2017年08月09日

[ビジネスのきづき](237)「信用保証協会の担保」

読者のみなさま、こんにちは。






先日、カレーをつくったときに、カレー

ルーがものすごく溶けやすくて驚いた

六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から

習得した支援ノウハウを活かして、経営

コンサルタントとして独立、がんばる

日本の中小企業を応援するため、今回も、

ビジネス書7冊(累計発行部数3万部)の

ビジネス書作家として、ビジネスを加速

させるためのきづきを、3分間で読める

メールマガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●信用保証協会の担保

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



信用保証協会の1つの会社に対する保証

額は限度があります。


一般保証は、無担保で8千万円、有担保で

2億円、合計で2億8千万円までです。


このうち、担保条件の保証は複雑な面が

ありますので、ここで少し説明したいと

思います。


保証を受けるための条件となる担保とは、

論理的にはさまざまなものがありますが、

ほぼ、不動産担保を指します。


そして、これは、明確な根拠はなく、私の

経験で述べるのですが、担保の評価は、

銀行よりも信用保証協会では、高目に評価

される傾向にあるようです。


例えば、同じ担保条件でも、銀行では

1,000万円の融資しか得られない

場合であっても、信用保証協会の保証を

1,200万円得られるということも

あります。


そういった点では、担保条件で信用保証

協会に保証を申し込めば、より多くの

融資を受けられる可能性があります。



また、この不動産担保の契約の仕方には

ふた通りあります。


そのひとつは、一般的な方法で、銀行と

担保契約を結ぶ方法です。


もうひとつは、信用保証協会と担保契約を

結ぶ方法です。


この方法の長所は次の通りです。


(1)根抵当権の登録免許税が、

1,000分の4から、1,000分の

1.5に軽減される。


(2)不動産担保を1つの金融機関だけ

でなく、複数の金融機関からの融資に

利用できる。


逆に、短所は、不動産担保の権利が信用

保証協会にあると、銀行側がイニシア

ティブを発揮して融資をしにくくなると

いう面があります。


現実的には、不動産担保は銀行が契約者

となる例が多いようです。


ところで、当初、いわゆるプロパー融資

のために銀行と契約した不動産担保が、

その後に申し込まれた、信用保証協会の

保証のために使われることがあります。


こういったことは、建前としては、融資を

受ける側に銀行が了解を得た上で担保を

信用保証協会の保証の条件に使うことが

望ましいのですが、現実的には融資を

受ける側は「保証を受けられるのであれば

条件は銀行に一任する」といった回答を

する会社が多いので、事後的に知ることが

多いようです。


どうすれば、担保が信用保証協会の保証の

条件となっているかどうかを知ることが

できるかというと、信用保証協会が銀行

あてに発行した保証書の保証条件欄に

担保の明細の記載があれば、担保条件と

いうことになります。


信用保証協会が銀行に対して発行する

保証書は、その写しが保証申込人

(借入人)にも融資実行後に送られて

くるので、それを知ることができます。


ただ、この、銀行に提供した担保が、

信用保証協会の保証の条件になることに

ついては、銀行が融資を受ける側に

不利になるように利用するということは

私がきいた限りでは例はありません。


とはいえ、銀行と担保契約をしていて、

信用保証協会の保証も利用している

会社は、担保が信用保証協会の保証に

どのように利用されているのかという

ことを銀行に尋ねておくことが望ましい

ということに変わりはありません。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組

(インターネットラジオ番組)「数字に

強い社長になるポッドキャスト」の

第435回を配信しました。


今回は、社会保険労務士・行政書士の

寺内正樹先生をお訪ねし、寺内さんの

ご著書「仕事のあたりまえは、すべて

ルールにまとめなさい!」の中から、

ルールの上手な作り方についてお尋ね

しました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらから

お聴きください。

https://goo.gl/NCDx5j






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の8月〜9月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「創業者向け融資セミナー&個別相談会」

8月17日(木)13:00〜20:50

詳細とお申込み→ http://www.21keiei.org/



「スカイプ相談実施日」

8月22日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「新刊発売記念!中小企業経営者の

ための経営入門セミナー」

8月25日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/XWEZAx




「融資に強くなる勉強会」

9月5日(火)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/7X8rA2




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



いまから20年くらい前は、カレーを

つくるときは、カレールーがだまに

ならないように注意して作っていま

したが、最近のカレールーはすぐに

溶けるようで、調理が楽になりました。


ホットケーキ用の小麦粉も、かつては、

牛乳とよくかき混ぜないとだまが残って

しまいましたが、最近は、まったく

だまができなくなっているようです。


どのようしてこのようなことができる

ようになったのかはわからないの

ですが、技術が進歩して製品がどんどん

改良されることはうれしい限りです。









◆このメールマガジンで取り上げて

欲しいトピックやご質問、ご感想が

ありましたら、こちらからおよせ

ください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。→

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:02| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする