2018年02月26日

[ビジネスのきづき](438)「貸借対照表は連続している」

読者のみなさま、こんにちは。






先日、衝動的にお肉を食べたくなり、たま

たま通りかかったしゃぶしゃぶのお店に

入ったら、こんどはお肉を食べすぎて、

「もう、お肉は食べたくない」と、ものす

ごくわがままなことを思ってしまった、六

角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3万部)のビジネス

書作家として、ビジネスを加速させるため

のきづきを、3分間で読めるメールマガジ

ンにしてお届けします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●貸借対照表は連続している

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




簿記を習った人には常識なのですが、貸借

対照表は連続しているということは、意外

と知られていないようです。


ここで、わざわざ、「貸借対照表が連続し

ている」と述べているということは、損益

計算書は連続していないということでもあ

ります。


損益計算書は、会計期間の最初の日に、前

期の数値は引き継がずに、すべての科目の

残高が0になり、その日から改めて、収益

と費用の科目の金額が会計期間の末日まで

積み上げられて行きます。


そこで、損益計算書には、欄外に「自●●

年●●月●●日〜至〇〇年〇〇月〇〇日」

と、それぞれの科目の積み上げられた期間

が示されています。


そして、決算日には、収益の科目の金額の

合計額と、費用の科目の合計額の差額が計

算され、それが次期繰越金として、貸借対

照表の純資産の部に加えられます。


(その会計期間が赤字の時は、次期繰越金

がマイナスになり、その分が、純資産の部

から減額されます)


一方、貸借対照表は、会計期間の最初の日

に、すべての科目が、前期の数値を引き継

ぎます。


そして、すべての科目に、会計期間中の増

加や減少が反映されたものが、決算日にそ

の期の貸借対照表となります。


貸借対照表の数字は、期間中の増減が反映

されているとはいえ、決算日時点の会社の

資産などの状態を表しているため、欄外に

は、「〇〇年〇〇月〇〇日」と、決算日の

日付「のみ」が示されるところが、損益計

算書と対照的です。


ここまでの説明は、会社のもうけは、毎期

数値がリセットされる損益計算書で計算さ

れ、そのもうけは、前期の数値を引き継ぐ

貸借対照表に加えられるということの説明

でした。


すなわち、貸借対照表が示す会社の資産

は、毎期毎期大きくなっていくということ

です。

(会社が赤字の場合は、貸借対照表は、逆

に小さくなります)


ここで、やっと本題に入ります。


私が銀行で働いていたときに、融資先から

決算書をいただいたときに、最初に確認す

ることは、前回いただいた決算書と、今回

いただいた決算書が連続しているかという

ことです。


正確さを犠牲にして、分かりやすく書け

ば、損益計算書の今期の利益を、前期の純

資産の部に加えた金額が、今期の純資産の

部の金額になっているかということを確認

します。


これは、前述の説明から見れば、そうなる

ことは当たり前なのですが、金額が合わな

い決算書を何度か見ることがありました。


そのような決算書を見た時は、会社の方に

その旨をお伝えして、正しいものを提出す

るようにお願いします。


また、金額が合わない決算書をその場で気

づかずに、後になって気づくと、上司に叱

られてしまいます。


ちなみに、なぜ金額が合わない決算書が作

成されるのかというと、それは、粉飾をし

ているからです。


具体的には、繰越損失(繰越利益がマイナ

スになっている状態)のある会社が、その

繰越損失を減らし、その分、何らかの実態

のない資産を増やします。


ただ、ここで、どうして銀行に分かってし

まうような粉飾が行われるのだろうとお考

えになる方が多いと思います。


これは、私は直接確かめたことはないので

すが、複数の方から聞いた話を総合する

と、税理士の方が顧問先の社長に詳しいこ

とは知らせずに、銀行から融資を受けやす

い決算書にしようとして、繰越損失を減ら

すという、よくない「気遣い」をしている

ということのようです。


このようなことをする税理士の方は極一部

だと私は考えていますが、この程度の粉飾

では銀行にはわからないだろうと考えてい

る方もいらっしゃるようです。


誰がなぜ連続しない貸借対照表を作るのか

ということはさておき、経営者の方は、ぜ

ひ、いちど自社の貸借対照表が連続してい

るということを確かめてみることをお薦め

します。


このような確認をすることは、会計に関心

を持つためのひとつのきっかけになると私

は考えています。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第464回を

配信しました。


今回は、中小企業診断士の神谷俊彦さんに

お越しいただき、神谷さんが1月にご出版

された、「生産管理の実務と問題解決徹底

ガイド」( http://amzn.to/2nfDl5g )から、

上手な生産管理のノウハウについてお伺い

しました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/iUVMDt


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/Yjq0rJIqxjg

(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の3月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「融資に強くなる勉強会」

3月5日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/Nh7EnU



「スカイプ相談実施日」

3月8日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「信用保証協会徹底活用セミナー」

3月14日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF



「スカイプ相談実施日」

3月22日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「経営入門セミナー」

3月23日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/hikyHE



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が大学生のころは、何度かわんこそばを

食べたことがあります。


最高で100杯のおそばを食べましたが、

さすがにそばがすきな私でも、その後、一

週間はそばを食べられませんでした。


冒頭でしゃぶしゃぶを食べたと書きました

が、4皿程度で満腹になりました。


昔と違って、本当に食べられる量が減りま

した。


これからは、欲張らずに、腹八分目を心が

けたいと思います。








◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:02| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする