2017年01月19日

[ビジネスのきづき](35)「時刻表と到着時刻の乖離」

読者のみなさま、こんにちは。




今月から始まった大河ドラマを録画

しているのに、家族がOA中の番組を

見ていて、なかなかテレビを使わせて

もらえず、いまだに録画番組を見られ

ないことから、もしかしたら、

このままドラマを見られずに年末を

迎えてしまうかもしれないとはらはら

している六角です。



地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業の支援を担当、その経験から

習得した支援ノウハウを活かして

経営コンサルタントとして独立、

がんばる日本の中小企業を応援するため、

今回も、ビジネス書6冊(累計発行部数

3万部)のビジネス書作家として、

ビジネスを加速させるためのきづきを、

3分間で読めるメールマガジンにして

お届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●時刻表と到着時刻の乖離

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私は栃木県に住んでおり、出張から

帰る時は、よく、最終の特急電車を

利用します。


たいしたことではないのですが、

この特急電車は、常に、時刻表よりも

3分程度遅れて私の家の最寄り駅に

到着します。


遅れる原因は、都心周辺の通勤電車の

過密ダイヤだと思います。


かつては、到着が遅れる旨を詫びる

車内アナウンスがあったのですが、

いまでは、そのアナウンスも行われなく

なりました。


これと同時に、私は、かつて、

ある病院で人間ドックを受けた

ときのことを思い出します。


ひととおり、検査が終わり、あとは、

医師による所見を待つだけでした。


所見は病院からの案内では、

10時からということだった

のですが、実際に始まったのは、

10時30分からでした。


私は、所見をする医師に、

「なぜ、時刻通りに所見が

始まらなかったのか」と

たずねたところ、その医師は、

「一般病棟の回診が、予定よりも

時間を要した」と遅れた理由を

説明しました。


私がききたかったのは、病院が

作成した案内と、実際の所見の

開始時刻のずれが起きた原因に

ついてききたかったのですが、

自らの案内と行動にずれがある

ことを、何らの問題もあると

感じていないようでした。


電車の時刻も、所見の開始時刻も、

利用者からみれば、騒ぐほどの

ことではないのですが、どちらの

例も、遅れることが恒常化して

いるのであれば、実態に合わせて

時刻表をつくったり、受診者への

案内をつくるべきでしょう。


私がこのようなことを問題だと

感じるのは、現場がマネジメント

されておらず、現場で改善すべき

ことがそのままになってしまう

体質が続くということです。


電車の時刻表で言えば、常に電車が

遅れるのは、時刻表の作成の仕方が

誤っているのか、それとも、現場の

オペレーションが基準となる水準を

満たしていないということです。


だから、時刻表と実際の電車の

到着時刻が異なる状態が続けば、

時刻表の作成の仕方の誤りも、

現場のオペレーションの水準も、

本来目指すべき状態ではない状態が

続くことになります。


こういったことは、本来は、現場の

管理者や、監査部門が指摘すべき

ことです。


つまらないことのように思え

ますが、ライバルとの差別化は、

このような細かな気づきの

積み重ねになってきていると

私は思っています。












━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



きのうは、

Youtubeでテレビ番組が

見られると書きましたが、

Youtubeの広告によって

たくさんの収入を得ている人、

即ち、Youtuberが増えて

いるとききました。


10年前どころか、5年前までは

このような稼ぎ方があるとは思いも

しませんでした。


技術の進歩はマウスイヤーと

言われていますが、それに合わせて

新たなビジネスモデルも登場しますね。


今後もどのような職業や

ビジネスモデルが登場するか

楽しみです。







◆このメールマガジンで取り上げて

欲しいトピックやご質問、ご感想が

ありましたら、こちらからおよせ

ください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。→

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:02| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

[ビジネスのきづき](34)「群盲象を評す」

読者のみなさま、こんにちは。




納豆がこうぶつなのに、プリン体が

含まれているからという理由で、

1日1パックしか食べてはならないと

かみさんから制限をつけられ、

がっかりしている六角です。



地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業の支援を担当、その経験から

習得した支援ノウハウを活かして

経営コンサルタントとして独立、

がんばる日本の中小企業を応援するため、

今回も、ビジネス書6冊(累計発行部数

3万部)のビジネス書作家として、

ビジネスを加速させるためのきづきを、

3分間で読めるメールマガジンにして

お届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●群盲象を評す

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



バラエティ番組、ぶっちゃけ寺に出演

されたことのある、岡山県倉敷市の

高蔵寺住職、天野こうゆうさんが、

ラジオ番組( http://www.haibozu.com/ )で

次のようなことをお話しされていました。


「会社の研修などで、禅寺に来て、

少しだけ座禅をして行く人がいる。

その方の中には、座禅はつまらないと

感じ、座禅を嫌いになって禅寺から

帰っていく」


私は、必ずしもすべての人が

座禅を評価しなければならないとは

思いませんが、確かに、研修によって、

半ば強制的に短時間の座禅を体験した

だけで、座禅を嫌いになるというのも、

座禅体験を受入れてくれた禅寺から

見れば失礼だなと思います。


この話を聞いて、

私は、インドの寓話である、

「群盲象を評す」を思い出しました。


この寓話をご存知の方も

多いと思いますが、おおよその内容は

次の通りです。


「盲人達は、それぞれゾウの鼻や

牙など、別々の一部分だけを触り、

その感想について語り合う。


しかし、触った部位により感想が

異なり、それぞれが自分が正しいと

主張して対立が深まる。


しかし、何らかの理由でそれが

同じ物の別の部分であると気づき、

対立が解消する」


(ウィキペディア( https://goo.gl/C4PjNM )

より引用)


この寓話は、

ヒンドゥー教やイスラム教などにも

教訓として伝わっているようで、

仏教でも、「少しの知識だけで

何でも知っていると思い込んだ者が、

世の中には大勢いる。そういう

者たちと言い争ってはならない」

という教訓が伝わっているそうです。


これは、私自身にも言えることなの

ですが、人は、深く学ばずに、一部

だけを学んだだけで、物事を評価

してしまいがちです。


経営者の方の中にも、新しい事業を

始めて、短期間しか絶っていないにも

かかわらず、業績があがらないと、

その事業を批判したり、新たに取り

入れた手法を批判したりしがちです。


事業の現場にいる人は、目の前の

課題をこなすことで手がいっぱいに

なってしまいますが、経営者の方は、

組織のトップに立つ人であるから

こそ、事業のよしあしをきちんと

見極める役割があるということは、

誰もが認めるところでしょう。


だからこそ、

部分的なことですべてを評価しては

ならないと思います。


確かに、

どこまで吟味すればよいのかという

線引きも難しいところですが、

少なくとも、少しだけ手を出して、

すぐに批判をするということを

繰り返すということは避けなければ

ならないと思います。







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



最近、テレビ番組がYoutubeで

ライブ配信されているものもあるという

ことを知りました。


Youtubeで配信されていれば、

外出先でもスマートフォンで視る

ことができるので、便利さを実感した

ところです。


文明の利器、というよりも、技術って、

本当にすごいですね。









◆このメールマガジンで取り上げて

欲しいトピックやご質問、ご感想が

ありましたら、こちらからおよせ

ください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。→

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:01| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

[ビジネスのきづき](33)「5つの適正」

読者のみなさま、こんにちは。




先日、東京ディズニーランドに行ってきた

長女の話を聞いていたら、5年ぶりに

行ってみたくなってしまった六角です。



地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業の支援を担当、その経験から

習得した支援ノウハウを活かして

経営コンサルタントとして独立、

がんばる日本の中小企業を応援するため、

今回も、ビジネス書6冊(累計発行部数

3万部)のビジネス書作家として、

ビジネスを加速させるためのきづきを、

3分間で読めるメールマガジンにして

お届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●5つの適正

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



先日、都内のレストランで昼食をした後、

店を出たのですが、店の出口で、その店で

作ったオリジナルの生ケーキをお土産用に

販売していました。


私はそのお店が気に入っていたので、

ケーキも買って帰りたかったのですが、

生ケーキなので、箱に入れた保冷剤が

効いている2時間以内に家に戻って

冷蔵庫に入れなければならないときき、

生ケーキの購入はあきらめました。


しかし、売っていたのは生ケーキ

だけだったので、結局、何も買わずに

店を去ることになりました。


お店の意図としては、生ケーキの味に

自信があり、だからこそ、生ケーキに

こだわって、それだけを店頭で販売

しようとしたのだと思います。


この販売方法は決して誤っている

訳ではないのですが、私は少し

もったいないと思いました。


せっかく販売担当者が時間を割いて

ケーキの店頭販売をするのであれば、

もう少し販売対象を広げる方が

よいのではないかと思います。


生ケーキだけを販売するのであれば、

2時間以内に家に帰る人にしか

販売できないことになります。


商品の品ぞろえの定石として、次の

「5つの適正」があります。


(1)適正な商品

(2)適正な価格

(3)適正な時期

(4)適正な数量

(5)適正な場所


今回、例に挙げたお店の場合、

商品と場所に適正さが欠けていた

のではないかと思います。


ただ、私もこれまで何人かの

パティシエの方からお話しを伺った

ことがあり、そのお話しの中で、

「生ケーキこそ本物の味」という

こだわりをパティシエの方々は

強く持っているようで、だから、

生ケーキしか売りたくないと

考えている方も多いようです。


このこだわりは大切にするべきだと

私も思うのですが、そうであれば、

店頭販売ではなく、別の方法で

売るべきだと私は考えます。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



いよいよ新しい米国大統領が就任します。


いままでの大統領とは違ったタイプで、

就任前からSNSで多方面にいろいろな

働きかけをしています。


その大胆さが日本の政治家にもあったら

なぁと思ったところでした。


正式に大統領に就任したら、どんな

政治をするのかも楽しみです。







◆このメールマガジンで取り上げて

欲しいトピックやご質問、ご感想が

ありましたら、こちらからおよせ

ください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。→

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:01| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする