2018年03月11日

[ビジネスのきづき](451)「教育費で倒産した会社はない」

読者のみなさま、こんにちは。






先日、かみさんの誕生日に、リクエストの

スパゲッティナポリタンをつくってお祝い

をした六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.2万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●教育費で倒産した会社はない

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が事業改善のお手伝いをする会社の経営

者の方は、従業員の方に能力を高めてもら

いたいと思っている方がほとんどです。


ところが、そう願う一方で、能力を高めて

もらうための具体的な活動はあまり行われ

ていないというようにも感じています。


ちなみに、従業員の方の能力を高める活動

として考えられることは、主に、次のよう

な活動があります。


(1)OJTとOffJT


(2)職務充実と職務拡大


(3)ジョブローテーション


(4)キャリアパス制度の整備


そして、これらをなかなか実践できない要

因としては、費用を捻出することが困難、

教育のための時間の確保が困難といったも

のが主だと思います。


さらに、時間の確保は、従業員数を増やせ

ば解決することなのですが、従業員数を増

やすには人件費が必要ということになるの

で、従業員の能力を高めることが難しい要

因は、結局、費用の問題に収れんされると

いうことになると思います。


では、なぜ教育費を支出することが難しい

のかということを考えると、その最大の要

因は、会社の利益額が多くないということ

かもしれません。


でも、それだけではないとも言えるでしょ

う。


教育費は、支出をしても、目に見える効果

がすぐに表れません。


このことから、教育費の支出をためらう経

営者の方が多いのではないでしょうか?


さらには、従業員の能力を高めることは、

会社が行うのではなく、従業員自身でやる

べきことだと考える経営者の方も多いで

しょう。


そのように考えることが、直ちに誤ってい

るとは言えませんが、それでは従業員の方

の能力向上は従業員の方自身の自主性にゆ

だねることになってしまうし、向上心の強

い従業員は、むしろ独立志向が高く、自社

に定着することはあまり期待できないと言

うこともできます。


ところで、教育費は従業員への投資と考え

るべきだということを、まま、聞くことが

あります。


私は、この考え方は正しいと思うのです

が、現在は、投資という考え方をさらに進

めて、教育費は製品の製造原価や、商品の

開発費であると考えるべきであると思って

います。


これは、サービス業の方にはピンとくると

思いますが、いまは、流通業や製造業にも

あてはまることだと思います。


すなわち、流通業では接客やアフターサー

ビスなど、付帯的な部分が商品に占める大

きな要素となっているし、製造業でも製品

開発に創造性が求められるようになってい

ます。


別の言い方をすると、単なる「作業」しか

していない従業員が携わる事業は、製品や

商品の独自性が少なく、ライバルとの競争

に敗れてしまいかねないということです。


もう一歩進めた言い方をすると、人材育成

ができない会社は、競争力が低い会社にな

る可能性が高いということです。


ところで、今回の記事の趣旨に関連して、

経営コンサルタントの小山昇さんのポッド

キャストにゲスト出演されておられた、

ウェブページ制作会社のミスターフュー

ジョンの社長、石嶋洋平さんが、「教育費

をたくさん使って倒産した会社はない」と

お話されておられました。


(ご参考→ https://goo.gl/ghbFha


ちなみに、石嶋さんの会社は、ウェブ制作

業ということもありますが、多くの教育費

をかけたことが、事業が急成長している要

因のようです。


とはいえ、石嶋さんの会社が教育費をかけ

ているのだから、ほかの会社も教育費を増

やすべきだとは、直ちに言うことはできま

せん。


でも、前述の石嶋さんの言葉は、教育費の

支出に踏み切れない会社経営者の方の背中

を押す言葉になるのではないかと思い、こ

こで紹介させていただきました。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第466回を

配信しました。


今回は、中小企業診断士の神谷俊彦さんに

お越しいただき、神谷さんが1月にご出版

された、「生産管理の実務と問題解決徹底

ガイド」( http://amzn.to/2nfDl5g )から、

上手な生産管理のノウハウについてお伺い

しました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/vu8GN7


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/4gbA7t2RwRk

(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の3月〜4月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「信用保証協会徹底活用セミナー」

3月14日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF



「スカイプ相談実施日」

3月22日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「経営入門セミナー」

3月23日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/hikyHE



「融資に強くなる勉強会」

4月4日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/dUvXzv




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



ナポリタンは炭水化物が多いので、食べ過

ぎには注意しなければなりませんが、学生

時代に、太麺のナポリタンを食べたときの

味が忘れられなくて、いまでもときどき自

分で作って食べています。


おいしさのポイントは、味ではないと言わ

れそうですが、麺の太さです。


太い麺の方が、歯ごたえがあって、それが

ずっと頭から離れないのだと思います。


今回は、2.0mmの麺をゆでたのですが、

2.2mmの麺もあるそうなので、次回は

2,2mmの麺で作りたいと思います。








◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:03| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする