2017年07月26日

[ビジネスのきづき](223)「棚卸資産の評価」

読者のみなさま、こんにちは。






私の好物はおそばですが、学生のときは

盛岡市でわんこそばを100杯食べた

ことがある、六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から

習得した支援ノウハウを活かして、経営

コンサルタントとして独立、がんばる

日本の中小企業を応援するため、今回も、

ビジネス書7冊(累計発行部数3万部)の

ビジネス書作家として、ビジネスを加速

させるためのきづきを、3分間で読める

メールマガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●棚卸資産の評価

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



今回は、単純に、棚卸資産の評価に

ついて説明します。


棚卸の評価については、評価基準、

評価方法、評価単位という3つの

評価に関するルールがあります。


このうち、評価基準と評価方法は、

言葉だけでは違いが分かりにくい

ものですが、評価基準とは、どの

タイミングの価額を評価の基準と

するのかというルールで、一方、

評価方法とは、棚卸資産をひとつ

ずつ評価するのか、まとめて評価

するのか、まとめて評価する場合、

どのように評価額を計算するのか

というルールです。


具体的には、評価基準は、(1)

棚卸資産を取得した時の価額

(取得原価基準)、(2)棚卸

資産を評価する時の時価(時価

基準)、(3)取得した時の価額と

時価のいずれか小さい方の金額

(低下基準)の3つですが、

一般的な棚卸資産は低価基準で

評価することが原則となって

います。


(この説明の仕方は、厳密には、

棚卸資産会計基準に示されている

ものとは異なりますが、理解を

容易にするために、あえて変えて

いることをご了承ください)


そして、評価方法は、(1)個別法、

(2)先入先出法、(3)平均原価

法(総平均法と移動平均法)、(4)

売価還元法、(5)最終仕入原価法が

あります。


それぞれどのようなものかという

ことについては、この記事では

説明を割愛します。


また、評価単位とは、棚卸資産を

1つずつ評価するか、複数で評価

するかというルールです。


原則は1つずつですが、複数で

評価することが妥当という場合も

あります。


例えば、自動車とその付属品を

評価する場合、それぞれ個別に

いくらで売れるかという見方で

評価するよりも、合わせて販売

するときの価額で評価することが

妥当ということができます。


ところで、これらの棚卸資産の

評価に関するルールは、なぜ

大切なのでしょうか?


簡単に言えば、棚卸資産の評価は

難しいということです。


例えば、会社の建物は取得価額を

減価償却していくだけで価額を計算

することができますが、棚卸資産は、

短期間でたくさんの数量を扱うため、

単純に計算できないということです。


だからこそ、複雑な規則があります。


でも、これも当たり前のことであり、

大切なことは、このルールを守ると

いうことです。


私はこれまで、正確な会計情報を

把握したり銀行に提供することが

大切だと述べてきましたが、規則に

基づかない方法で棚卸資産を評価

することは避けなければなりません。


確かに、会計のルールに基づく価額が

必ずしも正確な価額ではないという

こともありますが、それでも、会計の

ルールに基づく価額には合理的な

理由があります。


会社の事業の改善のためには、統一

されたルールに従うことが基本で

あると私は考えています。


なお、棚卸資産に関する知識は、

拙著「図解でわかる棚卸資産の

実務いちばん最初に読む本」

( http://amzn.to/1UjplCq )を

ご活用いただきたいと思います。






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の8月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「融資に強くなる勉強会」

8月4日(金)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/jw1gga



「スカイプ相談実施日」

8月8日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「創業者向け融資セミナー&個別相談会」

8月17日(木)13:00〜20:50

詳細とお申込み→ http://www.21keiei.org/



「スカイプ相談実施日」

8月22日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「新刊発売記念!中小企業経営者の

ための経営入門セミナー」

8月25日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/XWEZAx





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



わんこそばはおいしいということも

ありますが、すきなだけおそばを

食べられるということも魅力です。


特に、たくさん食べられる自信の

ある人は、何杯食べられたかという

ことをほかの人と競うことができる

ことも楽しみのひとつです。


でも、私は100杯を食べることが

できたということが証明できたので、

その後は、わんこそばを食べる機会が

あっても、無理に多く食べることは

しなくなりました。


なぜなら、わんこそばを100杯

食べた後、1週間はおそばを食べたく

なくなってしまったからです。


おそばは量よりも味で楽しむものだ

ということを、あらためて実感した

経験でした。







◆このメールマガジンで取り上げて

欲しいトピックやご質問、ご感想が

ありましたら、こちらからおよせ

ください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。→

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:02| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする