2017年02月05日

[ビジネスのきづき](52)「行動するひとは信用できる」

読者のみなさま、こんにちは。






iPhoneを誤操作して、Siriが

現れてしまい、「用件をおっしゃって

ください」といわれると、いらいらして

つい、「消えてください」と答えてしまう

六角です。



地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業の支援を担当、その経験から

習得した支援ノウハウを活かして

経営コンサルタントとして独立、

がんばる日本の中小企業を応援するため、

今回も、ビジネス書6冊(累計発行部数

3万部)のビジネス書作家として、

ビジネスを加速させるためのきづきを、

3分間で読めるメールマガジンにして

お届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●悪い情報こそ早く伝える

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



先日、知人の経営者の方から「最近の

若い者は、なかなか連絡をしてくれ

ない」という愚痴を聞きました。


その方は、発注先からの製品の納期が

遅れたときに、納期前には連絡がなく、

納期が過ぎてから連絡が来たことに

不満を感じていました。


この不満は当然なのですが、さらに、

発注した側とすれば、納期までに何の

連絡もなければ、納期が守られると

思っているわけですから、さらに

不満は大きくなります。


もし、納期が遅れることが分かった

時点で連絡があれば、別の対処法が

とれたかもしれないので、単に、

納期を守らなかったということ

以上に問題があると言えます。


このことも、多くの方は賛同されると

思うのですが、その一方で、実践され

ない例も多いようです。


恐らく、「連絡する=よいことで

なければならない」というように

思い込んでしまう人が多いことが

原因だと思います。


これを言いかえれば、「納期が遅れる」

→「発注者にとって、困ること」→

「連絡すれば怒られる」→「連絡は

しない方がよい」という、短絡的な

考え方をしているのでしょう。


しかし、仮に納期が遅れるのであれば、

いずれにしても相手には怒られるわけ

ですから、最も損失が少なくてすむ

タイミングで連絡をすべきでしょう。


そのタイミングとは、もちろん、

納期が遅れることが分かった

時点です。


また、納期が遅れる原因が、自社では

なかったり、また、不可抗力の場合も

あるわけですから、そういった事情を

早く説明すれば、納品先からは何ら

苦情を言われなくてもすむ場合も

あるでしょう。


話を変えて、工夫されていると私が

感じるコーヒーの自動販売機があり

ます。


その自動販売機は、高速道路の

サービスエリアなどでよく見かける

もので、オーダーを受けてから豆を

挽き、さらにドリップしてコーヒーが

できあがります。


このような工程を経て作るため、味は

とても良いのですが、オーダーから

コーヒーが出来上がるまで2分間は

かかります。


でも、その自動販売機は、コーヒーが

できあがるまでの様子を、機械の中の

カメラで映し、外部のモニタ画面で

見ることができるようになっています。


こうすることで、顧客に待ち時間を

飽きさせずに過ごさせることができ

ます。


また、いま、どの工程にあるかという

ことが分かるわけですから、待って

いる側としても、いらいらすることは

なくなります。


ビジネスにおいて、時間のかかる

ことは避けられない場合もあるわけ

ですから、では、どう対処すれば

よいかと言えば、現在、どの状況に

あるかということが待っている人に

伝わることで、不満の大部分は解消

されることもあります。


受注から納期まで時間がかかるもの

こそ、経過を報告することが、その

不満を少なくする方法だと思います。


連絡することは、必ずしもよい連絡

でなければならないということでは

ありません。







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



例年のことですが、国会の予算委員会の

審議がテレビで中継される季節になり

ました。


私はどこかの政党を応援しているわけ

ではないのですが、仕事をしながら

中継の様子を聴いていると、ときどき

笑ってしまいたくなるような質問や

回答があるので、聴きってしまいます。


本当は真剣に審議してもらいたいの

ですが、ある意味、どうでもいい

ようなことが話しされるというのは、

それだけ日本が豊かで平和な国で

あるという証左なのかもしれません。








◆このメールマガジンで取り上げて

欲しいトピックやご質問、ご感想が

ありましたら、こちらからおよせ

ください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。→

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:02| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする