2018年02月09日

[ビジネスのきづき](421)「融資対策を行う理由」

読者のみなさま、こんにちは。






先日、小売業向けに生鮮食品を卸している

お店に行く機会があり、そこでマグロの中

トロを安く買うことができたので、家で海

鮮丼をたくさん食べてとても幸せな気持ち

になった六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●融資対策を行う理由

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私のところには融資申し込みの仕方につい

てご相談に来る方がたくさんいらっしゃる

のですが、基本的には、銀行を意識する必

要はないということをこれまで述べてきま

した。


なぜかといえば、事業を黒字にしていれ

ば、銀行はまず融資を断ることはありませ

ん。


したがって、事業を黒字にすれば、融資を

してもらうための対策に注力する必要はな

くなります。


これに対して、「事業はそれほど簡単に黒

字にすることができないから、銀行に融資

をしてもらうための対策が必要になる」と

お考えの方も多いと思います。


それはその通りです。


事業が赤字の会社は、事業が黒字の会社と

比較して、ある程度しっかりした説明をし

なければならないので、そのためのノウハ

ウなどは必要です。


でも、これは私の経験から感じることなの

ですが、融資を受けるためにいろいろと注

力する会社ほど、事業を黒字にしようとす

る努力については、あまり熱心でないとい

う印象を持っています。


会社に手元資金があれば、材料や商品を購

入したり、従業員へ給与を支払ったりする

ことができるので、融資を受けることに

よって事業を継続することはできます。


でも、融資を受け続けるためには、利益を

得なければなりません。


利益を得られない会社は、遠くない将来、

すべての資産をもって負債を返済できない

状態、すなわち、債務超過になる恐れがあ

るからです。


でも、赤字の会社が融資を受けたとき、そ

のことだけで、経営者の方が安心してしま

い、また、融資を受けることができるよう

に、事業を黒字にすることまでは思いが至

らないということが多いように感じます。


よく、「黒字倒産ということが起きるのだ

から、まずは、手元に現金があるかどうか

に注意することが大切だ」と言われます。


それはその通りなのですが、資金不足にな

らないようにしなければならないという目

標は短期的なもので、長期的には黒字を目

指さなければ、短期的な目標である資金流

入超過を果たすことはできません。


融資が受けられるかどうかを気にかけてい

る経営者の方は、目先の資金のことだけを

気にかけていて、長期的なことには関心が

薄いと考えられます。


では、なぜ、利益を得ることに関心が薄い

のかというと、その最大の要因は、経営者

の本来の役割である、利益を得るという課

題から目を背けているのではないかと私は

考えています。


利益を得る活動の相手は顧客です。


この、顧客を相手とする活動は、経営者に

とっては最も難しい活動だと思います。


厳しい書き方をしますと、会社の事業が赤

字という状況は、その事業が顧客から支持

されていないとも言えます。


事業が顧客から支持されない原因は、従業

員でも、仕入先でも、銀行でも、株主でも

なく、経営者の責任です。


ここまで遠回りとなりましたが、私には融

資対策に関心の大きい経営者は、経営者の

本来の役割である顧客に向き合う活動に背

中を向けている状態であると感じられると

いうことが、今回の結論です。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第461回を

配信しました。


今回も、エグゼクティブコーチで、一般社

団法人全国コーチング普及協会代表理事の

田中直子さんにお越しいただき、田中さん

が昨年6月にご出版された「やりたいこと

を3年後にビジネスにするとっておきの秘

策」( http://amzn.to/2qkCft1 )から、ビ

ジネスを加速するためのアドバイスを頂き

ました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/ckTgxA


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/NpKol4u20cA

(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の2月〜3月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「信用保証協会徹底活用セミナー」

2月14日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF



「スカイプ相談実施日」

2月22日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「経営入門セミナー」

2月23日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/ZjYxK9



「融資に強くなる勉強会」

3月5日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/Nh7EnU




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私は仕事で外出する機会が多く、その時の

昼食は磯丸水産さんなどで海鮮丼を食べた

りします。


海鮮丼を食べるだけでも幸せになるのです

が、自分で買ってきた中トロを分厚く切っ

ていただいたら、さらに大きな幸せを感じ

ました。


このようなことは、何年かに1度しかでき

ませんが、やっぱり海鮮をおいしく食べら

れる日本に生まれてよかったと実感しまし

た。(というよりも、単に食い意地が張っ

ているだけですが…(^-^;)







◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:05| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする