2017年09月29日

[ビジネスのきづき](288)「会計データの体制整備」

読者のみなさま、こんにちは。






最近、帳簿付けが溜まってしまったので、

先日数時間かけて帳簿をつけ、「毎日少し

ずつ帳簿をつけなければ…」と、反省して

いる六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から

習得した支援ノウハウを活かして、経営

コンサルタントとして独立、がんばる

日本の中小企業を応援するため、今回も、

ビジネス書7冊(累計発行部数3万部)の

ビジネス書作家として、ビジネスを加速

させるためのきづきを、3分間で読める

メールマガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●会計データの体制整備

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が、融資申請のご相談を受けて、最初に

苦心することが、会計データが乏しいと

いうことです。


融資の承認を得るために苦心している

会社は、一般的には業績が芳しくない

ことが原因ですから、まず、その原因を

明らかにしなければなりません。


でも、そのような会社の多くは、決算書が

あまり精緻ではなく、また、月次試算表も

作成されていないか、数か月前のものしか

ないという状況が多いようです。


そこで、私は、その会社の仕訳データを

数か年分分析し、赤字の要因などを明確に

します。


その結果、改善の見込みがあれば、その

根拠を数値で示しながら、説明資料として

作成します。


ちなみに、銀行は赤字の会社に融資を

しないと思われがちですが、赤字である

ことが原因というよりも、なぜ赤字

なのか原因がわからない会社には融資を

しないということが言えると私は考えて

います。


すなわち、赤字であっても、回復見込みが

明らかであれば融資に応じるわけですが、

それを確かめるための会計データが

少ないと、融資判断そのものができず、

審査して融資をしないというよりも、

審査さえできずに融資を断るという結果に

なります。


前述のような会社は、私のような専門家が

ある程度の時間をかけて分析するので、

普段はあまり会計データは未整備でも、

融資を受けることが可能になることが

あります。


しかし、あまり精緻でない決算書しか作成

していない会社が融資を申し込もうとした

場合、銀行の職員はあまり労力をかける

余力がないため、深い審査はせずに融資を

ことわるということになります。


ここまでの結論は、きちんとした決算書を

作ることが融資を断られないために大切だ

ということです。


ちなみに、「きちんとした決算書」という

ものは、銀行を意識して作成するという

ことまでをしなくても、日本税理士連合会

などで公表している「中小企業の会計に

関する指針」や「中小企業の会計に関する

基本要領」( https://goo.gl/GP6kD5 )に

したがって作成するだけでも十分です。


話しをもどして、もうひとつご注意いた

だきたい点として、私が一度融資申請を

ご支援した会社さまから、再び、ご支援の

ご依頼があったとき、前回と同じような

経理体制が続いていた場合、ご支援の

ご依頼はお断りしています。


当初のご支援の段階で、会計データを

きちんと収集することの大切さを伝えて

いるにもかかわらず、それを実践しない

ということは、その会社は進歩しようと

する意図がないということです。


「会計データの収集だけで、会社の事業の

すべてを判断することは早計ではないか」

と考える方もいらっしゃるでしょう。


確かにそのような面もあると思います。


しかし、私の場合、そのような会社さま

への前回のご支援のときに、銀行に対して

「今後、当社は事業の改善のために鋭意

努力します」と伝えています。


それを破っているとすれば、道義的に

私は再度お手伝いすることはできません。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




私が制作しているポッドキャスト番組

(インターネットラジオ番組)「数字に

強い社長になるポッドキャスト」の

第442回を配信しました。


今回も、社会保険労務士の後藤功太先生に

お越しいただき、後藤さんのご著書「その

マネジメントでは新入社員はスグに辞めて

しまいます!」( http://amzn.to/2vu5tEs )

の中から、新入社員へのメンタルケアに

ついてお尋ねしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらから

お聴きください。

https://goo.gl/Yq7TZ9





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の10月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「融資に強くなる勉強会」

10月4日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://t.co/AFXnddNTgK



「スカイプ相談実施日」

10月5日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「創業者向け融資セミナー&個別相談会」

10月13日(金)13:00〜20:50

詳細とお申込み→ http://www.21keiei.org/




「スカイプ相談実施日」

10月19日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「新刊発売記念!中小企業経営者の

ための経営入門セミナー」

10月25日(水)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/vJ2C16





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



顧問先には「会計データは迅速に処理

しましょう」といいつつ、自分自身は

帳簿付けは遅れがちで、正に紺屋の白袴

状態です。


しかも、1週間も過ぎれば、「これって

何の支出だったかな?」と思い出しつつ

帳簿をつけるので、さらに効率が悪く

なります。


帳簿付けもためずに毎日少しずつ処理

するよう習慣化するようにしたいと

思います。







◆このメールマガジンで取り上げて

欲しいトピックやご質問、ご感想が

ありましたら、こちらからおよせ

ください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。→

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:05| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする