2017年11月19日

[ビジネスのきづき](339)「銀行に来ない経営者」

読者のみなさま、こんにちは。







先日、おもちを入れて作ったおかゆをおいし

くいただいた六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●銀行に来ない経営者

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が銀行で働いているときのことですが、

融資先の経営者の方から、「●月●日まで

に●●円の融資を受けたい」とだけ電話な

どで打診してきて、その後、詳しい説明を

受けたいと希望しても、時間を割いてもら

えないという経験が多くありました。


ちなみに、フリーランスになってからも、

知人の税理士の方から「顧問先が、銀行か

ら融資を受けられなくて困っているような

ので、手伝ってあげて欲しい」と相談され

るときが多くあります。


これに対して、「それでは、その会社の経

営者の方とお会いする機会を作っていただ

くことはできますか」と要請しても、半数

くらいはお会いしてもらえないということ

があります。


ところが、中小企業経営者の方は、銀行職

員となかなか接触することができないとい

う不満を持っているという調査結果もある

ときくので、私の印象と違うなと感じてい

ます。


その疑問はさておき、話を戻すと、融資を

受けたいけれど、銀行に対してその詳しい

理由を説明をしないという経営者の方は、

恐らく、金額だけ伝えるだけで融資を受け

たい、それ以外のことを話すのは避けたい

という思いなのでしょう。


銀行職員の立場としては、正直、融資を受

けたいというのに、金額だけしか言って来

ないというのは、横着し過ぎで誠意がない

という気持ちを持ちます。


ただ、そういう銀行職員の心証を差し置い

ても、きちんとした説明に行かないという

ことは得策ではないと考えます。


その最大の理由は、最悪、融資を断られる

可能性があるということです。


私が銀行で働いていたときに、金額だけし

か希望を伝えて来なかった会社から受けた

案件は、決算書などを深く読み込み、想像

力を働かして稟議書を書きましたが、それ

でも限界があります。


きちんとした融資の必要となる理由が融資

稟議書に記載されなければ、その説得力は

低くなり、融資稟議書の承認が得られない

可能性が高くなります。


もうひとつは、銀行の意見をきく機会がな

くなるということです。


もし、銀行が自社の融資に対して消極的な

方針であった場合、次の融資申込のときに

どういう状態であれば、再度融資を受ける

ことができるのかという条件をきくことが

できます。


しかし、銀行に対して説明をしないことに

よって、銀行の意見をきく機会もなくなれ

ば、その対策を打つこともできなくなりま

す。


ただ、銀行には金額を伝えることしかした

くないという経営者の方は、それ以外のこ

とはしたくないということでしょう。


それは、恐らく、自社の状況を説明して

も、銀行からは否定的なことしか言われな

いだろうと考えているからでしょう。


もちろん、銀行の考え方が100%正しい

とは私も考えていません。


でも、銀行への説明は苦手だけれど、顧客

や従業員とは良好な関係を築くことができ

るという経営者の方は、まず、いないと私

は考えています。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第450回を

配信しました。


今回は、中小企業診断士の山岡雄己先生を

にお越しいただき、山岡先生のご著書

「飲食店『のれん分け・FC化』ハンド

ブック」の中から、飲食店の経営ノウハウ

についてお伺いしています。



ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/ErFQzt





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の11月〜12月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「スカイプ相談実施日」

11月22日(水)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「新刊発売記念!中小企業経営者のための

経営入門セミナー」

11月27日(月)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/3LLFMR



「融資に強くなる勉強会」

12月7日(木)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/VQXGkD



「信用保証協会徹底活用セミナー」

12月13日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



おかゆをおもちを入れて作るというのは、

おかゆが大好きという知人から聞いて教

わった方法です。


私の場合、炊飯器に水を多めに入れ、そこ

にかがみもちをひとかけら沈めて、炊飯ス

イッチを押して作りました。


私は、もともと、白米がすきなのですが、

おかゆは白米の淡い甘みをさらに感じるこ

とができて、さらにおいしく感じました。


そして、そのおかゆにおもちを入れて作る

と、もちの粘り気が白米の淡い甘さを引き

立てくれます。


お米の好きな方は、ぜひ、試してみて下さ

い。










◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:01| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする