2018年03月22日

[ビジネスのきづき](462)「融資審査は手続きではない」

読者のみなさま、こんにちは。






先日、東武鉄道の駅の売店で、同社の特急

電車のデザインのペットボトルのお茶が売

られていたので、衝動的に買ってしまった

六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.2万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●融資審査は手続きではない

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私は、士業の方からもよく融資のご相談を

受けるのですが、特に法律系の士業の方か

らは、「顧問先からご相談を受けたのだ

が、どこがどうなれば融資を受けられるよ

うになるのか」というご質問を受けます。


これだけですと、何を質問されているのか

よく分からないと思いますが、要は、融資

審査を行政手続きなどと同様に、どう要件

が満たされれば承認されるのかということ

を教えて欲しいというご質問のようです。


これに対して、私は、融資審査において、

要件が満たされるかどうかということは、

融資審査のほんの一部にすぎず、大部分は

実際の業況を見て判断している、と回答し

ます。


とはいえ、融資にも、要件を満たすだけで

承認されるものがあります。


その代表例は、住宅ローンなどの、非事業

者向けの融資です。


住宅ローンは、利用しようとする方の源泉

徴収票などから給与収入を確認し、それか

ら返済能力の有無を判断します。


給与所得を得ている人、すなわち、いわゆ

るサラリーマンの方は、所得額が源泉徴収

票などでほぼガラス張りであり、給与所得

額から算出される返済能力も、明確になり

ます。


そこで、ほぼ給与所得から機械的に返済可

能かどうかが判断されます。


(ただし、住宅ローンでは、返済の確実性

のほかに、融資対象物件、すなわち、住宅

やその敷地については、別途、取得価額と

実勢相場に乖離がないか、また不動産に瑕

疵がないかということも審査します)


ただし、住宅ローンの利用者の方が、オー

ナー企業の経営者の方の場合は、その経営

者の源泉徴収票だけでなく、その会社の業

況を判断し、住宅ローンの審査が行われま

す。


つまり、オーナー企業の経営者の方への住

宅ローンの審査は、結果として、その方の

経営する会社への融資と同じ融資審査が行

われることになります。


話を戻して、数字から機械的に返済能力が

計算できるのであれば、どの要件を満たせ

ば融資審査が通るのかということが言える

のですが、事業者向けの融資の審査を行う

ときの主要な資料となる決算書は、別の記

事で私が述べているとおり、必ずしも会社

の実態を正確に反映していないため、事業

に対する融資については、要件を満たして

いるかどうかだけでは判断できません。


ここまで説明してきたことは、特に難しい

ことではないのですが、冒頭に述べたよう

な方が、思い違いをしてしまう原因として

考えられることは、会計に関する知識が乏

しく、会計処理は主観が入る余地があると

いうことを理解していないこと、会社は有

機的な組織によって事業が行われており、

機械的に将来の業績を判断できないという

ことです。


もし、これらのを理解していただいていれ

ば、冒頭のようなご質問をすることは起き

ないでしょう。


今回の記事の結論は、会社の会計情報は、

有機的な事業活動のひとつの側面を、無機

的な数字で表しているに過ぎないので、融

資審査も、無機的な数字だけで行われるの

ではなく、それから類推される有機的な事

業活動の将来を見通して行われるため、単

に、数字で条件を満たしているかどうかだ

けで判断していないということです。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第467回を

配信しました。


今回は、中小企業診断士の神谷俊彦さんに

お越しいただき、神谷さんが1月にご出版

された、「生産管理の実務と問題解決徹底

ガイド」( http://amzn.to/2nfDl5g )から、

上手な生産管理のノウハウについてお伺い

しました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/XUc6ry


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/1UYXdNO1c5M

(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の4月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「融資に強くなる勉強会」

4月4日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/dUvXzv



「スカイプ相談実施日」

4月10日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「信用保証協会徹底活用セミナー」

4月16日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF



「スカイプ相談実施日」

4月24日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「経営入門セミナー」

4月25日(水)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/hikyHE




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私は乗り物が好きなので、いろいろなグッ

ズが売られていると買いたくなってしまう

のですが、家が狭くておき場所が確保でき

ないので、購入は控えています。


でも、冒頭に書いた特急電車のデザインの

ペットボトルのお茶なら、160円と安い

こともあり、最悪、中身を飲んでから捨て

ればいいので、買ってしまいました。


それにしても、最近は、鉄道グッズがたく

さん売られるようになり、鉄道会社の工夫

を評価したいのと同時に、私が衝動買いを

がまんするする機会が増えそうになること

がつらくなるなぁと感じました。









◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:02| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

[ビジネスのきづき](461)「会計のルールと決算書」

読者のみなさま、こんにちは。






先日、日露戦争の旅順攻囲戦を描いた映画

「二百三高地」を観た時、あおい輝彦が演

じる主人公の小賀少尉が、乃木将軍の前で、

ロシア軍の捕虜に通訳をするシーンを観て、

「ロシア語がすらすら話せたらなぁ」と、

無謀なことを思ってしまった六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.2万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●会計のルールと決算書

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



昨年、ある税理士事務所の所長さんから、

次のような質問を受けました。


「顧問先で中小会計要領に基づいて会計処

理を行っている会社があるが、その会社で

時価が下がっているゴルフ会員権を、中小

会計要領の規定どおりに取得原価で計上し

ている。


このような会計処理は、銀行の融資審査に

おいてはどのようにみるのか」というもの

です。


結論とすれば、ゴルフ会員権の価額を時価

でみます。


そして、帳簿価額と時価の差額を純資産か

ら減らします。


このこと自体は、私に質問した所長ご自身

も容易に理解できることでり、所長は念を

押す意味で質問したのでしょう。


では、なぜ、質問をするようなことが起き

てしまうのでしょうか?


まず、所長の質問に出てきた、中小会計要

領はどういうものかというと、中小企業関

係者、金融機関関係者、会計専門家によっ

て作成された、中小企業が会社法上の計算

書類等を作成する際に参照するための会計

処理や注記等を示すものです。


ひとことで言えば、中小企業のための会計

ルールのことです。


(ご参考→ https://goo.gl/Duc9vg


次に、中小会計要領の、ゴルフ会員権に関

する具体的な規定を見てみます。


第8条 固定資産


(1)固定資産は、有形固定資産、無形固

定資産び投資その他の資産に分類する。


(2)固定資産は、原則として、取得原価

で計上する。


(中略)


(6)固定資産について、災害等により著

しい資産価値の下落が判明したときは、評

価損を計上する。


所長は、第8条第2項の「固定資産は、原

則として、取得原価で計上する」を適用し

て、ゴルフ会員権を、取得原価(=購入し

た時の価額)で計上するよう、顧問先にご

指導されておられるのでしょう。


一方で、第6項で「著しい資産価値の下落

が判明したときは、評価損を計上する」と

規定しており、私は、ゴルフ会員権におい

ても、取得価額まで値上がりが見込めない

場合は、この規定を適用すべきと考えてい

ます。


確かに、この第6項だけでは、ゴルフ会員

権の取り扱いについては明確ではありませ

んが、少し規模の大きな中小企業を対象と

した会計ルールである、中小会計指針の第

38条には、直接にゴルフ会員権について

の記載があります。


具体的には、「ゴルフ会員権は、取得原価

で評価する。


ただし、ゴルフ会員権の計上額の重要性が

高い場合で、時価が著しく下落したとき

は、減損処理を行う」と規定されていま

す。


とはいえ、何が正しいかを議論することが

この記事の本旨ではありません。


前述の所長も、本来ならゴルフ会員権は、

時価で資産に計上した方がよいということ

はわかっているのですが、そうすると、購

入したときの価額と時価の差額を損失とし

て計上しなければならず、それがなかなか

できないでいるということが問題の本質で

す。


中小要領では、そこがあいまいなため、あ

えて購入した時の価額で資産計上を続けて

いるのだと思います。


しかし、前述のとおり、銀行が融資審査を

するときは、ゴルフ会員権を時価としてみ

ているので、もし、融資審査以外に支障が

なければ、時価で計上することをお薦めし

ます。


もうひとつ、この記事でお伝えしたいこと

は、会計のルールには、ある程度、利用す

る会社の判断に委ねられている部分がある

ので、決算書が必ずしも会社の実態を表し

ているとは限らないということがあるとい

うことです。


ちなみに、これには逆の例もあり、多くの

資産を持っている会社経営者が、相続税評

価額を低くするために、自分が株式を持つ

会社をあえて赤字にしているという場合も

あります。


今回の記事の結論は、決算書は経営者(株

主)の都合で必ずしも実態が反映されてい

るとは限らず、そのため、銀行は決算書だ

けでは融資審査をせず、他の詳細な資料を

求めることもあるということです。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第467回を

配信しました。


今回は、中小企業診断士の神谷俊彦さんに

お越しいただき、神谷さんが1月にご出版

された、「生産管理の実務と問題解決徹底

ガイド」( http://amzn.to/2nfDl5g )から、

上手な生産管理のノウハウについてお伺い

しました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/XUc6ry


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/1UYXdNO1c5M

(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の4月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「融資に強くなる勉強会」

4月4日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/dUvXzv



「スカイプ相談実施日」

4月10日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「信用保証協会徹底活用セミナー」

4月16日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF



「スカイプ相談実施日」

4月24日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「経営入門セミナー」

4月25日(水)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/hikyHE




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



実は、私は、大学生の時にロシア語を初修

外国語として履修しました。


ロシア語は、男性・中性・女性ごとに格変

化が6つあり、さらに、硬音変化、軟音変

化と、変化形の暗記に苦労しました。


(いまは、すっかり忘れています)


ただし、変化形が多いので、何が主語で、

何が目的語なのかが明確になり、英語のよ

うに単語の位置が変わると意味が通じなく

なるということがなくなります。


この点は、日本語と共通しているようです。


何年後になるかわかりませんが、将来、時

間に余裕ができたら、ロシア語をもう一度

習ってみたいと思います。





◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:02| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

[ビジネスのきづき](460)「コンサルティングとツール」

読者のみなさま、こんにちは。






3月17日から、東京メトロの日比谷線人

形町駅と半蔵門線水天宮前駅が接続駅とな

り、このことによって、私の都内の移動が

便利なるので、よろこんでいる六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.2万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●コンサルティングとツール

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



先日、都内で開かれた、ある交流会に参加

してきました。


その交流会の参加者は、本の著者と編集者

の交流会で、いわば、著者と編集者のお見

合いのような交流会です。


交流会で、もし、著者と編集者の間で、出

版したいと思っているテーマや内容がお互

いにマッチすれば、出版につながるという

ことになります。


ところで、今回の記事の本旨は、その交流

回に参加していた、ある編集者さまからの

質問についてです。


その質問とは、「六角さんは、経営コンサ

ルタントとのことですが、どのようなツー

ルや手法をつかうのですか?


また、コンサルティングを特定の分野にし

ぼっていないとのことですが、そのような

コンサルティングのニーズはあるのです

か?」というものでした。


この編集者の方は、純粋にそのような疑問

をお持ちになったと思うのですが、私は、

このような質問をされるのは、「経営コン

サルティングは、特定の分野に絞り込んだ

うえで、かつ、なんらかの手法(ツール)

が必須」というお考えをお持ちなのだと思

います。


そして、このような考えは、その編集者の

方だけでなく、多くのコンサルタントや、

コンサルティングを受けようとする人たち

にも多いと思います。


実は、私も、ある意味で、コンサルティン

グの分野を絞り込んでいますし、ツールも

使っています。


でも、意図してそれらを前面に出さないで

います。


それは、次のような理由によります。


ひとつめは、ツール(手法)については、

私はBSC(バランススコアカード)を

使っています。


これは、会社の経営戦略の遂行管理のため

のツールなので、会社の経営戦略がどのよ

うなものであっても使えるツールです。


一方で、ツール(手法)を前面に押し出し

てコンサルティングをするコンサルタント

の方も多くいます。


この場合、「ツール(手法)ありき」なの

で、会社をツールに合わせることになりま

す。


そのような方のコンサルティングを受けた

会社の中には、結果としてその会社の事業

に合わないツールを使うことになったりす

ると、他社では効果があったとしても、そ

の会社では効果が得られないということに

もなりかねません。


ここでは単純に書きましたが、ツール(手

法)は手段ですので、ツール(手法)を目

的とされないようにするためにも、私は、

コンサルティングに関するツールはあまり

前面に出さないようにしています。


もちろん、実際のコンサルティングにあ

たっては、前述のBSC以外にもいろいろ

なツールを使いますが、それを導入する前

に、その会社の経営戦略を構築し、それに

合わせたツール(手法)を導入してもらう

ので、戦略とツール(手法)に齟齬が発生

するということはありません。


つぎに、コンサルティングの分野ですが、

「どのような分野のコンサルティングをし

ているのですか」と質問されると、「経営

コンサルタントですので、『経営』のコン

サルティングをしています」と回答してい

ます。


このように説明すると、ほとんどの場合、

「???」という反応が返ってきます。


そこで、いまは、「経営コンサルタントで

すので、『経営』のコンサルティング、す

なわち『社長のお仕事」のコンサルティン

グをしています」とお話しします。


これに続けて、「『社長のお仕事』とは、

経営戦略の立案や、それが着実に実践され

るような管理をするお仕事で、そのために

BSCを使うようご提案しています」と加

えています。


このように、ある意味で、私はコンサル

ティングの分野を絞っています。


ただ、日本では「コンサルタント」という

と、飲食店のコンサルタント、製造業のコ

ンサルタント、営業のコンサルタントなど

のように、業種や機能ごとにコンサルティ

ングが行われると考えられています。


むしろ、私のように「社長の仕事」のコン

サルティングをしている人は少ないようで

す。


これは、私の目標のひとつなのですが、

もっとたくさんの経営者の方に、私のコン

サルティングを受けていただいたり、私の

本などを読んでいただいたりして、「『経

営』コンサルタント=『社長のお仕事』の

コンサルティング」ということを、すぐに

理解してもらえるようにすることです。


このような記事を書いていることも、その

目標達成のためのひとつの手段でもありま

す。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第467回を

配信しました。


今回は、中小企業診断士の神谷俊彦さんに

お越しいただき、神谷さんが1月にご出版

された、「生産管理の実務と問題解決徹底

ガイド」( http://amzn.to/2nfDl5g )から、

上手な生産管理のノウハウについてお伺い

しました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/XUc6ry


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/1UYXdNO1c5M

(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の3月〜4月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「スカイプ相談実施日」

3月22日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「経営入門セミナー」

3月23日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/hikyHE



「融資に強くなる勉強会」

4月4日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/dUvXzv



「信用保証協会徹底活用セミナー」

4月16日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私の事務所の最寄り駅は、日比谷線東銀座

駅で、いっぽう、自宅は、半蔵門線の電車

が直通運転をしている東武スカイツリーラ

インなので、この2つの路線が接続できる

ことになると、とても便利です。


とはいえ、どう便利になるかというと、実

は私は、都内の移動は東京メトロの一日乗

車券を使っていたので、いままで、水天宮

前駅でいったん下車して、人形町駅で日比

谷線に乗るということをしていました。


地図でみると、人形町駅と水天宮前駅は、

お互いに駅の入り口が見えるくらい近いの

で、駅名が違うのは仕方ないけれど、なぜ

接続駅にならないのか不思議でした。


ちなみに、人形町駅と水天宮前駅の間の距

離は、改札外乗り換えをする三越前駅の銀

座線の入口と半蔵門線の入口の間の距離よ

り短いと思います。


もうひとつ、付け加えると、人形町駅と水

天宮前駅が接続駅になるのと同時に接続駅

になった、日比谷線築地駅と、有楽町線新

富町駅の入り口も、お互いに見える距離に

あります。


話を戻して、これまで私は実質的に人形町

駅と水天宮前駅を接続駅にしていたのです

が、両駅がちゃんと接続駅になったことに

よって、スマホの乗換案内アプリで、両路

線を接続駅として検索してもらえるように

なりました。


あと、個人的には、千代田線湯島駅と、大

江戸線上野御徒町駅が接続駅になってくれ

ないかなぁと思っています。








◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:02| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする