2017年09月12日

[ビジネスのきづき](271)「サスティナビリティ」

読者のみなさま、こんにちは。






カレンダーを見たら、来週はお彼岸になる

ことがわかり、おはぎを食べたくなって

しまった六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から

習得した支援ノウハウを活かして、経営

コンサルタントとして独立、がんばる

日本の中小企業を応援するため、今回も、

ビジネス書7冊(累計発行部数3万部)の

ビジネス書作家として、ビジネスを加速

させるためのきづきを、3分間で読める

メールマガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●サスティナビリティ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



サスティナビリティとは持続可能性の

ことです。


そして、その持続可能性の対象は幅広く、

財務面で事業がうまく続くかどうかと

いうことだけに限りません。


労務関連の法規を遵守し、従業員に配慮

して事業が行われているかどうかという

ことや、自然環境に配慮しているか

どうかということも含まれます。


ただ、その基本は財務面が中心になると

私は考えています。


そして、「起業して10年後に残って

いる会社は30%に満たない」などと

言われているように、会社にとって

事業が持続するための要素はとても

大切だということは、多くの方が

ご理解されている通りです。


しかしながら、起業しようとしている

人の多くは、あまり深い根拠を持たずに

自社の事業は継続すると思い込んで起業

している例を多くみます。


(裏を返せば、事業が継続しないと

思っていれば、起業しない訳ですが)


また、起業を支援するコンサルタントの

中には、起業するまでの手続きなどは

支援するものの、事業を持続させる

ための要素についてまでカバーして

いる人の割合は少ないと感じています。


しかし、このことは、例えば、創業した

ときに必要になる、融資の手続きの時に、

なぜその事業が持続するのかという

見極めをするときに問われるものです。


この見極めは意外と難しく、だからこそ

ほとんどの創業融資は、民間金融機関は

信用保証協会の保証を条件としていると

言えるでしょう。


話しを戻して、今回の本旨は、事業を

起こす場合は、持続可能性が最も大切

だということです。


そして、多くの方はこのことを理解して

いながら、開業をゴールにしてしまう

ことが多いと私は感じています。


このことを理解してもらうために、私は

よく、マザーハウスを起こした山口絵理子

さんを例に挙げて説明しています。


山口さんは、アジア最貧国のバングラデ

シュで、同国の国民の経済力を高める

ために、首都ダッカでジュート(黄麻)を

材料にしたカバンの工場を設立し、日本で

販売しています。


ここでポイントとなるのは、持続可能性

です。


山口さんは、バングラデシュで獲れる

ジュートを単に収穫して輸出するだけ

では、安く買いたたかれて、ますます

同国は貧困になってしまう、すなわち、

持続可能性が得られない。


きちんとした利益を得るためには、

買いたたかれないために価値をつけた

製品を販売することが必要だと考えて

ジュートを材料にしたカバンを作り、

持続可能性のある事業を行うことを

思いついたそうです。


事業の目的は、付加価値を産み出すこと

であり、それは誰でも理解されること

なのですが、「あなたの会社の事業が

産み出している付加価値は何ですか?」、

すなわち、持続可能性はありますかと

いう問いをして答えられる人は意外と

少ないと私は感じています。


もう少し具体的に言えば、事業が赤字に

なっている状態は、付加価値を産み出して

いない、持続可能性が乏しいということに

なります。


もし、自社の事業が芳しくない方は、この

持続可能性をご確認されることをお薦め

したいと思います。






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●トータルサポート利用者募集のお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



当事務所で、人数を限定してお受けして

いるコンサルティング契約である、

トータルサポートの利用者枠に空きが

できました。


( ご参考→ https://goo.gl/1Ta2m6 )



トータルサポートの契約をご希望したい

という方は、どうぞお早めにご連絡を

いただければと思います。


トータルサポートのお申込み、サービス

内容に関するお問い合わせなどは、

こちらからお寄せ下さい。

http://yuushi-zaimu.net/contact/





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




私が制作しているポッドキャスト番組

(インターネットラジオ番組)「数字に

強い社長になるポッドキャスト」の

第440回を配信しました。


今回は、社会保険労務士の後藤功太先生に

お越しいただき、後藤さんのご著書「その

マネジメントでは新入社員はスグに辞めて

しまいます!」( http://amzn.to/2vu5tEs )

の中から、新入社員の受け入れ態勢の整備

についてお尋ねしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらから

お聴きください。

https://goo.gl/YuNJo1





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の9月〜10月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「スカイプ相談実施日」

9月20日(水)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「新刊発売記念!中小企業経営者の

ための経営入門セミナー」

9月26日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://t.co/Hq8b4tpsp3



「融資に強くなる勉強会」

10月4日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://t.co/AFXnddNTgK





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



おはぎに使う小豆には、魔よけの意味が

あるらしく、それで、お彼岸にご先祖に

お供えする習慣ができたときいたことが

あります。


さらに、私は小豆のあの味も大好きで、

アイスクリームなどは小豆味のものを

好んで食べたりしています。


そして、お彼岸になると、おいしく

おはぎを食べる習慣がある日本に

生まれてよかったと、つくづく感じて

います。







◆このメールマガジンで取り上げて

欲しいトピックやご質問、ご感想が

ありましたら、こちらからおよせ

ください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。→

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:05| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする