2017年02月07日

[ビジネスのきづき](54)「やってみないとわからない」

読者のみなさま、こんにちは。






テレビのチャンネルを順送りにしていって

日本テレビさんのつぎにテレビ朝日さんが

映ると「???」となってしまう六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業の支援を担当、その経験から

習得した支援ノウハウを活かして

経営コンサルタントとして独立、

がんばる日本の中小企業を応援するため、

今回も、ビジネス書6冊(累計発行部数

3万部)のビジネス書作家として、

ビジネスを加速させるためのきづきを、

3分間で読めるメールマガジンにして

お届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●やってみないとわからない

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



実は、私は「やってみないとわからない」

という言葉はすきではありません。


これは、無計画であったり、成り行きで

あったりする会社経営者の方が、懲りずに

新たな事業を進めようとするときに、

その判断を正当化しようとするときに

よくつぶやく言葉だからです。


しかし、場面によっては「やってみないと

わからない」ということもあります。


例えば、ABCクッキングスクールは、

当初は、料理学校を開こうとして事業を

始めたわけではありませんでした。


当初は、お鍋などの台所用品を売って

いたものの、料理をする人を増やそうと

考えて料理教室を開いたことが、料理

学校を事業として展開していくことの

きっかけとなりました。


カラオケ店を運営しているシダックスも、

当初は事業所向けのお弁当を作っていて、

次に、社員食堂の運営に進出し、さらに、

自社でカラオケ店を作り、そこに食事を

出すという事業に変わっていきました。


このように、事業は、実際にやってみて

から、何がビジネスチャンスになるかが

わかるということがしばしばあります。


ですから、「何をやってもうまくいかない

から」と考えて、現状を変えようとしない

事業経営者の方に対しては、私は、

「やってみないとわからない」という

ことを伝えています。


もちろん、未知の分野に進出するときは、

きちんとリサーチをしたり、うまくいかな

かったときにどうするかといった備えを

しっかりと行ってから進出しなければ

なりません。


単に、うまくいくかどうか根拠がない

ことを正当化するために「やってみないと

わからない」ということを主張することは

当然、無謀というものです。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



油断して、風邪をひいてしまいました。


幸い、軽症なので、机には向かうことが

できます。


あまり無理しないで、早めに寝るように

して、早く治そうと思います。


フリーランスの場合、病気で仕事が

停まるということは絶対に避けなければ

ならないと改めて思いました。







◆このメールマガジンで取り上げて

欲しいトピックやご質問、ご感想が

ありましたら、こちらからおよせ

ください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。→

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:01| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする