2016年12月25日

価値を生み出しているもの

だいぶ前のことですが、経営コンサルタントの石原明さんが、ご自身が制作しているポッドキャスト番組で、「テーブルにあるタッチパネルの端末で注文を受けている飲食店は、残念なお店だ」という主旨のお話しをされておられました。これは、「飲食店」は「飲みものと食べもの」を提供して利益を得ているのではなく、従業員の方との会話」を提供して利益を得ているからだと、石原さんは考えておられるからです。そして、この考え方に同意される方もたくさんおられるでしょう。

タッチパネルで注文を受けることは、確かに効率性やスピードの観点からは利点があります。しかし、それは、「飲みものや食べもの」を求めに来ている人だけに得られる利点です。では、例えば、「ビールを飲みたい」という人は、わざわざ店に来てビールを飲む必然性があるでしょうか?単にビールを飲むだけならば、量販店でビールを買って家で飲むほうがリーズナブルです。店に来てビールを飲む人は、ビールを飲むために店に来ている訳ではないといことは明白なのに、本来の目的を得られるようにしていないとうことは、本当に残念な店となってしまいます。

このような例は、他の業種でも見られます。DVDレンタル店の最大のライバルはスマートフォーンだそうです。DVDレンタル店には、DVDを観たい人が来るのではなく、(本当にDVDを観たい人もいますが)余った時間を過ごす手段を得るために来ています。ですから、スマートフォーンで遊べるおもしろいオンラインゲームが発売されると、レンタルDVD店の売上に影響するそうです。もうひとつ例をあげると、コンビニエンスストアのライバルは、ファストフード店といわれています。コンビニエンスストアは小売業で、ファストフード店は飲食業ですから、業種としては異なりますが、どちらのお店でも、すばやくご飯をすませることができるという点では共通しています。ですから、どちらも、時間を節約したいという人を奪い合っているということになります。

以上、2つの例をあげましたが、私も、自社の事業がなぜ利益を得られているのかということを把握できずに、間違った方向に事業展開をしようとしている会社の例をしばしば見かけます。自社の事業が利益を確実に得られるようにするためには、顧客が自社に何を求めているのかということも的確に把握していなければなりません。
posted by 六角明雄 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする