2017年12月25日

[ビジネスのきづき](375)「沢の雉」

読者のみなさま、こんにちは。







先日、通信販売でりんごを1箱買ったとこ

ろ、翌日、もうひとつりんごが1箱届き、

すでにりんごを注文していたにもかかわら

ず、そのことを忘れて2つめのりんごを注

文したことに気づき、自分のもの忘れのひ

どさを実感した六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●沢の雉

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




私がフリーランスになってまもなく、自分

の事業がまだ順調でなかったとき、たまた

ま、セラピストの石井裕之さんの講演で、

沢の雉(きじ)の話しを聴きき、当時、こ

れからどうすればよいかということを悩ん

でいる私にとって、この話が大きな心の支

えになりました。


石井さんからきいた沢の雉の話は、中国の

古典の荘子にあるお話しです。


「沢雉は十歩に一啄し、百歩一飮するも、

樊中に畜わるるを求めず。


神は王なりと雖も、善しからざればなり」


現代文では、「沢辺の野生の雉は、十歩歩

いて僅かな餌をとり、百歩歩いて僅かの水

にありつけるが、それでも籠の中で飼われ

ることを求めない。


籠の中は、餌に困ることはないが、心が楽

しくないからだ」というものです。


このお話しを石井さんがお話ししたのは、

例えばお金持ちになりたいと思っているの

であれば、それなりの心がまえが必要だ。


安定性を求めるのであれば、それなりの収

入しか得られないことは道理であり、その

考え方を変えない限り、収入も増えないか

ら、心を奮い立たせましょうという主旨で

あると思います。


ただ、この石井さんの考え方が絶対的に正

しいということではないと思います。


また、この沢の雉の話そのものも、飼われ

ている雉が劣っていて、野生の雉が優れて

いる、または、その逆であるということを

述べているわけでもないと思います。


では、なぜ、この話が私の心の支えになっ

たのかというと、野生の雉がフリーランス

のことを指すとすれば、「十歩歩いて僅か

な餌」しか得られなくても、籠の中にいれ

ば「心が楽しくない」と書かれていたから

です。


「いまちょっと苦しいのは、フリーランス

だからであり、それは同時に本当は心が楽

しいことなのだ」と、強がることができた

からです。


とはいえ、この雉の話は、よく知られてい

る権限責任一致の原則の例え話とも言うこ

とができ、自由(権限)があるなら、それ

なりの責任もともなうという、当然のこと

を述べている、と考える人も多いと思いま

す。


ただ、自由でいる野生の雉は心が楽しいと

述べているところが、私の励みになったわ

けです。


しかし、今回の記事の結論は、みなさんに

野生の雉のようになりましょうということ

ではありません。


私がこれまでお会いしてきた、自由である

はずの経営者の方の中には、すべてではあ

りませんが、ご自身のことを自由でないと

考えている人もいました。


そのような方が、ご自身を自由でないと考

える理由はいくつかありますが、その代表

的なものは、「とにかく、利益を得るため

には、仕事(顧客)を選んでいられない」

と考えている場合です。


仮に、自分が本当にやりたい仕事をやるこ

とができず、他人から与えられた仕事しか

できないのであれば、それは、表向きは野

生の雉であっても、実態は、他人から餌を

与えられている籠の中の雉と変わらないと

思います。


でも、そのような人は、仕事を選べないの

ではなく、本当は、仕事を選ぶことを放棄

しているのだと、私は思っています。


なぜ、放棄するのかというと、もし、自社

の業績が悪いときに、それが自分の選んだ

事業であれば自分の責任になってしまいま

すが、自分は仕事を選ぶことができないと

いうことにすれば、業績が悪くても自分に

責任ではなく、それは仕事を選ぶことがで

きない環境のせいにすることができるから

ではないでしょうか?


そして、そのように自分の責任に正面から

向き合わない人は、「心が楽しくない」で

しょう。


では、どうすればよいのかということにつ

いては、文字数の兼ね合いから割愛します

が、本来、野生の雉は心が楽しいはずであ

り、自由である(=権限を行使する)こと

から逃げていては、籠の中の雉と同じに

なってしまうということが、この記事の結

論です。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第455回を

配信しました。


今回も、青森PR居酒屋「りんごの花」の

女将の茂木真奈美さんにお越しいただき、

飲食店をお金をかけずに繁盛させるための

ノウハウについてお伺いしています。



ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/9E2gf8



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の1月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「スカイプ相談実施日」

1月9日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「融資に強くなる勉強会」

1月10日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/644Doa



「信用保証協会徹底活用セミナー」

1月15日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF



「スカイプ相談実施日」

1月23日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「経営入門セミナー」

1月26日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/Rn9XwC




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



ほんのわずかにしか力にはなれませんが、

東北地方を応援したいという気持ちから、

私は努めて青森のりんごを購入しています。


私がこどものころは、りんごにはあたりは

ずれがあって、中には酸っぱいりんごも

あったと記憶していますが、最近のりんご

は、農家の方の努力だと思いますが、糖度

の高いものばかりで、ますますりんごがす

きになりました。


あまり食べ過ぎはよくありませんが、砂糖

や油のたくさんはいったお菓子をたべるよ

りは健康的だと思いますので、これからも

毎日おいしいりんごを食べ続けたいと思い

ます。







◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:51| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

[ビジネスのきづき](374)「坑道のカナリア」

読者のみなさま、こんにちは。







先日、スパゲティを茹でていたとき、麺同

士がくっつかないように、ときどきかき混

ぜる作業が面倒なので、自動的に麺をかき

混ぜてくれる鍋って開発されないかなぁと、

ものぐさなことを発想して、自分で自分に

あきれた六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●坑道のカナリア

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



弁護士の鳥飼重和さんが、ご自身の制作し

ているポッドキャストで、職場にはカナリ

アのような人でも働けるようにすべきとい

うことをお話ししておられました。


(ご参考→ https://goo.gl/43R9Mh


これは、坑道のカナリアという逸話とし

て、すでに多くの方がご存知と思います。


カナリアとは繊細な生き物の例えであり、

坑道にいるカナリアは有毒ガスを誰よりも

早く察知して坑道から逃げてくる。


それと同様に、職場の中で最も繊細な人は

いち早く、メンタル面などでの不調を訴え

るというものです。


そして、鳥飼先生は、いままでは、職場の

カナリアのような人は、お荷物的な扱いを

受けてきたが、これからはカナリアのよう

な人は、職場がおかしくなっているという

ことを知らせる警鐘を鳴らしてくれる人と

考え、このような人が働ける職場を目指す

べきだ。


そうすることで、誰でも働くことができる

すばらしい職場になり、そのことが、真の

働き方改革だ。


そして、このような働き方改革は、社長が

自ら意識改革をして率先して臨まなければ

ならないとご指摘しておられました。


この鳥飼先生のご指摘は至極もっとではあ

りますが、言うは易く行うは難しというこ

とでもあると、私も思います。


とはいえ、渡邉幸義さんが社長を務めるア

イエフエスネットでは、ハンディキャップ

のある人や、マイノリティの人たちを積極

的に雇用しつつも、黒字の事業を続けてい

ます。


(ご参考→ https://goo.gl/At9gd3


この渡邉さんのような事業運営も難しいこ

とではありますが、これからは、このよう

なやさしくないことに挑むことにこそ、経

営者としての評価が高まる時代になってき

ていると私は考えています。


中小企業はなかなかよい人材が集まらない

と悩んでいる経営者の方は多いと思います

が、“カナリア”が安心して働くことがで

きる職場づくりを目指すことが、良い人材

の確保にもつながり、それは大企業との競

争力を縮めることにもなると私は考えてい

ます。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第455回を

配信しました。


今回も、青森PR居酒屋「りんごの花」の

女将の茂木真奈美さんにお越しいただき、

飲食店をお金をかけずに繁盛させるための

ノウハウについてお伺いしています。



ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/9E2gf8



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の1月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「スカイプ相談実施日」

1月9日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「融資に強くなる勉強会」

1月10日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/644Doa



「信用保証協会徹底活用セミナー」

1月15日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF



「スカイプ相談実施日」

1月23日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「経営入門セミナー」

1月26日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/Rn9XwC




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



自分はそもそもものぐさですが、そうは

いっても、ものぐさなひとを満足させる製

品はたくさん登場してきていると思ってい

ます。


最近では、すすぎが1回ですむ洗濯洗剤が

売られるようになり、私は重宝しています。


こちらは私は使っていませんが、お掃除ロ

ボットを重宝している人も多いですね。


そして、こちらは実現していませんが、か

つて、自宅で乾燥機付きの洗濯機を使って

いたときに、かみさんが、「これで洗濯物

も自動的にたたんでくれたらなぁ」などと、

ものすごいものぐさなことを言っていまし

た。


人の欲望というのは、切りがないものです

ね。








◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:01| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

[ビジネスのきづき](373)「上流工程と下流工程」

読者のみなさま、こんにちは。







先日、かみさんから、あるプログラムをイ

ンストールして欲しいと頼まれて、かみさ

んの使っているパソコンを開いたところ、

OSの更新やセキュリティソフトのバー

ジョンアップもしていなかったので、結局、

それらの更新から始めたら、当初、頼まれ

たプログラムのインストールが終わるまで

に1時間もかかってしまい、それだけで疲

労がたまってしまった六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●上流工程と下流工程

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



多くの中小企業では情報技術を採り入れた

いと考えていると思いますが、その多く

は、生産性向上・合理化、インターネット

による集客などだと思います。


これらも効果のある情報化武装ですが、

残念ながら、戦術レベルでの情報化でに留

まります。


情報化武装についての詳しい説明は割愛し

ますが、マクドナルド、ユニクロ、ニトリ

などのサプライチェーンは、全面的に情報

技術を採り入れている事業です。


また、ERP( Enterprise Resources

Planning , 経営資源計画)を導入してい

る会社も、情報技術を事業に全面的に採り

入れなければ、それを実現できません。


(ERPの詳細な説明は省略しますが、ひ

と・もの・かねの経営資源を適切に配分す

る計画をコンピューターで作成し、無駄の

ない事業運営を行うことです)


とはいえ、経営資源の少ない会社で、サプ

ライチェーンを構築したり、ERPを導入

することは容易ではありません。


(ただし、最近は数千万円でERPシステ

ムを導入できるようになってきたので、中

小企業であっても、必ずしも、ERPの実

施が不可能ということではないようです)


しかしながら、すでに売られているソフト

を、単に、そのまま取り入れるということ

だけでは、情報技術を十分に経営に活かし

ているともいえません。


では、どうすればよいかというと、戦略策

定の段階から、どのように情報戦略を活用

するかということを織り込むことが必要に

なります。


この、情報技術を織り込んだ戦略と、そう

でない戦略の違いは分かりにくいと思いま

すので、以前に多能工の例で紹介した、三

州製菓さんの例を示します。


(ご参考→ https://goo.gl/Cd1ZRP


この三州製菓さんでは、トレーサビリティ

(もともとの意味は、追跡可能性という意

味ですが、現在は、食品の加工・製造・流

通などの過程を明確にすることという意味

で使われています)に情報技術を採り入れ

ました。


同社では、以前から手作業でトレーサビリ

ティを行ってきましたが、情報技術の導入

によって、材料、仕掛品、製品にラベルを

貼って追跡を容易にするなどの合理化を

行っています。


これだけであれば単なる合理化に過ぎませ

んが、製造工程のデータを社員全員で共有

できるようになったことから、クレーム対

が、従来の5日間から1日間に短縮し、納

品先からの信頼性を向上させただけでな

く、社員の安全への取り組みの意識を向上

させることにつながっています。


さらには、将来は、顧客自身が商品に貼ら

れたコードから、直接、生産情報を確認で

きるようにすることを目指しています。


確かに、これらの効果は手作業を機械化し

たことで得られるものですが、信頼性向上

を目指すという戦略のもとで情報化を行っ

ている点で、単なる合理化とは異なるもの

となっています。


ところで、今回の記事の結論は、三州製菓

さんのような情報化武装をしましょうとい

うことではありません。


もちろん、三州製菓さんはお手本になる事

例ですが、情報化武装は、戦略ありきで導

入することの方が効果が大きいということ

が今回の記事の結論です。


では、なぜ、このようなことを指摘するか

というと、現在のシステム開発会社の多く

は、ユーザーに対して、単に、自社システ

ムの導入だけを提案する例が多いからで

す。


そのことが直ちに問題になるわけではない

のですが、いわゆるパッケージソフトの導

入では、それをどう活かすかという検討が

不十分なまま導入されてしまいがちになり

ます。


導入前に、自社はどのような戦略を採るべ

きか、そのためにはどのような情報化武装

が適切か、その情報化武装によってどのよ

うな効果が得られるのかという検討を経る

ことなしに、単に、パッケージソフトを採

り入れただけでは、それを十分に使いこな

せなかったり、期待していた効果が得られ

なかったりということが起きやすくなりま

す。


最悪の場合は、そのパッケージソフトを使

うことを止めるということに至ってしま

い、結果として投資を無駄にしてしまうと

いうことになります。


このような、情報化武装の前の、戦略の検

討といったプロセスは、情報化武装の上流

工程といいます。


これに対して、システム開発会社の選定、

システムの導入、システムの運用といった

工程を下流工程といいます。


(なお、システム開発会社でも、上流工程

と下流工程という言葉を使っていますが、

ここで示したことと別の意味で使っていま

すのでご注意下さい)


ところで、前述の、現在のシステム開発会

社の多くは、ユーザーに対して、単に、自

社システムの導入だけを提案しがちである

という理由は、上流工程を支援できる人材

が少ないという事情があります。


本来の情報化とは、上流工程が土台となっ

て、それに基づいて下流工程があるわけで

すから、下流工程だけの情報化を行って

も、十分な効果は得らないことは明らかで

す。


では、これに対しては、どのような対策を

採ればよいかというと、前述の三州製菓さ

までも行っていますが、ITコーディネー

タなどの外部専門家を活用することです。


(ちなみに、小職も、ITコーディネータ

であり、情報化武装のご支援を顧問先に対

して実施しています)


最後に、繰り返しになりますが、情報化武

装とは、単に、ソフトを導入するだけでは

十分ではないということをお伝えしたいと

思います。






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第454回を

配信しました。


今回も、青森PR居酒屋「りんごの花」の

女将の茂木真奈美さんにお越しいただき、

飲食店をお金をかけずに繁盛させるための

ノウハウについてお伺いしています。



ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/18XEeC




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の1月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「スカイプ相談実施日」

1月9日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「融資に強くなる勉強会」

1月10日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/644Doa



「信用保証協会徹底活用セミナー」

1月15日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF



「スカイプ相談実施日」

1月23日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「経営入門セミナー」

1月26日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/Rn9XwC




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



パソコンのソフトの更新は、私にとっても

面倒に感じます。


重大なバグを除き、スタンドアローンにし

ていれば更新しなくても済むと思うのです

が、インターネットは不可欠ですから、更

新はやむを得ないと思います。


問題なのは、更新をせずに放置して、ウィ

ルスに感染してしまうこと。


パソコンは便利なだけに、きちんとソフト

ウェアの更新をするといった、基本的な知

識は欠かせません。








◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:01| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする