2017年10月28日

[ビジネスのきづき](317)「融資を受けられさえすれば…」

読者のみなさま、こんにちは。







私が現在使っているパソコンは、使い始め

て2年が経過しましたが、新しいパソコン

を買うと、初期設定にいろいろ時間がか

かってしまうので、買い替えを躊躇してい

る六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●融資を受けられさえすれば…

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私は、よく、融資の申請のご支援をするの

ですが、かつては、私が受ける仕事の半数

以上は、融資の申請のご支援だけでした。


その、「表面的」な理由は、私に支払う報

酬を、直面する課題に関する支援だけに絞

りたいということのようです。


でも、本当の理由は、そのような会社は、

融資を得ることだけが目的になっていて、

融資が得られさえすればよいと考えている

からではないかと、私は考えています。


当然のことですが、融資を受けることがで

きれば、商品を仕入れたり、従業員の方へ

給与を支払ったりすることができるので、

事業を継続することができます。


ですから、融資を受けることができさえす

れば、会社はなんとかなると経営者の方は

考えてしまうのでしょう。


では、事業を続ける目的はなんなのかとい

うと、当然、利益を得ることです。


多くの場合、利益を計上している会社は、

銀行から融資を断られることはありませ

ん。


そこで、私は、銀行から融資を受けられる

ようにするための対策は、事業で利益を得

ることと日頃からお話ししています。


しかし、融資対策とは、銀行への融資申込

をどのようにすればよいかという、狭い範

囲で考える人も多いようです。


もう少し正確に述べれば、融資の申込方法

「だけ」で、銀行から融資の承認を得よう

と考える方も少なくありません。


ところで、私がご支援の依頼を受けて、そ

の会社の融資申請のお手伝いをする場合、

銀行に対して事業計画書を提出し、その計

画の達成が十分に見込まれる根拠を示すこ

とによって、安心して融資ができると説明

します。


そして、その結果、その会社が、銀行から

無事に融資の応諾を得て、融資を受けたあ

とも、計画通りに事業が進めば、次の融資

も円滑に受けられることになるでしょう。


しかし、融資を受けられたあと、計画の遂

行の管理をせずに、それが未達成となって

しまったら、次の融資を受けるときの労力

は、さらに大きくなってしまいます。


最悪の場合は、融資を断られることになり

ます。


ですから、前述の通り、計画立案、遂行管

理は、効果の大きい融資対策になります。


そして、それは、銀行から融資を受けるた

めというよりも、その会社自身の事業発展

のためという意味合いが大きいと言えるで

しょう。


実は、これは、銀行にも同じことが言えま

す。


銀行は、融資の申込を受けたあと、本社の

審査部などに融資稟議書を提出します。


難しい案件は、何度も、審査部との間で、

資料のやり取りや条件の折衝を行います。


そして、やっとの思いで審査部から承認を

得ると、そこで安心をしてしまいます。


しかし、融資の目的は、利息を含めて、全

額を回収し、銀行に収益をもたらすことで

す。


ところが、融資の承認がおりて、融資を実

行したあと、その会社がきちんと計画通り

に事業を進めているかということの確認を

怠ってしまいがちです。


銀行からも前もって、融資した会社の業況

が悪化していないかということが分かれば

いろいろと打つ手があります。


でも、それを怠ってしまうと、そのような

会社から、前回よりももっと難しい状態で

融資の申込を受けることになり、銀行自身

も苦しくなってしまいます。


ですから、銀行自身も融資実行後の融資先

の状況を確認することが大切と言えます。


話しを戻すと、融資の申請の仕方を工夫す

るだけでは、融資はいつまでも受けられる

ことにはなりません。


本来の融資対策は、銀行に説明した事業計

画を達成することです。


ちなみに、私は、現在は、前述のような理

由から、特殊な事情がない限り、「融資申

請」だけのご支援はお受けせず、事業計画

の遂行までをご支援をすることを前提に、

融資申請のお手伝いをお受けしています。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第446回を

配信しました。


今回は、中小企業診断士の山岡雄己先生を

にお越しいただき、山岡先生のご著書

「飲食店『のれん分け・FC化』ハンド

ブック」の中から、飲食店の経営ノウハウ

についてお伺いしています。



ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/XHCS8w





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の11月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「融資に強くなる勉強会」

11月6日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://t.co/NujBiAjc0Q



「スカイプ相談実施日」

11月8日(水)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「信用保証協会徹底活用セミナー」

11月13日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF



「スカイプ相談実施日」

11月22日(水)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「新刊発売記念!中小企業経営者のための

経営入門セミナー」

11月27日(月)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/3LLFMR





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



パソコンはいつ買い換えるべきか、いつも

迷いますが、パソコンに詳しい人にきくと

2年程度で買い換えるとよいとききます。


でも、新しいパソコンを買ったときは、い

ろいろな設定や、データ移行などが必要に

なるので、それが面倒でなかなか踏み切れ

ません。


本当は、セキュリティの観点から、早めの

対応が必要だと思うのですが、いま、やり

残していることがたくさん積み上がってい

るので、実際の買い換えは来年になりそう

です。


どうか、それまで、現在使っているパソコ

ンに持ちこたえてもらいたいと思います。









◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:05| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする