2017年11月18日

[ビジネスのきづき](338)「ローコストオペレーション」

読者のみなさま、こんにちは。







最近、好きな曲の楽譜を買ってきて、それ

を眺めて楽しんでいる六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ローコストオペレーション

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



ローコストオペレーションという言葉はよ

く聴きます。


ただ、どうやってローコストオペレーショ

ンを実現するかということについては、あ

まり理解されていないと感じています。


ローコストオペレーションの代表的な方法

は、大量仕入や海外生産でしょう。


ただ、それは基礎的な方法で、現在は、複

雑な方法がとられています。


たとえば、衣料品店のしまむらは、お手本

となるようなローコストオペレーションを

実践しています。


(ご参考→ https://goo.gl/kbS7Hx


引用の記事によれば、「同社は現在、中国

からの直接物流の比率が20%前後だが、

これを25〜30%ぐらいまで引き上げる

と同時に、これまで埼玉県桶川市など国内

に7か所あった物流センターを、神奈川県

秦野市の商品センターと岐阜県関が原の物

流センターに集約した。


(中略)一般的に、中国からの直接物流の

導入によって物流コストは30%近く削減

できるといわれる」とあります。


すなわち、物流機能を人件費の安い中国に

移すことによって、コストを下げるという

ことです。


これは、一見、簡単なようで、実は容易で

はありません。


物流機能を中国に移すためには、それなり

のノウハウを伝えなければなりません。


また、商品の販売動向や在庫状況を、遠い

ところにすぐに伝えられるようなインフラ

も必要です。


ただ、この記事では、大手の会社のローコ

ストオペレーションの方法についてお伝え

することが本旨ではありません。


ローコストオペレーションを実現するには

物理的なインフラも必要ですが、無形のノ

ウハウも大切だということです。


例えば、しまむらのWebPageには、

次のような記載があります。


「しまむらはローコストオペレーションを

徹底し効率的な運営をしていますが、それ

を支えているのがマニュアルです。


日本では個人的な技術を重視する風潮に加

え、マニュアルに対する誤解と軽視が見ら

れます。


私たちしまむらでは最も優れたベテラン社

員のやり方をマニュアルと考え、新入社員

でも一定レベルの業務ができるようにする

ため、全ての部署でこれを重視し、標準化

と合理性を追求しています。


マニュアルをいつの時代も生きたものとす

るために欠かせない仕組みが改善提案制度

です。


業務の最適化を実現するには、マニュアル

をブラッシュアップし続けることが最も大

切です。


しまむらでは、全社員から毎年5万件以上

の改善提案が寄せられ、これを一つ一つ検

討・実験し、その結果は再び新しいマニュ

アルとして毎月更新され続けています」と

記載されています。


(ご参考→ https://goo.gl/pyGyN6


このような、毎月のマニュアルの修正を続

けるというノウハウの積み重ねがあってこ

そ、しまむらは効果の高いローコストオペ

レーションを実現しているということが分

かります。


そして、このマニュアルの整備、改善提案

制度の実施という手法は、規模の小さな会

社であっても実践できることです。


今回の記事の結論は、競争力を高める手法

というのは、ノウハウの蓄積といった体制

づくりが重要ということです。


とはいえ、この見えないノウハウを集める

という手法は、口で言うほど容易でないこ

とも私は実感しています。


でも、それができればライバルとの競争力

も差をつけられると私は考えています。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第449回を

配信しました。


今回は、中小企業診断士の山岡雄己先生を

にお越しいただき、山岡先生のご著書

「飲食店『のれん分け・FC化』ハンド

ブック」の中から、飲食店の経営ノウハウ

についてお伺いしています。



ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/D4PVkE





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の11月〜12月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「スカイプ相談実施日」

11月22日(水)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「新刊発売記念!中小企業経営者のための

経営入門セミナー」

11月27日(月)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/3LLFMR



「融資に強くなる勉強会」

12月7日(木)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/VQXGkD



「信用保証協会徹底活用セミナー」

12月13日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私は、中学生と高校生のときに管弦楽部の

部員でした。


当時は、顧問の先生から、「こんどはこの

曲を演奏するぞ」といわれると、まず、そ

の曲の楽譜から、自分の担当する楽器の部

分だけを書き写すという作業から始めます。


単に書き写すだけでもたいへんだったので

すが、私はクラリネットを担当していて、

B管(「ドレミ」と弾くと、ハ長調ではな

く、変ロ長調の「ドレミ」の音が出る楽器)

しか持っていなかったので、オリジナルの

楽譜がA管(同じくイ長調で音が出る楽器)

用の楽譜で書いてあるものの場合は、B管

で弾くときの音に変えて書き写すという、

さらにたいへんな思いをしていたことを覚

えています。


そして、本当は、時間があれば、アマチュ

アの管弦楽団に入りたいのですが、いまは

時間的な余裕がないので、楽譜を眺めなが

らその曲を聴いて楽しんでいます。








◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:04| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする