2017年11月09日

[ビジネスのきづき](329)「在庫切れは誰の責任か」

読者のみなさま、こんにちは。







先日、twitterでライブ動画を配信

できることを知り、情報技術の進展の速さ

に驚かされた、六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●在庫切れは誰の責任か

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



これは、卸売業や小売業での話題になりま

すが、在庫切れはよいことか、悪いことか

ということについては、一般的には、悪い

ことでしょう。


(ここで「一般的には」と書いたことには

理由がありますが、それは、後述します)


では、在庫切れが起きたとき、それは誰の

責任になるでしょうか?


購買担当者(在庫担当者も含む)でしょう

か、それとも、販売担当者でしょうか?


私は、経営者(または、事業の責任者)で

あると思っています。


これは、現場で起きたことは何でも経営者

の責任であるという意味ではありません。


というのは、もし、在庫切れの責任が在庫

担当者にあるとしたら、在庫担当者はどう

いう行動をとるでしょうか?


在庫切れが起きないよう、在庫をたくさん

持とうとするでしょう。


在庫が多いと在庫切れが起きないので、販

売先からの引き合いにも迅速に対応でき、

売上も増えて、事業は順調に進むというこ

とになるかもしれません。


ところが、在庫が多いと、売れ残りが増え

たり、商品の仕入代金に充てるための借入

を増やしたり、大きな倉庫を持たなければ

ならなくなったりします。


このことは、あまり目立ちませんが、事業

の利益を押し下げる要因になります。


よって、在庫は多ければよいという訳では

なく、かといって、すぎても少なすぎても

よいという訳ではありません。


したがって、利益を最大にするにはどの程

度の在庫を持てばよいかという、難しい判

断をするところに、経営者の手腕が問われ

ると私は考えています。


ですから、「在庫を多く持つこと≠利益を

増やすこと」ではありませんから、経営者

が判断した適切な在庫量を維持していると

きに、在庫切れは起こり得ることです。


そこで、在庫切れが起きることが、必ずし

も利益が減ること、即ち、悪いこと、では

ありません。


そこで、在庫担当者の責任はどこにあるの

かというと、経営者の決めた適切な在庫量

を維持しているかどうかということです。


もし、在庫担当者が、発注を忘れてしまっ

たり、在庫が少なくなったことに気づかな

かったりして適切な在庫量を維持できず、

そのことが原因で在庫切れが起きれば、そ

れは在庫担当者の責任です。


一方、適切な在庫量が維持されているにも

かかわらず、在庫切れが起きたときは、そ

れは在庫担当者の責任ではありません。


その在庫切れは、経営者の意思にしたがっ

て起きた在庫切れです。


ただ、経営者の判断がいつも正しいとは限

りませんので、経営者が判断を誤って適切

でない在庫量を在庫担当者に指示して在庫

切れが発生した場合は、経営者に責任があ

るということです。


今回は、在庫切れについて例をとって述べ

ましたが、今回の記事の趣旨は、結果責任

を従業員に負わせることは賢明ではないと

いうことです。


従業員の方に結果責任を負わせるようにす

ると、その従業員は、自分の責任を回避す

るということに力を注ぎ、自分だけがよけ

ればよいという行動をとることになりま

す。


これは部分最適といい、必ずしも、会社の

利益を最大にする全体最適の行動ではなく

なります。


会社全体が、全体最適の行動をとるように

するためには、まず、経営者が事業の方針

を示し、それに基づいて、それぞれの部署

に「行って欲しいこと」を示すことが必要

です。


この具体的な方法の説明は割愛しますが、

例えば、前述の例で言えば、「在庫切れを

起こすな」ではなく、「この商品は、●●

個から●●個の間で在庫を維持する」とい

う具体的な活動内容を示します。


単に、起きたことについて責任を問うだけ

でよいなら、どんな人でも経営者を務める

ことができます。


経営とは、難しい判断をすることであり、

だからこそ誰にでも務められるわけではな

いと私は考えています。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第448回を

配信しました。


今回は、中小企業診断士の山岡雄己先生を

にお越しいただき、山岡先生のご著書

「飲食店『のれん分け・FC化』ハンド

ブック」の中から、飲食店の経営ノウハウ

についてお伺いしています。



ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/9ohUpW





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の11月〜12月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「信用保証協会徹底活用セミナー」

11月13日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF



「スカイプ相談実施日」

11月22日(水)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「新刊発売記念!中小企業経営者のための

経営入門セミナー」

11月27日(月)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/3LLFMR



「融資に強くなる勉強会」

12月7日(木)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/VQXGkD





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



かつてはUSTREAMなどで動画を生で

配信できることは知っていましたが、14

0文字しか投稿できないtwitterで

動画を配信できるようになるとは想像して

いませんでした。


今後、twitterでの動画配信をどう

活用するか考えて実施したいと思います。











◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:05| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする