2016年12月19日

担保があれば融資を受けられるか

最近の報道機関の記事を見ると、「銀行は、担保に依存する融資から脱却すべき」といった批判的に書かれています。このような見方は、必ずしも間違ってはいませんが、かといって、100%正しいとも言い難いでしょう。私としては、30%程度も当てはまらないと考えています。なぜなら、銀行は、担保があれば必ず融資をする訳ではないからです。

例えば、業績が芳しくない会社から融資の申し込みがありました。融資の条件として、直接経営に携わっていない社長の親族から、価値が十分に見込める不動産を担保に差し出すという申し出がありました。このような条件であれば、融資をしたのち、もし会社が倒産しても、担保を処分すれば貸出金を回収できるので、リスクはほとんどないといえます。でも、多くの場合は、銀行は融資を拒むでしょう。銀行が融資するかどうかは、融資が回収できるかどうかというこよりも、融資先が倒産しないかどうかということで判断するからです。倒産する確率が高い会社に融資をしても、銀行としては、支援の意義を感じないということです。

よく、「融資を受けられれば事業を継続できる」と考えている経営者の方を見かけますが、融資を受けられるかどうかということを、事業が継続できるかどうかの理由にすることは適切ではないでしょう。もし、銀行から融資を受けられないとすれば、それは、事業の先行きがよくないということが最大の原因です。融資を受けられるようにするには、担保を提供することよりも、業績を向上させることに注力することが最も大切です。


※お断り 本文で、第三者から担保の提供を受ける例を示しましたが、「経営者保証に関するガイドライン」などによって、銀行が、融資先への融資にあたり、その会社の経営に携わっていない第三者から、担保の提供を受けることはほとんどありません。読者の方に理解を促すために、このような例を示したことをあらかじめお断りいたします。
posted by 六角明雄 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする