2016年11月08日

ワンランク上の人と付き合う

本田健さんが「自分を高めたければ、ワンランク上の人と付き合うようにするとよい」お話しされていたので、私もそうなるよう心がけています。

ワンランク上の人とは、例えば、売上高が自社より10倍の会社の経営者、業歴が自分より20年以上長い経営者、従業員数が自社より10倍多い会社の経営者などです。これは、決まったカテゴリーはありませんが、自分が目標とする経営者の人が集まるところに行くとよいと考えています。

そうすることで、その人たちの考え方、行動の仕方、振る舞い、人への接し方、どこから情報を得ているかということを学ぶことができます。そして、自社のビジネスをステップアップさせるための機会を得られるかもしれませんし、直接的なチャンスは得られなくても、ランクの高い人たちと接していると、自然とその人たちと同じような行動をしたり考え方をするようになることで、従来と違った商機に恵まれるようになるでしょう。

ただし、ワンランク上の人と付き合うことは、少したいへんなこともあります。自分がみじめに感じることです。逆に言えば、自分と同じランクの人や自分よりランクの低い人といると居心地がよく、特に意識しなければ、そのような人たちばかりと付き合ってしまいがちです。しかし、それではいつまでたっても自分の成長は望めません。居心地の良くないところにあえて向かうということが、自分を高めるよい機会となるでしょう。


六角明雄の著書、好評発売中です!
図解でわかる在庫管理 いちばん最初に読む本 -
posted by 六角明雄 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする