2017年05月23日

[ビジネスのきづき](159)「事業の評価と会社の評価」

読者のみなさま、こんにちは。






先日、自由が丘のレストランで食事をして

いたら、そのお店の別の席で、ギャル曽根

さんが、プライベートで食事をしている

ところに遭遇し、興奮して家族に自慢して

しまった六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から

習得した支援ノウハウを活かして、経営

コンサルタントとして独立、がんばる

日本の中小企業を応援するため、今回も、

ビジネス書7冊(累計発行部数3万部)の

ビジネス書作家として、ビジネスを加速

させるためのきづきを、3分間で読める

メールマガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●事業の評価と会社の評価

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



ときどき、「現在、自社は赤字だが、

これを挽回するために、新しい事業を始め

ようと思い、そのために必要となる資金を

借りるために、銀行に融資の相談した。


しかし、銀行は、会社が赤字だから新規の

融資には応じられないと回答された」と

いうご相談を受けることがあります。


融資を申し込む側は、会社ではなく、

新しい事業を評価して欲しいと思っている

訳ですが、銀行は、会社が赤字であると

いうように、会社を評価して融資を承認

しません。


このような認識の相違が起きる原因はなぜ

なのでしょうか?


結論から言えば、そのような申し込み

対しては、多くの場合、銀行側は、新しい

事業も成功しないと考えています。


会社側は、会社が赤字である原因は、

事業に原因があると認識していますが、

銀行側は、事業が原因ではなく、経営者が

問題だと考えています。


とはいえ、このようなことを述べても、

納得できない方も多いでしょう。


会社側も、業況を改善するための努力を

しようとしているのに、銀行はそれを

なぜ汲み取らないのでしょうか?


それは、会社側の管理体制を、銀行が評価

していないということです。


裏を返せば、現在の事業は、誰が経営者で

あっても赤字になるのではなく、経営者の

能力が高ければ、黒字になると、銀行は

考えているわけです。


銀行のその見立てが誤っていると考える

のであれば、それを会社側は証明しな

ければなりません。


これは、これまで私が何度も述べてきて

いますが、現在は「何をやるか」ではなく

「どうやるか」が問われる時代です。


ですから「新しい事業に進出すれば、

利益が得られる」という考え方は、

「何をやるか」という考えに基づいて

います。


確かに、この記事の私の指摘は、100%

あてはまるわけではありませんが、毎月、

月次決算表を作成し、それを持って毎月

銀行に報告に行き、来月はこのように改善

して行きたいと社長の方針を伝えている

会社が、それでも赤字になっていたと

したら、銀行側も、別の事業に進出する

ことは否定はしないでしょう。


安易に新事業で挽回しようとする前に、

経営者として改善のためのノウハウを

身に付ける努力をすることが、銀行から

信頼を得、そして、新規の融資を獲得

する近道であると私は考えます。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



地方に住んでいると、なかなか著名な人に

会えないので、いきなり芸能人を目の前に

してしまうと、「え?ほんと?」と思って

しまいます。


でも、ギャル曽根さんが食事をしていた

レストランでは、従業員の方も、他の

お客も、ギャル曽根さんがいることは

分かってはいたとは思いますが、特に

反応はしていませんでした。


都内では、著名人に会う機会は多いので、

珍しくもないということもあるし、いくら

芸能人といっても、プライベートの時は、

そっとしてあげる配慮は欠かせないで

しょう。


次回、都内で著名人にお会いすることが

あったときは、ちょっと慣れた風にして

落ち着いて行動しようと思います。








◆このメールマガジンで取り上げて

欲しいトピックやご質問、ご感想が

ありましたら、こちらからおよせ

ください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。→

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:02| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする