2018年01月12日

[ビジネスのきづき](393)「資金繰表の作り方」

読者のみなさま、こんにちは。







最近、かみさんが、Amazonプライム

会員の特典を利用して、昔、放送されたテ

レビドラマを夢中になっているところを見

て、「Amazonプライム会員になって

よかった」と思っている六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●資金繰表の作り方

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



銀行との融資交渉の説得力を高めるには、

きちんとした資料を提出することが基本に

なります。


その中で、いちばん必要とされるものは、

資金繰(予定)表です。


資金繰(予定)表を提出すれば、ほかには

資料を提出する必要がなくなるわけではあ

りませんが、融資申込を受けた銀行職員が

いちばん確認したいところは、今後のお金

の流れです。


これを、口頭だけで説明されると、銀行職

員が融資稟議書を作成するまでに時間を要

してしまいますが、資金繰(予定)表を作

成して提出してもらえるだけでも、融資稟

議書の作成の負担が減ります。


ところが、融資申込をする側も、この資金

繰(予定)表の作成は負担のようです。


なぜなら、過去の月次試算表などは、日常

行っている経理の仕訳データを基に、会計

ソフトが自動的に作成してくれますが、未

来に向けた資金繰(予定)表は、それを作

成するためだけに、入出金の予定のデータ

を集めなければならないからです。


(資金繰表は、過去の資金の移動を示すも

のと、将来の資金の移動の見込みを示すも

の(資金繰予定表)がありますが、以下、

この記事では、単に資金繰表と記述した場

合、資金繰予定表のことを指すものとしま

す)


もうひとつは、これは単純な理由なのです

が、経営者の方や、経理担当者の方が、な

ぜ、資金繰表を作成する目的を理解してい

ないということです。


別の言い方をすると、経営者の方は「今月

の支払日にお金が足りなくなる」という大

まかなことはわかっているものの、なぜ不

足するのかというまでは分かっていないと

いうことです。


もちろん、資金繰表だけでお金が不足する

理由が判明するわけではないのですが、ど

のタイミングで、何の支払のために、いく

らくらの金額が不足し、その資金不足はど

のタイミングで解消できる見込みなのかと

いうことが資金繰表で把握できます。


銀行は、これらの情報があるだけでも融資

の判断が容易になります。


資金繰表を作る側も、その作る目的がわ

かっていれば、作成のための作業が容易に

なるでしょう。


次に、具体的な作成方法の概略を示しま

す。


まず、翌月1か月間の、収入と支出の見

込みについて、凡その金額ですべて書き

出します。


それを、次のような分類に分けます。


(1)売上収入


現金売上・売掛金回収・受取手形決済な

ど。


掛売上や手形売上は含みません。



(2)仕入支出


現金仕入・買掛金支払・支払手形決済な

ど。


掛仕入や手形仕入は含みません。


(3)人件費支出


給与支払・源泉徴収税納付・社会保険料

納付・福利厚生費支払など。


給与から控除する社会保険料などは、給

与支払日ではなく、それらを納付した日

付で支出を計上します。


(4)その他の経費


家賃・水道光熱費・旅費交通費、雑費な

ど。


費用を計上した日ではなく、実際に口座

から引かれた日で計上します。


(5)融資返済等


融資の返済元金、支払利息など。



そして、これらの分類ごとに、日付、支

払相手、金額を表にして記載します。


次に、分類ごとに金額の合計額を記載し

ます。


最後に、月初日の現金預金残高+(1)

の合計額ー((2)の合計額+(3)の

合計額+(4)の合計額+(5)の合計

額)を計算し、それを翌月繰越額として

記載します。


(翌月繰越額はマイナスになることもあ

りますが、いったんそのままで記載しま

す)


これを、翌々月、翌々々月と、6か月分

程度作成します。


これを作成しただけでも、融資申込のと

きに銀行から受ける質問は大幅に減少し

ます。


ご参考までに、資金繰表のサンプルをご

覧になりたい方は、こちらからダウン

ロードしてください。

https://goo.gl/6ZhuNE





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第457回を

配信しました。


今回は、エグゼクティブコーチで、一般社

団法人全国コーチング普及協会代表理事の

田中直子さんにお越しいただき、田中さん

が昨年6月にご出版された「やりたいこと

を3年後にビジネスにするとっておきの秘

策」( http://amzn.to/2qkCft1 )から、ビ

ジネスを加速するためのアドバイスを頂き

ました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/Frb5n3


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/g1UI7Jve-2k

(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の1月〜2月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「信用保証協会徹底活用セミナー」

1月15日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF



「スカイプ相談実施日」

1月23日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「経営入門セミナー」

1月26日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/Rn9XwC



「融資に強くなる勉強会」

2月5日(木)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/xLyV2D





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



Amazonプライムの特典の映像コンテ

ンツは、kindleを使わないと視るこ

とができないのかと思っていたのですが、

かみさんはどこからかききつけてきて、プ

レイステーションをテレビにつなげれば視

ることができるということがわかり、さっ

そくログインして、こたつでずっと懐かし

い番組を視ていました。


かつては、昔のテレビドラマは、レンタル

DVDを借りてきて視ていましたが、いま

は定額制で好きな番組を視ることができる

ようになったのも、情報技術の発展のおか

げといいうことを実感します。


それにしても、本の通信販売をする会社で

あったAmazonは、いろいろと事業の

垂直的多角化を図っていますね。


次の本のネタにしたいと思います。










◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:07| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする