2017年12月22日

[ビジネスのきづき](372)「社員の教育は社長の役割」

読者のみなさま、こんにちは。







先日、出版社の方から「来年は、また出版

してもらいたいので、早く企画書を送って

欲しい」との依頼がきて、オファーをあり

がたく感じるのに加えて、オファーに応じ

たらまた忙しさが頂点になる恐怖も感じて

いて、どうしようか迷っている六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●社員の教育は社長の役割

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



先日、イエローハットの創業者の鍵山秀三

郎さんのメールマガジンに、次のようなこ

とが書いてありました。


「平気で人を傷つけるような社員や、傲慢

な社員になってほしくありません。


会社でも家庭でも信頼され、そこにいるだ

けで雰囲気が和むというような社員が理想

です。


つまり、社員には、能力よりも思いやりの

心を磨いてほしいのです。


最終的には、思いやりのある社員が社会生

活を通じて『穏やかな社会』創りに貢献で

きればと願っています」


この鍵山さんの考えは、まったくその通り

であり、多くの経営者の方も、自社の社員

を鍵山さんのいうような社員に育てたいと

考えていることでしょう。


では、このような社員を育てるのは、誰の

役割かというと、結論としては、社長であ

ると私は考えています。


この結論については、「なんでも社長がや

らなければならないということであれば、

コンサルタントは要らないということにな

るので、そんなことをコンサルタントが指

摘するのはおかしいのではないか?」と考

える方もいるでしょう。


これについては、順を追って説明したいと

思います。


まず、なぜ、コンサルタントは社員の育成

の役割を担わないのかというと、その理由

のひとつは、一般的に、コンサルタントは

会社に常駐しないからです。


いわゆる、知識、スキルなどは、コンサル

タントが伝えることができますが、鍵山さ

んのいうような「思いやりのある社員」に

ついては、コンサルタントが心がまえなど

を伝える機会があっても、研修だけで身に

付けることができるものではありません。


もちろん、私が顧問先を訪問するときは、

顧問先の方たちの参考となるような動きを

しようとします。


とはいえ、私は顧問先の社員の方から見れ

ば、月に1度、多くても2度訪れる人でし

かありません。


ですから、社員の方を思いやりのある人に

するには、その会社に常にいる、経営者、

リーダーが、社員から見れば最も影響力が

大きく、そのような方が社員の育成の役割

を担うことが効果が大きい訳です。


そして、理由のふたつめは、コンサルタン

トは、良くも悪くも部外者であるというこ

とです。


本題からそれますが、仮に、コンサルタン

トが、顧問先の会社の一員になってしまう

と、適切なコンサルティングを行うことが

できなくなります。


話しをもどして、コンサルタントが部外者

であったとしても、顧問先の社員に対して

よい影響を与えることはできますが、よい

社風を作ったり、社員の人間性を高めたり

することは、やはり、会社の内部にいる経

営者やリーダーでなければできないことで

す。


とはいえ、ここまでの説明は頭では理解で

きても、社員の人間性形成には時間がか

かったり、大きな労力が必要になったりす

るということで、経営者としては、別の面

に労力を注ぎたいと考える方も多いと思い

ます。


しかし、ここでは、詳細な説明は割愛しま

すが、製品などでは他社との差別化する余

地はなくなってきており、社員の(広い意

味での)能力のよしあしでしか差別化でき

なくなっているということが現実だと、私

は考えています。


これを言い換えれば、経営者の腕の見せ所

は、社員の育成能力が大きな部分を占める

ということです。


今回の結論は、ちょっと厳しいものです

が、ライバルに勝つためには、経営者の社

員の育成が鍵ということです。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第454回を

配信しました。


今回も、青森PR居酒屋「りんごの花」の

女将の茂木真奈美さんにお越しいただき、

飲食店をお金をかけずに繁盛させるための

ノウハウについてお伺いしています。



ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/18XEeC




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の1月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「スカイプ相談実施日」

1月9日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「融資に強くなる勉強会」

1月10日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/644Doa



「信用保証協会徹底活用セミナー」

1月15日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF



「スカイプ相談実施日」

1月23日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「経営入門セミナー」

1月26日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/Rn9XwC




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



出版は、印税がもらえるといっても、本が

10万部以上売れなければ、執筆の労力が

割にあうとは言えません。


それでも、1万部でも売れれば、売れた方

と言われているので、あまりもうからない

仕事と言えるでしょう。(出版社の方、ご

めんなさい)


それでも、自分が書いた本は、自分の分身

でもあるので、本を通して自分の考え方が

多くの方に伝わるというのはとてもありが

たく思います。


正直、執筆するときは時間との闘いなので、

執筆が終わったときは、もう、本は書きた

くないという気分になるのですが、まだ、

多くの人に伝えたいことがあるので、来年

は、次の出版に挑戦したいと思います。










◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:12| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする