2017年07月09日

[ビジネスのきづき](206)「事業を大きくするには」

読者のみなさま、こんにちは。






先日、事務所でお昼をすませようと

したら、あいにく即席ラーメンしかなく、

気が進まないにもかからわず、調理して

食べてみたら、「やっぱりおいしい!」と

感激した六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から

習得した支援ノウハウを活かして、経営

コンサルタントとして独立、がんばる

日本の中小企業を応援するため、今回も、

ビジネス書7冊(累計発行部数3万部)の

ビジネス書作家として、ビジネスを加速

させるためのきづきを、3分間で読める

メールマガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●事業を大きくするには

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私の知人の税理士さんに、急速に事業を

拡大している方がいます。


その方の特徴として、目標とする先輩

税理士さんの事務所を見学し、よいと

思ったことを、自分の事務所でも

採り入れているということです。


その方とは私も親しくしていただいて

いるので、ときどき、融資に関する

お問い合わせをうけたり、顧問先の

紹介を受けたりしています。


そして、その方にとって私のような

ものとは、業務提携をしていることを

書面で明確にしておくべきだという

理由で、私に対して契約書を交わして

欲しいと依頼を受けました。


これも、先輩の事務所をお手本にした

からだということです。


ところで、事業をはじめたばかりの

ときは、さまざまな取引相手は、

ほぼ、経営者の方の個人的な縁故が

ある人が中心になると思います。


ですから、継続的な取引をする場合で

あっても、基本契約書を結んでから

取引を始めるということをする場合は

少ないでしょう。


そして、そのような相手とは、もし

問題が起きても、お互いに顔見知りで

あることから、細かい取り決めが

できていなくても、円満に解決できる

ことが多く、基本契約書の必要性を

感じることはあまりないでしょう。


しかし、自社の事業が大きくなった

ときは、取引を始めたころのように、

経営者同士で話し合うということが

難しくなってきます。


そこで、取引条件、支払条件などを

きちんと書面に記載した契約書を

交わしておくことが大切になります。


ここで書いたことは当然のことなの

ですが、創業後間もない時期には、

経営者の個人的なつながりで取引を

することができるので、契約書を

交わすことはあまりないようです。


では、取引先と契約書を交わすように

すれば、事業は大きくなるのかという

質問をしたくなる方がいらっしゃると

思います。


この質問に対する回答は「Yes」

です。


契約書を交わさない取引ばかりだと、

経営者の方は、はずっと事業現場から

離れません。


しかし、契約書があるだけでも、

経営者の方は事業現場を部下に任せる

ことができるようになります。


このようにすることで、経営者の

方は、事業ではなく、会社の運営に

注力できるようになり、事業は拡大

していくものと私は考えています。


もちろん、前述の税理士の方の事務所が

大きくなった要因は、協力者と契約書を

交わすようになったことだけではあり

ません。


また、取引先と契約書を交わすだけ

では、事業は大きくなりません。


ただ、そのようなことをすることで、

「顔」での商売が「契約書」に基づく

商売になるので、のびしろが大きく

なるということはいえるでしょう。


契約書を交わすことは、面倒なことの

ように感じられるかもしれませんが、

会社という組織を組織らしくする

重要な要素のひとつと言えると

私は考えています。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●8月4日(金)融資勉強会のお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「融資について詳しくなりたい」という

経営者、士業、ビジネスマンの方の

ために、融資勉強会を開催します。


●日時:8月4日(金)13時00分〜

15時00分まで。


●会場:新宿アントレサロン

東京都新宿区新宿2丁目12番13号

地図→ https://goo.gl/7kT5U4


●参加費:1,000円(消費税込み)

当日、会場でお申し受けします。


参加をご希望される方は、こちらの

申し込みフォームに入力をお願いします。

https://goo.gl/mvZAkj


席に限りがありますので、お早めに

お申し込みください。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




即席ラーメンといえば、メタボな人に

悪い影響を与える食べ物です。


そこで、私の場合は、気休めですが、

麺を煮たお湯を使わずに、それとは

別に沸かしたお湯でスープを作るように

しています。


でも、やはり即席ラーメンはおいしいと

感じました。


私の舌がジャンクフードに侵されている

ということですね。


反省します。










◆このメールマガジンで取り上げて

欲しいトピックやご質問、ご感想が

ありましたら、こちらからおよせ

ください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。→

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:02| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする