2017年06月09日

[ビジネスのきづき](176)「自転車のペダルの法則」

読者のみなさま、こんにちは。






最近は、お腹が減ったら魚肉ソーセージを

食べている六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から

習得した支援ノウハウを活かして、経営

コンサルタントとして独立、がんばる

日本の中小企業を応援するため、今回も、

ビジネス書7冊(累計発行部数3万部)の

ビジネス書作家として、ビジネスを加速

させるためのきづきを、3分間で読める

メールマガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●自転車のペダルの法則

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



コンサルタント仲間で集まってお話しする

ときに、共通する話題として、顧問先に

改善策を提案しても、それを実行して

もらえない一方で、業績が上がらない

結果については、コンサルタントに責任が

あると批判されるというものがあります。


これだけを読むと、コンサルタントの

愚痴に思われるかもしれませんが、

もちろん、私は、なかなか経営者が改善

策を実行しない状況に合わせてできるもの

から改善を提案することも、コンサル

タントの責任だと思っています。


そういう私も、あまり、他人のことを批判

できないと思っています。


いつまでも、メタボの状態を解消でき

ないでいます。


毎年、人間ドックの結果を見るのが怖いと

思いながら、生活を変えないのであれば、

自業自得でしょう。


このような、人間の性質について、私は、

セラピストの石井裕之さんのお話しされた

「現状維持メカニズム」を思い出します。


これは、人には、顕在意識と潜在意識が

あり、太っている人は顕在意識で痩せな

ければならないと思っていても、潜在意識

では、急に現状を変えることは危険だと

考え、顕在意識が潜在意識に勝てない限り

痩せることはできないというものです。


その一方で、石井さんは、「自転車の

ペダルの法則」についてもお話しされて

おられます。


これは、自転車のペダルは、自転車を

こぎだしたときは重たいが、徐々に

ペダルがまわり始めたら、だんだん軽く

なるということを表しています。


難しいことであっても、くじけずに続けて

取り組んでいれば、徐々に状況が進展し、

そのうち、それが難しいものではなく

なっていくということです。


このことも、多くの方に容易に理解して

もらえることでしょう。


しかし、それでも、ペダルをこぐことさえ

しようとしない人がいます。


それはなぜなのか、実は、私は明確な

答えをみつけられないでいます。


稲盛和夫さんは、「思念は業(ごう)を

つくる」、すなわち、「思考は実現化

する」とお話しされています。


つまり、やる気になることが、目標を達成

するための重要な要素であるということを

指しているのしょう。


裏を返せば、いまの日本は閉塞感が漂って

いると感じている方が多いと思いますが、

私は、実は、まだ何もしていない人が多い

のではないかと思っています。


もし、コンサルタントが提案した改善策に

着手もせず、「もう、八方塞(はっぽう

ふさがり)だ」と感じている人がいると

すれば、それは、実は、大きな勘違いを

している人ではないかと私は思います。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



決してたくさん食べても大丈夫という

わけではありませんが、比較的熱量が

少ないということで、私は好んで魚肉

ソーセージを食べています。


最近は、特保の魚肉ソーセージも販売

されているので、お店で見かけたときは

それを買って食べています。


この魚肉ソーセージは、ウィキベテアに

よれば、昭和24年に開発されたそうで、

思ったより歴史は古いようです。


もうひとつ、魚肉ソーセージで思い出す

のは、歌手のなぎら健壱さんが、高校生の

時のお弁当に、毎日、魚肉ソーセージが

はいっていたので、同級生に見られない

ように隠しながら食べていたと、ラジオの

番組でお話しされていたことです。


確かに、魚肉ソーセージというと、

ちょっと庶民的な感じがしますが、私は

断固魚肉ソーセージを食べ続けたいと

思います。


どうでもいい話で失礼しました。







◆このメールマガジンで取り上げて

欲しいトピックやご質問、ご感想が

ありましたら、こちらからおよせ

ください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。→

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:02| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする