2018年01月10日

[ビジネスのきづき](391)「過去しか見ない銀行への対策」

読者のみなさま、こんにちは。







すでに新年を迎えて10日が経ち、このま

まだと、今年も仕事に追われるままでお終

いになってしまいそうな不安に襲われた六

角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●過去しか見ない銀行への対策

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



融資を受けることに苦心している会社経営

者の方からは、よく、「銀行は過去のこと

ばかり見ていて、将来のことは評価してく

れない」という不満を耳にします。


これは、正しい考え方であると、私も思っ

ています。


なぜなら、融資は融資する相手の会社の将

来のために行うものであり、したがって、

融資の審査は、融資する相手の将来の状況

がどうであるかということを対象に行うも

のであるからです。


過去の業績がよい会社が、将来もよいまま

であるとは限らないし、逆に、過去の業績

が悪い会社が、将来も悪いままであるとは

限りません。


しかし、融資審査の最大の難点は、融資を

する相手の将来は、100%正確に予測す

ることができないということです。


そこで、結果的に、事実として変わること

のない過去のデータが有力なものとなって

しまいます。


そうは言っても、過去にとらわれ過ぎるこ

とは問題であり、過去のデータしか見るこ

とができないとはいえ、いかに正確に将来

を予測できるかどうかというところが、銀

行の能力の問われるところです。


ところで、融資を受ける側が、銀行が過去

しか見ないと批判する場合、それは、融資

申込をした会社のこれまでの業績がよくな

く、将来は挽回する自信があるにもかかわ

らず、融資を断られたときに限られている

でしょう。


そのことは、銀行から見ても、避けなけれ

ばならないことなのですが、逆に、過去の

業績がよい会社に、引き続き融資をしたも

のの、その会社の業績が悪化し、融資が回

収できなくなることも、銀行は避けたいと

考えているということです。


すなわち、銀行が、融資をする相手の将来

を正確に予測しなければならない理由は、

業績がよくなる会社に融資をして収益機会

を逃さないようにすることと、業績が悪く

なる会社への融資を回避して損失機会を避

けるようにすることの、2つの目的がある

ということです。


要は、仮に、銀行が融資をする相手の将来

を見通す能力が高まったとして、その結

果、かつては融資を断った相手に融資をす

る判断をする場合もあるし、かつては融資

に応じた相手に融資を断る場合もあるとい

うことです。


これは、銀行の収益に大きく響くことであ

り、融資先の将来を予測する能力が低い

(または、予測することができず、融資に

消極的である)銀行は、収益を得る能力が

低く、早晩、淘汰されるということです。


ですから、もし、銀行が自社に融資をしな

かったときに、その判断が誤っていると考

える場合は、今後、そのような銀行と取引

することを避ければよいわけです。


ただ、これは、今回の記事の結論ではあり

ません。


ここまで説明してきた通り、融資を申し込

んだ側が求めるまでもなく、銀行自身も自

らの収益のために、融資審査においては、

将来の業況を正確に予測しようと努めてい

ます。


ですから、融資の申込のときにするべきこ

とは、将来を正確に予測して欲しいという

要望を出すことよりも、将来を正確に予測

できるための資料の提供や、事実の積み上

げをしておくことの方が大切だということ

です。


それでは、具体的にどのような資料を提供

すればよいのかということについては、別

の機会に説明したいと思いますが、例え

ば、毎月作成する月次決算書も有力な資料

のひとつです。


また、毎月、銀行に対して業況を説明して

おくだけでも、いざというときに、過去の

説明が融資を前向きに検討する材料になり

ます。


このようなことをしても、融資に前向きに

ならない銀行は、前述のように淘汰される

銀行ですから、早めに取引を解消すべきで

しょう。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第457回を

配信しました。


今回は、エグゼクティブコーチで、一般社

団法人全国コーチング普及協会代表理事の

田中直子さんにお越しいただき、田中さん

が昨年6月にご出版された「やりたいこと

を3年後にビジネスにするとっておきの秘

策」( http://amzn.to/2qkCft1 )から、ビ

ジネスを加速するためのアドバイスを頂き

ました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/Frb5n3


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/g1UI7Jve-2k

(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の1月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「融資に強くなる勉強会」

1月10日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/644Doa



「信用保証協会徹底活用セミナー」

1月15日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF



「スカイプ相談実施日」

1月23日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「経営入門セミナー」

1月26日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/Rn9XwC




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



毎年のことながら、やり残しのないように

しようと思いつつ、計画より実行には時間

がかかり、なかなか思うようには進みませ

ん。


これは、短時間に仕事を終わらせるスキル

も求められますが、時間管理がどれだけ上

手にできるかということに尽きます。


まずは、ことしは確定申告を2月に終わら

せることから始めて、それをきっかけに、

どんどん仕事を前倒ししていきたいと思い

ます。








◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:02| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする