2017年11月03日

[ビジネスのきづき](323)「予測と計画の違い」

読者のみなさま、こんにちは。







先日、近所の道の駅の農産物直売所に、こ

とし獲れた蕎麦の蕎麦粉が売っていたので、

反射的に、それを買って蕎麦かきをつくっ

て食べた、六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●予測と計画の違い

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私は事業計画を作ることをお薦めしていま

すが、それに否定的な方も多いので、今回

は、事業計画がなぜ大切なのかということ

を説明します。


まず、事業計画の指すものですが、この記

事では、計数(売上、費用、利益、顧客数

など)の計画ということとします。


そして、この事業計画に否定的な方は、事

業計画の使い方を分からない、または、事

業計画を使う事業管理を実行したくないと

いうことだと思います。


例えば、事業計画に否定的な人は、「事業

計画を作っても、それが実現するとは限ら

ない」ということを否定的な理由として挙

げています。


このような理由を挙げる人は、将来の売上

などの予測をするために事業計画を作ると

考えているのでしょう。


一方、私は、事業活動を管理するために作

成するものと考えています。


事業活動は成り行きでよいと考える人は、

まずいないでしょうから、「事業計画を作

る」ことを「事業活動を管理する」ことと

置き換えれば、ほとんどの人が事業計画が

必要であると考えているということになる

でしょう。


それでも事業計画に否定的な方は、定期的

な事業活動の管理を面倒だと考えているか

らでしょう。


では、なぜ、事業活動の管理を面倒と考え

るかというと、事業計画を活用した事業活

動の管理方法が分からないということが、

その理由の大きな部分を占めていると思い

ます。


そのすべてを示すための文字数をこの記事

では確保できませんが、そのポイントのひ

とつを挙げると、長期的な目標と、今日、

今週、今月実施する活動を結びつけること

です。


例えば、5か年の長期計画を1年ごとに分

け、さらに、1年ごとの計画を12か月に

分ければ、長期計画を達成するために今月

実施する活動が明確になります。


これは数値的なことだけですが、「5年後

に●●億円の売上を達成する」と考えて活

動するよりも、「今月は●●万円の売上を

達成する」と考えて活動することの方が、

より具体的な行動をとりやすいし、目標に

向かって順調に進んでいるかどうかという

こともわかりやすくなるでしょう。


また、数値以外のことでも、今月の売上を

達成するには、どれだけの日数(時間)が

必要か、どれくらいの従業員数が必要か、

どれくらいの販売促進活動が必要かという

ことなどが明確になります。


話しがそれますが、これらの数値をもう少

し有機的に紐づけしたものが、KPI

(Key Performance Indicator , 重要目標

達成指標)であり、これを設定するための

BSCを作成することで、より高度な管理

ができるようになります。


話しを戻して、このような事業活動の管理

が、経営者の重要な役割を占めています。


そして、このような管理活動を行えば、管

理を行っていない場合と比較して、業績は

着実に上向くことも容易に理解していただ

くことができるでしょう。


しかし、それでも事業計画を作成していな

い、または、頭の中に「これくらいの売上

になればいいなぁ」という願望を持ってい

るだけで、具体的な活動に結びつけていな

いという方も、現実的には少なくありませ

ん。


残念ながら、そのような経営者の方は、肩

書は社長などであっても、経営者としての

役割を担おうとしているようには、私には

感じることができません。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第447回を

配信しました。


今回は、中小企業診断士の山岡雄己先生を

にお越しいただき、山岡先生のご著書

「飲食店『のれん分け・FC化』ハンド

ブック」の中から、飲食店の経営ノウハウ

についてお伺いしています。



ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/XHCS8w





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の11月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「融資に強くなる勉強会」

11月6日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://t.co/NujBiAjc0Q



「スカイプ相談実施日」

11月8日(水)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「信用保証協会徹底活用セミナー」

11月13日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF



「スカイプ相談実施日」

11月22日(水)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「新刊発売記念!中小企業経営者のための

経営入門セミナー」

11月27日(月)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/3LLFMR





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



蕎麦かきとは、蕎麦粉にお湯をかけて、蕎

麦粉を練り固めたもので、調理するという

ほどのものではありません。


食べるときは、お椀から蕎麦かきを箸でつ

まみとり、醤油につけていただきます。


きざみ葱や鰹節をまぶすとさらにおいしく

なります。


蕎麦かきは、蕎麦粉をお湯で固めるだけな

ので、蕎麦が好きかどうかで、評価が分か

れると思います。


蕎麦は食べるという人でも、よほど蕎麦を

好きだという人でないと、単に蕎麦粉を固

めただけの蕎麦かきは、香や味が合わない

という方もいるかもしれません。


ただ、私が食べた蕎麦粉は、ことし獲れた

蕎麦を挽いたものなので、くさみがなく、

おいしくいただくことができました。


もし、ご関心のある方は、蕎麦粉が手に

入ったときに、蕎麦かきをつくって召し上

がって見てください。








◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:05| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする