2017年06月05日

[ビジネスのきづき](172)「醤油の量り売り」

読者のみなさま、こんにちは。






先日、コンパクトなブルートゥースの

イヤホンを買ったばかりなのに、稼働

時間が短いので、再び大きめのイヤホンを

買いなおすことになった六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から

習得した支援ノウハウを活かして、経営

コンサルタントとして独立、がんばる

日本の中小企業を応援するため、今回も、

ビジネス書7冊(累計発行部数3万部)の

ビジネス書作家として、ビジネスを加速

させるためのきづきを、3分間で読める

メールマガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●醤油の量り売り

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



あたりまえのことなのですが、昭和20

年代は、醤油を買う時は、ふたのできる

瓶か缶を酒屋さんに持って行って、

酒屋さんにある醤油の樽から、醤油を

量り売りしてもらっていたということが、

先日、あるテレビ番組で放送されて

いました。


いまからは想像できないことですが、

あたりまえといえばあたりまえです。


その後、昭和30年代になって、スーパー

マーケットが登場するようになってから、

醤油も小瓶に分けられて売られるように

なったようです。


このような工夫は、いまでもずっと続け

られていることは多くの方がご存知の

ことと思います。


最近で著名なものは、ユニバーサル

デザインを採用したシャンプーの容器の

例です。


ユニバーサルデザインとは、障がいの

ある方、高齢者の方などでも使える

ようにするデザインのことですが、

シャンプーの容器には、側面にギザ

ギザを入れることで、あまり目がよく

ない方でもリンスの容器と間違えない

ようにしています。


デザイン面だけでなく、お茶のペット

ボトルは、ごみとして捨てる時に、

かさばらないように、少ない力でも

つぶせるように工夫されているとか、

寝る前でも飲めるようにカフェインを

抜いた紅茶が売られているなど、商品

そのものではなく、商品から消費者が

得られるベネフィットに重点が置かれる

ようになってきています。


このようなことは、よく、近視眼的な

マーケティング(マーケティング

マイオピア)に陥らないようにという

主旨で、多くの人がお話しされて

います。


ですから、私がここであえて書くまでも

ないような内容なのですが、とはいえ、

近視眼的なマーケティングに陥っている

経営者の方もたくさんおられます。


その詳細な原因は割愛しますが、主な

理由として、事業を起こす方は、

「●●業を始めたい」と「だけ」考えて

いるからだと思います。


もう一歩深めて述べると、単に、ケーキ

店が、「おいしいケーキを提供する」

だけでは、当然に求められる水準であり、

さらにケーキを買うひとのベネフィットは

何なのかまでを考えておかないと、すぐに

顧客から飽きられてしまいます。


例えば、地産地消の商品として顧客に訴求

するのか、贈答用としてケーキを提供する

のか、健康志向のケーキを提供するのか、

といったところを常にリサーチする必要が

あります。


実は、このリサーチは労力が必要で、

積極的に行われることは、あまりない

ようです。


むしろ、ケーキ屋の仕事はケーキを作る

ことであり、リサーチは仕事ではないと

考えられがちです。


そこで先ほどの話しに戻るわけですが、

このように考える方は、ケーキを作る

ために事業を始めたのであり、事業を

成功させるために開業したのではないと

いうことになります。


結論は、事業運営と会社経営は違うものだ

という認識が大切だということです。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私は、外出するときは、iPhoneに

入れた音声教材を聴いているのですが、

ブルートゥースのイヤホンは、

iPhoneにつなげる線が不要である

という点が、とても便利です。


その一方で、充電しないと使えないという

欠点があります。


そこで、2つイヤフォンを買って、片方の

電池が切れたら、もうひとつを使うと

いうことをしています。


それでも、1つのイヤフォンは3時間程度

しか使えないので、大きさが大きくなると

いう犠牲を払っても、長時間聴くことが

できるイヤフォンを買い足しました。


ところで、最近の機器はいろんなものが

小型化していますが、小型化してしまうと

かえって使いにくくなってしまうという

罠があるということを改めて感じました。









◆このメールマガジンで取り上げて

欲しいトピックやご質問、ご感想が

ありましたら、こちらからおよせ

ください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。→

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:02| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする