

6月20日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





冒頭で触れたわらびですが、私が子どもの

ころは、近所の野山でわらびがたくさん採

れたのですが、いまはあまり見かけなくな

りました。


でも、山菜好きな人は、山菜が採れる場所

を知っていて、かつ、ほかの人にはどこで

採れたかは話さないようにしているようで

す。


いずれにしても、結果としてこの時期はわ

らびをいただく機会が増えるので、とても

幸せになります。








◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:00| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする