2017年12月12日

[ビジネスのきづき](362)「ブランドの効果」

読者のみなさま、こんにちは。







先日、爪切りをしていて右手の親指を深爪

してしまい、まだ痛みが消えておらず、パ

ソコンの鍵盤を痛みをこらえながら叩いて

いる六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ブランドの効果

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



今回は、ブランドについて述べます。


ブランドは、多くの人が知っていますが、

それでは、具体的にはどういうものかとい

うことはなかなか説明できないものだと思

います。



ブランドと言えば、多くの方は「ブランド

品」などのブランドを思い浮かべるでしょ

う。


より具体的には、製品や製造者を区別する

ための名称、シンボル、デザインを指すも

のとして認識されていると思います。


このような理解の仕方は誤っている訳では

ありません。


しかし、事業を運営するにあたっては、ブ

ランドはもう少し広いものとして考える必

要があると思います。


米国のブランド研究者であるナップは、ブ

ランドを「顧客や生活者に認識された情緒

的・機能的ベネフィットがもたらす印象の

蓄積が、こころの眼の中でとんがった位置

づけを占めること」と定義しています。


この定義はやや抽象的であるため、簡単な

ものに言い換えると、「顧客が、ある製品

を優位なものとして記憶する手段」と言え

るでしょう。


要は、ブランドがついている製品は、その

ブランドを支持する人から、その製品を深

く調べることなく購入するということであ

り、購入する側からみても、購買行動が楽

になるということです。


ですから、ブランドを持っている会社は、

自社製品の販売が容易になったり、価格以

外の競争力が高まる、すなわち、高額でも

製品が購入されるようになります。


ただ、当然のことながら、一朝一夕にはそ

のようなブランドを作ることは難しく、ま

た、強いブランドを作るには多くの労力を

要します。


それでも、ブランドを作ることは、多くの

製品を販売するための方法としての効果が

大きいことから、多くの会社はブランドを

作ろうとしています。


ところで、中小企業白書平成17年版によ

ると、ブランド(ここでは、「自社が扱う

商品名、店舗名の標章や自社名そのものの

標章」と定義しています)を持っている中

小企業は、従業員数20人以下の会社では

約39%が、従業員数301人以上の会社

では約76%が持っているという調査が示

されています。


(ご参考→ https://goo.gl/Q3pHHs


意外と多くの会社がブランドを持っている

訳ですが、同白書では、「『知名度が増し

た』が64.5%と割合は高いが、具体的

成果としては『価格競争から回避できた』

が22.2%、『ブランドの有無に関わら

ず、自社商品の売上が増した』が21.7

%と低く、ブランド効果として経営パフォ

ーマンスの向上につながっているのは、お

おむね2〜3割程度である」と、売上に寄

与しているブランドは少ない実態が示され

ています。


その一方で、同白書では、ブランドを活用

している会社の事例が紹介されています。


その会社は、社名は伏せられていますが、

新潟県のベルモントと思われます。


( http://belmont.co.jp/ )


同社は「社名ブランドを冠した同社の製品

は、同業他社の製品に比べて明らかに高価

格であり、販売店もホームセンターのよう

な大衆向けの店ではなく、社長自らが選定

した販売店、あるいは直営店に限定してい

る。


ブランドの価値を維持するためには、拡販

のために安易な流通ルートを使うのではな

く、選択的に流通ルートを構築することが

重要だと考えた」結果、流通ルートを限定

することで、他者との差別化を図り、価格

を維持することに成功しているようです。


これは、いわゆる、ランチェスターの法則

の第1法則に基づく、弱者の戦略によるも

のです。


今回の記事の結論は、中小企業がブランド

戦略を採ることは効果があり、それは、単

に標章を作るだけに留まらず、標的を定め

た販売を行うことが必要であるということ

です。


現在は、製品は品質が良くて、かつ、安く

てあたりまえという状況にあるので、この

ブランド戦略で現状を打開するということ

は有効であると私は考えています。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第452回を

配信しました。


今回は、青森PR居酒屋「りんごの花」の

女将の茂木真奈美さんにお越しいただき、

飲食店をお金をかけずに繁盛させるための

ノウハウについてお伺いしています。



ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/Zj7XYn




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の12月〜1月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「スカイプ相談実施日」

12月19日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「新刊発売記念!中小企業経営者のための

経営入門セミナー」

12月22日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/sz9dNB



「融資に強くなる勉強会」

1月10日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/vqY1Sz



「信用保証協会徹底活用セミナー」

1月15日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私はものぐさで、あまり爪切りをしません。


とはいえ、週に1回は爪を切っているので

すが、爪切りの回数を減らしたいという思

いがあるからか、ぎりぎりまで爪を切って

しまうことが、深爪をしてしまう原因だと

思います。


似たような例として、食器用洗剤の残りが

少なくなって、詰替え用洗剤を注ぎ足すと

きに、なるべく次に詰替えするタイミング

が先になるようにと、ぎりぎりまで洗剤を

注ぎ、結局、洗剤をこぼしてしまうという

ことがよくあります。


ものぐさは結局時間や資源を無駄にすると

いうことです。反省します。(u_u)









◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:01| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする