2017年10月24日

[ビジネスのきづき](313)「顧客に信頼される要因」

読者のみなさま、こんにちは。







先日、おでんをつくっているときに、ゆで

たまごの殻をむいていたら、きゅうにゆで

たまごを食べたい衝動にかられて、ひとつ

つまみぐいしてしまった六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●顧客に信頼される要因

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



先日、公認会計士の加藤茂さんの制作する

ポッドキャスト番組で、かつて、大手物流

会社でクレーム処理の責任者でもあった、

実演販売のマネジメント会社の株式会社モ

サクロ代表取締役比江嶋亮さんが、上手な

クレーム処理法についてお話しされておら

れました。


(ご参考→ http://ka-real.com/f062/


比江嶋さんによれば、早く事を治めたいと

いう思いから、単に謝罪だけすることは得

策ではない。


不満を感じた顧客は、どうして不具合が起

きたのかということをききたがっている。


それについて言及しなければ、会社側の逃

げようとする姿勢を感じ取ったり、自分の

要望を真正面から受け止めようとしていな

いと感じてしまい、ますます不満が大きく

なる。


一方で、顧客のききたいことを話し、さら

に、顧客からはきかれてはいないことでも

のの、それに関わることがらでさらに深い

ことについてもお話しすると、逆に、その

人は信頼される。


比江嶋さんも、クレーム担当をしていた時

は、そのような対応をした結果、「会社に

は不満があるが、あなたは信用する」とい

うように、顧客との間に信頼関係が産まれ

クレーム処理が早く終わるという経験をし

たことがあるそうです。


このお話しをきいて、私は、自分が銀行で

働いていたときのことを思い出しました。


私が勤務していた銀行では、信用不安から

多くの預金者が預金を引き出したことがあ

りました。


でも、当時の預金保険の制度では、現在の

ように1,000万円という上限はなく、

全額が保護されていたので、銀行が破たん

しても、預金を失うということはありませ

んでした。


それでも預金を引き出す人がいたというこ

とは、自分が預金をしている銀行が破たん

するということになったとき、それが未知

のことになるから、いくばくの不安を無く

したいという思いがあったのでしょう。


ところで、預金を引き出した預金者には、

普段、銀行職員との接点が少ないという点

で共通していました。


むしろ、私と懇意にしていた何人かの預金

者の方からは、「自分は、あなたの銀行を

応援したいので、預金を引き出すようなこ

とはしない」と、励ましの電話をいただい

たりもしました。


結論は、顧客から信頼を得るためには、顧

客と意思疎通できる状態かどうかというこ

とだと思います。


預金を引き出した預金者の方は、預金をし

てはいても、「銀行は大丈夫なのか」とき

くことがある職員がいなかったことが、預

金を引き出す要因の大きな部分を占めてい

たのだと思います。


でも、銀行職員と接点があり、自分のきき

たいことをきくことができる人は、預金を

引き出す前に、銀行職員に問い合わせをし

て、賢明な判断をすることができたでしょ

う。


私も、預金者の方から「おたくの銀行は大

丈夫なのか?」と問い合わせを受けたとき

は、預金保険があるということを説明する

前に、「手前どもの銀行は、きちんとした

経営をしていますので、短期的な状況や、

根拠のない風評に左右されないようご注意

ください」とお伝えするだけで、大部分の

方は、落ち着いた行動をされました。


これは、少々手前みそになりますが、「き

ちんとした経営をしている」という説明を

するからには、普段から私が信頼される行

動をしていたということが前提です。


話しを比江嶋さんのことに戻すと、比江嶋

さんは、顧客のききたいことを話さずに、

謝罪だけすることは得策ではないとお話し

されたおられましたが、クレームを起こし

てしまうと、とにかく謝罪をしなければと

思ってしまう人が多いようです。


これも、冷静に見れば容易に理解できるこ

となのですが、ピンチになったときこそ、

その場のことを取り繕うとするのではな

く、真に顧客の求める行動をとることがで

きるかどうかが問われているということ

を、かつての私の経験と重ね合わせて、改

めて感じました。






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第446回を

配信しました。


今回は、中小企業診断士の山岡雄己先生を

にお越しいただき、山岡先生のご著書

「飲食店『のれん分け・FC化』ハンド

ブック」の中から、飲食店の経営ノウハウ

についてお伺いしています。



ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/XHCS8w





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の10月〜11月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「新刊発売記念!中小企業経営者のための

経営入門セミナー」

10月25日(水)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/vJ2C16




「融資に強くなる勉強会」

11月6日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://t.co/NujBiAjc0Q




「スカイプ相談実施日」

11月8日(水)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「信用保証協会徹底活用セミナー」

11月13日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF




「スカイプ相談実施日」

11月22日(水)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



ゆでたまごは当然ですが、たまごをゆでて

つくるのですが、最近、電子レンジでつく

ることができると知り、いまは、たまごを

専用の容器に入れて電子レンジでゆでたま

ごをつくっています。


お湯にゆでる場合だと、ゆで加減がなかな

か分からず、硬めにゆでてしまいがちです

が、電子レンジならば出力と時間をセット

するだけで、ちょうどいい硬さのゆでたま

ごをつくれるところが便利です。


ちなみに、最近は、電子レンジで焼き魚を

焼いたり、ノンフライヤーでから揚げをつ

くれるようになり、いろいろ便利になりま

した。


将来は、材料を入れれば自動で調理してく

れるような器具が登場するのかなぁと、つ

いついものぐさすることばかり考えてしま

います。








◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:04| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする