2017年10月13日

[ビジネスのきづき](302)「何でも屋を楽しむ」

読者のみなさま、こんにちは。






最近、たくさんの果物のいただきものをし

て、実りの秋を実感している六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●何でも屋を楽しむ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



先日、バランス経営クリエイターの鈴木淑

子さんのご著書「未来につながる働き方じ

ぶんサイズで起業しよう!」

( http://amzn.to/2yef5a9 )を拝読しまし

た。


鈴木さんは、都市銀行で派遣社員として働

いていたとき、弟の妻が余命3か月の宣告

を受けたことから、家族同士で相談し、鈴

木さんが、弟の2人の子どもを鈴木さんの

実家で預かることにしたそうです。


このとき、鈴木さんは、70代の父親と病

弱な母親もいっしょに暮らしていたので、

鈴木さんがフルタイムで働くことは不可能

と考え、「じぶん起業」をすることにした

そうです。


同書では、鈴木さんの経験から、いわゆる

プチ起業をする人への助言が豊富に記載さ

れていますが、その中で、私も共感した内

容についてご紹介します。


ひとつめは、「社会を変えたい!」という

思いはいちばん最後にすべきということで

す。


社会を変えたいという思いを持つことが悪

いわけではないのですが、それを最後にす

るべきという理由は次の通りです。


まず、プチ起業で取り組む仕事は、ライス

ワーク、ライクワーク、ライフワーク、ラ

イトワークの4つに分けられます。


ライスワークは生活のためにする仕事、ラ

イクワークは嫌いな仕事ではないけれど、

ワクワクしない仕事、ライフワークは天職

とする仕事、ライトワークは天命であり、

自分がライトになって社会を照らす仕事と

いうものです。


特に、ライトワークは、事業に成功した人

が、私財を投じで慈善活動をするような仕

事だということです。


鈴木さんによれば、起業した時点でライト

ワークを行おうとすると、理想と現実の乖

離が大きすぎて、燃え尽き症候群になって

しまうと言います。


鈴木さん自身もライトワーク(人身売買を

なくすためのNGOのプロジェクト等)に

少しずつかかわっているそうですが、その

NGOなどは、情熱や思いだけでなく、高

い経営スキルを兼ね備えているから成果が

得られているということでした。


私も、ときどき「社会を変えたい」という

思いを持って起業しようとしている人に会

うことがあります。


その思いは尊いものだと、私も思うのです

が、起業して直後には難しいことは当然で

あり、それなりのスキルを高めるというス

テップを踏むことは避けられないというこ

とを認識して起業に臨むべきだと考えてい

ます。


中には、むしろ、社会を変えるということ

を通して、自分の自己実現欲求を満たした

いということを考える方もいるようです。


そのことが悪いわけではありませんが、そ

れは難易度の高いことなので、安定した収

入がない時点では、まずはライスワークか

ら固めていかなければ、いきなりライト

ワークに臨んでも、無収入になってしまう

可能性が高い、すなわち、起業が失敗に

至ってしまいかねません。


ふたつめは、「何でも屋を楽しむ」という

ことです。


起業すると、事業に関するすべてのことを

事業主自身がやらなければなりません。


中には、税金の申告、ホームページの開設

などは外注することもできますが、経費を

支払う余地が少ないときは、これらも自分

でやらなければならないときもあるでしょ

う。


これについて、鈴木さんは、「画家が描い

た絵は、単なる絵具ではなく、画家の個性

や魂であるように、会社が生産した製品は

経営者の精神が躍動してできた、芸術の名

にふさわしいものである」という松下幸之

助さの言葉を挙げ、経営者として「何でも

屋」を楽しむべきと述べています。


起業家にも、それぞれ得手不得手がありま

すが、好き嫌いをして、やりたいことだけ

をやるという姿勢ではなく、事業を通して

経営者として関わることが、よい製品を産

み出すことになるということです。


これは、多くの方が理解されると思います

が、現実には、起業してから「こんなはず

ではなかった」と、感じる方は多いようで

す。


というのは、起業する動機として、自分の

思う通りの事業をするために起業をしたの

に、起業をしたら、自分のやりたくないこ

ともやらなければならなくなったというこ

とです。


ここで、経営者は、単に、やりたくないこ

ともやらなければならない役割と考えるこ

となく、経営者が事業のすべてのことに関

わるからこそ、よい製品が出来上がるとい

う考え方をすると、前向きに事業に取り組

むことができると私は考えます。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第444回を

配信しました。


今回も、社会保険労務士の後藤功太先生に

お越しいただき、後藤さんのご著書「その

マネジメントでは新入社員はスグに辞めて

しまいます!」( http://amzn.to/2vu5tEs )

の中から、新入社員への承認によるモチ

ベーションの向上についてお尋ねしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/cpBp4D





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の10月〜11月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





「創業者向け融資セミナー&個別相談会」

10月13日(金)13:00〜20:50

詳細とお申込み→ http://www.21keiei.org/




「スカイプ相談実施日」

10月19日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「新刊発売記念!中小企業経営者のための

経営入門セミナー」

10月25日(水)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/vJ2C16




「融資に強くなる勉強会」

11月6日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://t.co/NujBiAjc0Q





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




当然のことですが、果物は秋に収穫される

ものが多く、先日、柿、りんご、梨、ぶど

うなどをたくさんいただきました。


中でも、私は、梨が最も好きです。


この季節以外では、梨を食べる機会はほと

んどないので、毎年10月に、とれたての

梨を頂く機会を楽しみにしています。


しかし、11月あたりからは、おいしいみ

かんが出回る季節なので、11月も今から

楽しみです。









◆このメールマガジンで取り上げて

欲しいトピックやご質問、ご感想が

ありましたら、こちらからおよせ

ください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。→

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:05| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする