2017年08月18日

[ビジネスのきづき](246)「信用リスク」

読者のみなさま、こんにちは。






禁酒を続けて10日が経過しましたが、

おかげでだんだん体調がよくなってきた

六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から

習得した支援ノウハウを活かして、経営

コンサルタントとして独立、がんばる

日本の中小企業を応援するため、今回も、

ビジネス書7冊(累計発行部数3万部)の

ビジネス書作家として、ビジネスを加速

させるためのきづきを、3分間で読める

メールマガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●信用リスク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



これは、すべての経営者の方があてはまる

わけではないのですが、時々、信用リスク

という考え方について理解できないという

経営者の方に遭うことがあります。


銀行の融資について言えば、融資をした

お金が、返済されない危険があります。


これが信用リスクであり、銀行の場合、

融資額のうち、合理的に計算した金額が

返済されないと見込んで費用(科目は

貸倒引当金繰入)として計上します。


信用リスクは、業績のよい会社は低く、

そのような会社への融資に対する

貸倒引当金繰入額は少なくなります。


逆に、業績の芳しくない会社の信用

リスクは高く、貸倒引当金繰入額も多く

なります。


また、担保についても、評価額が大き

ければ、担保評価額相当額の融資に

ついては、信用リスクが低くなります。


ここまで信用リスクについて説明して

きましたが、信用リスクは会計の独特の

考え方であるため、前述のように、

これを理解しない経営者の方もときどき

遭うことがあります。


あえて極端に書けば、融資先の会社の

経営者に対して、銀行職員が、「御社は、

前回の決算で赤字を計上したので、信用

リスクが高くなりました。


したがって、融資利率を2%引き上げ

させてください」と利率引上の依頼を

したとします。


このよう依頼をされた経営者のうち、

反発したくなる経営者の方は多いのでは

ないでしょうか?


もちろん、実際には、このような、ぶし

つけな依頼をする銀行職員はいませんが、

「決算内容に基づいて融資金利の変更を

お願いすることになるかもしれません」

などと言われることになるでしょう。


ここで、信用リスクを理解している

経営者の方は、その銀行の意図を汲み

取ることができると思うのですが、

信用リスクを理解していない経営者の

方は、「銀行は強い立場を利用して、

弱い中小企業に不当な要求をしている」

と考えてしまう人もいるようです。


中には「困っている会社を助けることが

銀行の役割だ。


逆に、中小企業の弱みに付け込んでいる」

と考えてしまう方もいるようです。


ここで、銀行職員が信用リスクについて

説明することもできなくはないのですが、

そのような説明をすると、経営者の方

からは「銀行は、私の会社が融資を返済

できないと思っているのか」と抗議されて

しまう恐れがあることから、そこまで説明

することはほとんどないでしょう。


ここまで述べて来た結論のひとつは、

銀行は信用リスクにもとづいて金利を

引き上げの要請をすることがありますが、

それを不当な要求と捉えてしまうと、

ボタンのかけ違いとなり、建設的な議論が

できなくなるということです。


ふたつめは、業績が悪化したにもかか

わらず、金利の引き上げに応じない場合、

銀行は、その融資先に対する貸倒引当金

繰入額をカバーできるだけの金利を得る

ことができず、融資取引の収益面で

不採算になることを避けるため、融資を

引き上げる取引先と判断されることに

なりかねないということです。


銀行からの要求は、必ずしもすべてが妥当

ということではありませんが、もし、納得

できない要求があった場合は、税理士の方

などにセカンドオピニオンを求め、もし、

銀行の要求に理がある場合、直ちに善後

策を講じることが大切でしょう。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組

(インターネットラジオ番組)「数字に

強い社長になるポッドキャスト」の

第436回を配信しました。


今回も、社会保険労務士・行政書士の

寺内正樹先生をお訪ねし、寺内さんの

ご著書「仕事のあたりまえは、すべて

ルールにまとめなさい!」の中から、

ルールの効果的な使い方についてお尋ね

しました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらから

お聴きください。

https://goo.gl/rrLfv5






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の8月〜9月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「スカイプ相談実施日」

8月22日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「新刊発売記念!中小企業経営者の

ための経営入門セミナー」

8月25日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/XWEZAx




「融資に強くなる勉強会」

9月5日(火)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/7X8rA2




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私は、顧問先の経営者の方に「部分最適

ではなく、全体最適の視点で経営に臨み

ましょう」とお伝えしています。


これは誰にでも分かることで、ひとつの

ことにとらわれず、全体を俯瞰して判断

することが大切だということです。


これは人生にもあてはまります。


いま、お酒を飲んでいい気持ちになると

いうことだけを優先して、後で病気に

なってしまっては、賢い生き方をして

いるとは言えないでしょう。


よく「肥満の人は、自己管理ができない

人だ」と言われていますが、正に、私は

自己管理ができていません。


ということで、心を入れ替えて禁酒を

続けることにしました。


この後、本当に健康的な体になることが

できるかどうか、またご報告したいと

思います。








◆このメールマガジンで取り上げて

欲しいトピックやご質問、ご感想が

ありましたら、こちらからおよせ

ください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。→

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:04| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする