2016年12月16日

「建前」を受け入れる覚悟

私がコンサルタントとして助言をする機会はたくさんありますが、その助言に対して「そんなのは建前だ。それができるようなら、最初からコンサルタントに相談はしない」と言われることもしばしばあります。私もコンサルタントとして、相談された方ができないことを提案したり、理解してもらえないことを提案したりすることは避けなければなりません。 ただ、会社の事業を継続するためには、最低限実践しなければならないこともたくさんあります。

具体例は割愛し、私の経験を書きます。私が銀行で働いていたころ、その銀行の株価が急落し、倒産するのではないかという風評が広まりました。その結果、多くの預金者が預金を引き出すために、開店前から列を作りました。その当時は、仮に銀行が破たんしても、預金保険で全額が補償されているので、(現在は、1,000万円が上限)定期預金などは中途解約することは、預金者にとってあまり賢いことではありません。しかし、それでも何人もの人が「自動車を買うことにしたので、お金が要りようになった」などという理由で預金を引き出していきました。

よく「商売は信用が第一」と言われていますが、それを実体験で感じました。「不景気が長引く中で、不良債権が多いのは仕方がない。不良債権が少なくないと預金しないという要望は建前だ」という考えが頭をよぎりましたが、やはり、どの銀行を利用するかというのは預金者が決めることであり、建前かどうかを論議しても仕方がないと感じました。 事業に臨む以上、自分がどう考えるかどうかではなく、顧客がどう考えるかという観点は経営者としては特に受け入れなければならないでしょう。
posted by 六角明雄 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする