2018年01月31日

[ビジネスのきづき](412)「情報発信の目的」

読者のみなさま、こんにちは。






パソコンを買い替えた機会に、インター

ネットブラウザを、これまで使っていた

グーグルクロームからインターネットエク

スプローラーに変えてみた六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●情報発信の目的

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私はブログやメールマガジンなどで、情報

発信を続けているのですが、それは、経営

コンサルタントの一圓克彦さんの薦めが

あったからです。


一圓さんも、すでに3年間、情報発信を続

けています。


(ご参考→ https://goo.gl/UanqfK


そして、先日、機会があって、一圓さんの

ブログセミナーを聴いてきました。


ブログセミナーといえば、どのような書き

方をすればよいのか、どういう内容がよい

のかということをお話しすると思います。


もちろん、一圓さんはそれらのことをお話

しされましたが、それらの優先順位は2位

以下です。


いちばん大切なことは、前述の一圓さんの

ブログにも書いてありますが、「情報発信

の『目的=ゴール』を決めること」という

ことだそうです。


そして、「ゴールが明確だと、昨晩の私が

そうだったように、(『きょうくらいは、

さぼってもいいんじゃないの?』という悪

魔のささやきと戦うというような)多少の

苦労は厭わなくなる」そうです。


これは、目的と手段を取り違えるなという

ご指摘だと思います。


このことは多くの方が理解されると思いま

すが、コンサルタントとして私が関わって

来た人たちを見ると、残念ながら、目的と

手段を取り違えている人は少なくないよう

です。


その典型例は、「会社を設立したから(=

社長になったから)、事業がうまくいく」

という考えている人です。


冷静に考えれば、会社の設立はスタート地

点に立っただけのことであり、その後の事

業がうまくいくかどうかは、どのように事

業運営をするかにかかっているわけなので

すが、会社設立をゴールのように考えてし

まう人も珍しくありません。


会社設立は、事業に成功する手段のひとつ

にすぎず、会社設立を目的と取り違えてし

まえば、事業はうまくいくはずはありませ

ん。


情報発信も、見込み客を増やしたり、露出

を増やしたりといった目的がほかにあっ

て、その手段が情報発信です。


単純に「コンサルタントから情報発信をす

れば売上が増えると教えられた」というよ

うな、受け身で臨んでいれば、長続きもし

ないであろうし、よい情報発信もできない

でしょう。


一圓さんのいうように、目的を明確にして

いれば、能動的に情報発信に取り組むこと

ができるし、その情報発信の内容も、読む

側から見てよりよいものとなり、効果が高

くなっていくでしょう。


ところで、私がこのように述べるまでもな

く、「そんなこと、わかっている」と思う

方は多いと思います。


でも、一圓さんがあえてお話しするくらい

実践できている人は多くないようです。


そして、その原因はなにかということが、

今回の記事の結論です。


これは、私の分析ですが、目的と手段を取

り違える人は、意思決定することを避けて

いるのだと思います。


意思決定を避ける理由は、仮に事業がうま

くいかなかったとき、意思決定をした自分

に責任があるということになるからで、無

意識にその責任から逃れようとしているの

でしょう。


ある意味、自社の事業がうまくいかないと

きに、それが自分の責任でないとすれば、

それは気楽かもしれません。


でも、事業の結果に責任を持たなくてよい

経営者というのは、「楽」であっても、果

たして「楽しい」でしょうか?


なぜなら、自分が何をすればよいのかとい

うことは、他人にいちいち許可を求めなけ

ればなりません。


例えば、事業の運営にあたっては、コンサ

ルタントなどに何をすればよいか判断を求

めることになり、自分の意思を事業に反映

させることができません。


そして、事業が失敗したときも自分の責任

にはなりませんが、事業が成功したときも

自分の手柄にはなりません。


事業運営について経営者の方が、他者から

アイディアや助言をきくことに問題はない

し、むしろそうすることの方が望ましいわ

けですが、いったんそれを受け入れるので

あれば、その結果は、それを受け入れた経

営者の責任です。


そう考えれば、自分の意思決定の結果につ

いても、何としてでもよいものとしようと

懸命に取り組むでしょう。


情報発信が続かない人は、自分で自分のこ

とを決めていない人であると私は考えてい

ます。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第460回を

配信しました。


今回も、エグゼクティブコーチで、一般社

団法人全国コーチング普及協会代表理事の

田中直子さんにお越しいただき、田中さん

が昨年6月にご出版された「やりたいこと

を3年後にビジネスにするとっておきの秘

策」( http://amzn.to/2qkCft1 )から、ビ

ジネスを加速するためのアドバイスを頂き

ました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/ckTgxA


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/EvbSzWGxnU8

(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の2月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「融資に強くなる勉強会」

2月5日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/xLyV2D



「スカイプ相談実施日」

2月8日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「信用保証協会徹底活用セミナー」

2月14日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF



「スカイプ相談実施日」

2月22日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「経営入門セミナー」

2月23日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/ZjYxK9





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私はかつてはインターネットエクスプロー

ラーをずっと使っていましたが、速度が遅

いことがきっかけで、グーグルクロームを

使い始めました。


私は難しいことはしていないので、速度が

早ければ満足するので、特に、どのブラウ

ザに愛着があるというわけではありません。


そこで、インターネットエクスプローラー

が速くなったということをきいていたので、

また、インターネットエクスプローラーを

使ってみることにしました。


いまのところ、特に不満はありません。


やはり、ライバルがあると、お互いによい

サービスを提供しようという努力をするこ

とになるので、これからもマイクロソフト

とグーグルには切磋琢磨を続けてほしいで

す。











◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:05| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

[ビジネスのきづき](411)「出されなかった手紙」

読者のみなさま、こんにちは。







先週の、関東地方で雪が降った翌日、大学

へ向かう長女を最寄駅に送って行ったとこ

ろ、ダイヤが乱れていたにもかかわらず、

遅れて運転していた電車が、ちょうど駅に

着いたので、自分の運の強さを実感した六

角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●出されなかった手紙

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



米国の作家のカーネギーの著書「人を動か

す」( http://amzn.to/2FmjtnH )を読みま

した。


カーネギーはベストセラー作家として有名

ですので、この本を読んだ人は多いと思い

ますが、その本の中に、リーダーシップに

ついて考えさせられるお話しが書いてあっ

たので、ご紹介したいと思います。


それは、カーネギーが10年間研究をして

その成果を著書にもしている、第16代米

国大統領のリンカーンに関することです。


南北戦争の激戦となった、ゲティスバーグ

の戦いのとき、南軍のリー将軍は、嵐の中

で敗走を始めました。


しかし、その途上で、増水していたポト

マック川があり、リー将軍は、そこで足止

めせざるを得ませんでした。


そこで、リンカーンは作戦会議を開くこと

を省いて直ちに攻撃命令を出し、それを電

報と特使を使って、北軍を指揮するミード

将軍に伝えました。


しかし、ミード将軍はリンカーンの意図に

反して作戦会議を招集し、かつ、言い訳を

並べて、いつまでもリンカーンの命令を実

行に移しませんでした。


その結果、やがてポトマック川の水位は下

がり、リー将軍は逃走してしまいました。


これは、単に北軍が勝てる機会を逃しただ

けでなく、リー将軍をとらえて戦争を終結

させようとするリンカーンの思いも実現で

きなくなったことを意味します。


これに対して、普段から節度を保っている

リンカーンも、大きな失望をし、ミード将

軍あてに、「あなたにもう期待はしない。

絶好のチャンスを失った。私の苦悩は図り

しれない」という手紙を書きました。


しかし、この手紙はミード将軍へは届けら

れなかったようです。


というのは、この手紙はリンカーンの死後

に、遺品の中から見つかったそうです。


これについて、カーネギーは、次のように

リンカーンの心を推し量っています。


すなわち、ミード将軍の立場とすれば、毎

日、血を流している部下を見ていて、これ

以上、流血することは避けたいと考えてい

たのだろう。


さらに、リンカーンの手紙をミード将軍が

読めば、単にリンカーンのことを恨むだけ

だろう、このようにリンカーンは考えて、

ミード将軍への手紙を書いただけで、出す

ことはしなかったというものです。


このリンカーンのお話しは、批判はだれで

もできることであり、愚かな行為だ。


そして、批判することによって、その相手

から恨まれ、自分の成し遂げようとするこ

との障害になることもある。


一方、賢明で偉大な人は、批判をせずに相

手を理解し、人から恨まれないようにする

結果、偉大なことも成し遂げることができ

るようになるということを、カーネギーが

伝えたいと考えて取り上げたようです。


このカーネギーの考えは、まったくその通

りだと思いますが、さらに、私は、リー

ダーがどうあるべきかを考えるよい事例に

なっていると思います。


ここで、ひとつお断りさせていただくと、

ミード将軍がリンカーンの命令に従わな

かったことが正しかったかどうかというこ

とについては、ここでは論じることができ

ないという前提でお話を進めます。


この分野は、私は責任をもってお話しする

ことができませんが、ミード将軍がリン

カーンの指示に従っていれば戦争が早く終

結できたと考えることもできるし、逆に、

ミード将軍がリンカーンに従わなかったこ

とで、北軍の被害を少なくすることができ

たと考えることもできます。


要は、何が正しいかということは、何を基

準にするかによって変わるということで

す。


話を戻して、リーダーの命令は絶対という

タイプのリーダーシップもあるし、また、

可能な限り現場に権限を委譲するというタ

イプのリーダーシップもあります。


そして、そのどれが適しているかというこ

とは、組織の構成員の能力によります。


構成員の能力が低い場合は、前者のような

リーダーシップが適しているし、その逆の

場合は後者のようなリーダーシップが適し

ています。


では、目指すべき組織の状態とリーダー

シップはどういうものかというと、組織の

構成員の能力が高く、そして、権限ができ

るだけ現場に委譲されている状態でしょ

う。


これを別な言い方をすると、多くのことに

ついてリーダーの指示通りに動いている組

織というのは、一見、統率が取れているよ

うで、ある意味、リーダーの単独の考えで

動いているということです。


逆に、現場がリーダーに必ずしも従わない

組織というのは、その現場の判断が正しい

かどうかはさておき、組織全体で活動して

いる組織といえるでしょう。


そして、そのような組織のリーダーは、前

述のリンカーンのように、現場からの反発

によって苦しむこともありますが、ある意

味、それは、優れた組織の一面でもあると

私は考えています。


そして、そのような組織のリーダーは、単

に命令を出せばよいという単純な役割を担

えばよいというわけにはいきません。


能力の高い組織は、それだけリーダーの能

力も資質も高いものを求められるというこ

とが今回の結論です。


繰り返しになりますが、部下は社長の指示

に従いさえすればよいという考えの社長の

経営している会社は、組織としての成果は

あまり大きくない状態だといえるでしょ

う。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第460回を

配信しました。


今回も、エグゼクティブコーチで、一般社

団法人全国コーチング普及協会代表理事の

田中直子さんにお越しいただき、田中さん

が昨年6月にご出版された「やりたいこと

を3年後にビジネスにするとっておきの秘

策」( http://amzn.to/2qkCft1 )から、ビ

ジネスを加速するためのアドバイスを頂き

ました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/ckTgxA


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/EvbSzWGxnU8

(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の2月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「融資に強くなる勉強会」

2月5日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/xLyV2D



「スカイプ相談実施日」

2月8日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「信用保証協会徹底活用セミナー」

2月14日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF



「スカイプ相談実施日」

2月22日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「経営入門セミナー」

2月23日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/ZjYxK9





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



長女を送った駅は、宇都宮市と日光市をつ

なぐローカル線の日光線の鹿沼駅です。


その日は、電車は一部しか開通しておらず、

宇都宮駅から2駅目の鹿沼駅との間だけを

電車が走っていました。


ちょうど、長女が鹿沼駅に着いたときに、

宇都宮駅から走ってきて、折り返して再び

宇都宮駅へ向けて出発する電車が到着し、

幸いにもその電車に乗ることができたので

すが、鹿沼駅で降りてきた乗客の中には、

多くの外国人観光客の人たちがいました。


その人たちは、鹿沼駅から日光駅へ向かう

振替バスに乗って日光方面へ向かって行き

ました。


日本人なら、「なんで、こんなときに日光

へ?」と思うかもしれませんが、海外から

来た人にとっては、お天気が悪くても、帰

国の日程は決められているのでしょうから、

行くことができるのであれば、雪が残って

いても観光することにしたのだと思います。


でも、それはそれで、雪の中の日光観光も

思い出になるかもしれません。(#^.^#)









◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:02| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

[ビジネスのきづき](410)「社長は誰にも怒られない」

読者のみなさま、こんにちは。







最近、ようやく早起きの習慣ができるよう

になってきて、心にちょっと余裕が出てき

た六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●社長は誰にも怒られない

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「社長は誰にも怒られない」と書くと、

「それじゃ、コンサルタントに怒ってもら

えということか」という結論がすぐにお分

かりになると思います。


今回の記事の結論は、確かにその通りなの

ですが、コンサルタントの役割という観点

から述べたいと思います。


ところで、コンサルタントの役割とはどう

いうことが考えられるでしょうか?


これには定義があるわけではないので、正

解というものはないのですが、多くの方

は、どうすれば事業がうまく行くかという

方法を考えて、それを顧問先に助言すると

いう役割を思い浮かべるでしょう。


私もかつてはこのように考えていたのです

が、実際にコンサルタントになってみてか

らは、この役割の比重はあまり高くないと

いうことに気づきました。


では、どういった役割が求められているの

かというと、なかなか社長がひとりでは気

づかないことを、部外者の立場から指摘す

るということと、社長の仕事が遅れないよ

う動機づけを行うということです。


よく、経営者は孤独と言われていますが、

それは、何らかの決断をすることが役割の

人にとっては避けられないものです。


それでも、コンサルタントのような立場に

ある人は、より客観的な観点からの助言を

行い、経営者の意思決定を支援することが

できます。


また、どのような人でも意思決定は独り善

がりになりがちですが、それを避けるため

にも、部外者であるコンサルタントの支援

が役立ちます。


要は、コンサルタントは「答えを教える」

ということよりも、顧問先の経営者との関

わりの中で、「あるべき方向に向いてもら

う」よう働きかける役割(この中には、上

から目線で恐縮ですが、「経営者を怒る」

ということも含まれるでしょう)の方が大

きいということです。


と、ここまで特に真新しいことではないこ

とを書きましたが、実は、このことは、私

自身が他者からコンサルティングを受ける

中で実感してきたことです。


もし、私がコンサルティングを受けていな

ければ、意思の弱い自分はもっと仕事が遅

くなったであろうし、ひとりで考えた結論

よりも、他者からの目線でも検討した、よ

りよい結論を導き出せなかったかもしれま

せん。


そして、その私が受けているコンサルティ

ングとは、日報コンサルティングです。


(ご参考→ https://goo.gl/XVUhr2


そして、この日報コンサルティングを広め

ているメンバーのひとりである一圓克彦さ

んが、先日配信された、一圓さんのポッド

キャスト番組で、次のようにお話しされて

おられました。


(ご参考→ https://goo.gl/pbm8db


すなわち、「経営者のことを怒る人はだれ

もいない。


だから、ついつい仕事を先延ばしにしてし

まいがちだ。


そこで、毎日、経営者に日報を書いてもら

い、『日報コンサルタント』がその日報に

励ましの言葉や助言などを書いて送り返す

ことで、経営者が意識を変えるように働き

かけていく。


そうすると、わずかな変化でも、それを毎

日積み重ねていくことによって、やがて大

きな変化となり、それが業績向上という結

果となって現れる」というものです。


冒頭にも述べましたが、改めて今回の結論

を書くと、日報コンサルティングの事例か

らも分かる通り、経営者も生身の人間であ

ることから、常に正しい判断を行ったり、

当初の意思を貫き通したりすることは難し

いので、経営コンサルタントなどの外部の

力を借りることが賢明ということです。


ちなみに、日報コンサルティングにご関心

があるという方は、こちらからお問い合わ

せいただければと思います。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第460回を

配信しました。


今回も、エグゼクティブコーチで、一般社

団法人全国コーチング普及協会代表理事の

田中直子さんにお越しいただき、田中さん

が昨年6月にご出版された「やりたいこと

を3年後にビジネスにするとっておきの秘

策」( http://amzn.to/2qkCft1 )から、ビ

ジネスを加速するためのアドバイスを頂き

ました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/ckTgxA


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/EvbSzWGxnU8

(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の2月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「融資に強くなる勉強会」

2月5日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/xLyV2D



「スカイプ相談実施日」

2月8日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「信用保証協会徹底活用セミナー」

2月14日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF



「スカイプ相談実施日」

2月22日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「経営入門セミナー」

2月23日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/ZjYxK9





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



早起きは出来るようになったことは自慢す

るようなことではありませんが、要は、ど

れくらい意思が固いかということに尽きる

と思います。


すなわち、前の晩に早く寝ればいいだけで

す。


この早寝をするためには、起きている時間

の仕事を効率よくこなすこと、そして、そ

のためには早起きすること、というように

よい循環をつくることなのですが、頭では

分かっていてなかなかいままでできません

でした。


それでも、最近は、もうすぐ立春というこ

ともあり、日の出の時刻も早くなってきて、

起きやすくなってきました。


これを機会に早起きを定着させたいと思い

ます。









◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:02| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする