2017年09月14日

[ビジネスのきづき](273)「信頼関係」

読者のみなさま、こんにちは。






先日、ひさびさにマルシンハンバーグを

食べて、なつかしさを感じた六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から

習得した支援ノウハウを活かして、経営

コンサルタントとして独立、がんばる

日本の中小企業を応援するため、今回も、

ビジネス書7冊(累計発行部数3万部)の

ビジネス書作家として、ビジネスを加速

させるためのきづきを、3分間で読める

メールマガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●信頼関係

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が銀行勤務時に渉外係をしていたとき、

預金や保険のノルマがなかなか達成でき

ないときは、よく親しい経営者のところへ

行って契約をお願いしていました。


そのような時は、「保険の契約をして

いただきたいと思っています」とは

伝えますが、あまり長々とはお話しは

せずに、相手の社長のお話しをずっと

聞いています。


そして、時間を見計らって、「それでは

この申込書に記入してください」と

お願いをして、契約を取るという方法を

使っていました。


(もちろん、何も説明せずに契約をして

もらう訳ではなく、必要な説明は行って

契約をしていただきました)


このような、相手の気がすむまでお話しを

聞いてから契約をお願いするという方法は

私に限らず多くの方が行っていると思い

ます。


ただし、このような方法は、初対面では

できませんので、普段からの信頼関係が

必要です。


単に、信頼されるというだけでなく、

いざという時は、この営業マンは自分の

味方になってくれるというように信頼

されることが前提です。


ところで、先日、身内に不幸があった知人

から、葬儀を依頼した葬儀会社に対する

不満をききました。


私自身も、4年前に父親を亡くし、葬儀

会社に葬儀を依頼した経験から見て、その

知人が利用した葬儀会社はちょっと思慮が

不足していると感じました。


その知人の不満とは、すべてのことに

ついて、喪主である知人に問い合わせを

してくるということでした。


サービス業としては、依頼を受けていない

ことを勝手にしてしまうというのは避けな

ければなりませんが、かといって、葬儀の

喪主という立場は、落ち着いた立場では

いられないという特別な状況もあります。


だからこそ、葬儀会社の仕事は、顧客の

機微を察して動かなければならないという

面で難しさがあると思います。


極端な例では、当初は依頼されていない

オプションサービスについても、状況を

察して提供し、事後的に顧客の了解を得る

ということも必要になるでしょう。


このような配慮は、確かに、事後的に

了解を取るということができないという

リスクもありますが、そこで「式の進行は

あなたに一任していたので、追加料金は

お支払いします」と言われるようになる

には、打ち合わせの段階で信頼を受ける

技術が必要でしょう。


前述の知人が依頼した葬儀会社は、別の

事業を行っていた会社が、最近、葬祭業に

参入したようで、顧客から不満がでない

よう、丁寧な接客を心がけていたよう

ですが、逆に、それがあだとなって

しまったようです。


似たような例として、私は、リッツ・

カールトンの初代社長の高野登さんを

思い浮かべます。


高野さんがホテルに勤務していたときは

約1,000人の顧客の顔だけでなく、

その家族の顔まで記憶していたそうです。


そして、お得意様が家族連れでホテルに

来た時は家族全員にあいさつしますが、

そのお得意様が家族以外の女性とホテルに

来たときは、あえて声をかけないという

配慮をしていたそうです。


葬儀会社の方に、高野さんのような

サービスレベルは必要はないと思い

ますが、いわゆるホスピタリティは、

一朝一夕では身に付けることができない

ということを、知人の話を通して感じ

ました。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●トータルサポート利用者募集のお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



当事務所で、人数を限定してお受けして

いるコンサルティング契約である、

トータルサポートの利用者枠に空きが

できました。


( ご参考→ https://goo.gl/1Ta2m6 )



トータルサポートの契約をご希望したい

という方は、どうぞお早めにご連絡を

いただければと思います。


トータルサポートのお申込み、サービス

内容に関するお問い合わせなどは、

こちらからお寄せ下さい。

http://yuushi-zaimu.net/contact/





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




私が制作しているポッドキャスト番組

(インターネットラジオ番組)「数字に

強い社長になるポッドキャスト」の

第440回を配信しました。


今回は、社会保険労務士の後藤功太先生に

お越しいただき、後藤さんのご著書「その

マネジメントでは新入社員はスグに辞めて

しまいます!」( http://amzn.to/2vu5tEs )

の中から、新入社員の受け入れ態勢の整備

についてお尋ねしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらから

お聴きください。

https://goo.gl/YuNJo1





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の9月〜10月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「スカイプ相談実施日」

9月20日(水)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「新刊発売記念!中小企業経営者の

ための経営入門セミナー」

9月26日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://t.co/Hq8b4tpsp3



「融資に強くなる勉強会」

10月4日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://t.co/AFXnddNTgK





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



マルシンハンバーグは、昭和37年から

売り出されたロングセラーのようです。


このマルシンハンバーグは、一般的な

ハンバーグと少し味が違っていますが、

それは豚肉や鶏肉も使っているからだ

そうです。


当初は、牛肉も使わず、鯨やまぐろも

使っていたようです。


最近は本来の牛肉で作ったハンバーグは

手軽に食べることができますが、50年

前は、牛肉はなかなか食べられなかった

ようです。


でも、あのマルシンハンバーグの味は、

食べると懐かしく、いちど食べると、

また食べたくなってしまいます。







◆このメールマガジンで取り上げて

欲しいトピックやご質問、ご感想が

ありましたら、こちらからおよせ

ください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。→

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:05| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする