2018年04月30日

[ビジネスのきづき](501)「事業の成否はリスクの管理」

読者のみなさま、こんにちは。






先日、私がだいすきなキムチをまとめ買い

してきたら、かみさんから「こんなにひと

りで食べたら、塩分とりすぎになるわよ」

としかられた六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.2万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●事業の成否はリスクの管理

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



融資に積極的な銀行と、そうでない銀行の

最大の違いは何でしょうか?


私は2つの特徴があると思います。


ひとつは資産の規模です。


仮に、銀行の実行した100億円の融資が

回収不能になったとします。


この銀行が、小規模の地方銀行で、資産の

額が1兆円であったとすると、資産の1%

を失うことになります。


一方、トップクラスの地方銀行の場合、資

産の額が10兆円なので、資産の0.1%

を失うことになります。


100億円という金額は大きな金額です

が、資産の規模に比較すれば、損失となっ

た時に受ける影響は相対的に異なってきま

す。


ですから、資産の規模によって融資姿勢は

異なってきます。


もうひとつの特徴は、融資金の管理能力や

回収能力です。


融資をした会社に対して、融資後におかし

な動きはないかということを見抜く能力が

高いほど、早めに適切な対応をとることが

でき、回収できなくなる融資の額を減少さ

せることができます。


また、融資をした会社が破たんしかかった

り、破たんしてしまったとき、回収ノウハ

ウがあると、やはり、回収できなくなる融

資の額を減少させることができます。


このようなスキルやノウハウが多い銀行

は、そうでない銀行と比較して、融資に積

極的になることができます。


そして、そのようなスキルやノウハウは、

結果として、規模の大きい銀行が多く持っ

ているので、規模の大きさは、融資に積極

的であるかどうかの目安となります。


ただし、話がそれますが、規模が大きい銀

行は、きめ細やかな対応は不得手なので、

すべてにおいて規模の大きな銀行が優れて

いるという訳ではありません。


話を戻して、銀行は融資を増やすこと、す

なわち、リスクテイクすることが利益を得

ることにつながりますが、そのリスクに果

敢になれる裏付けは、事業規模や回収ノウ

ハウなどであり、これが、経営的な観点か

ら、利益の源泉と言えます。


ここまでは銀行の事業について述べてきま

したが、これは、他の事業についても当て

はまります。


例えば、衣料品販売店のユニクロを運営す

るファーストリテーリングでは、多品種少

量生産の製品の低価格販売を始めたこと

で有名ですが、そのような商法を始めた当

時は驚きをもって評価されました。


多品種少量生産であっても、全体として大

きなロットとなれば採算が得られる上に、

顧客からも製品の選択肢が増え、満足度が

高まります。


しかし、多品種で製造された製品は売れ残

りのリスクが高い上に、低価格で販売すれ

ば、さらに採算が得られない可能性が高ま

ります。


ところが、詳細な説明は割愛しますが、高

度で精緻なサプライチェーンを構築したこ

とが、それらのリスクを抑え、これまでは

リスクの高かった多品種少量生産の製品を

低価格で販売するという事業でも採算が確

保できるようになりました。


すなわち、リスクに挑まなければ利益を得

ることができませんが、そのリスクを抑え

るノウハウがあれば、ビジネスチャンスを

増やし、利益をより多く獲得できるという

ことです。


多くの経営者の方は、もうかるビジネスを

行いたいと考えていると思いますが、新ら

しい製品・サービスを売る、もうかりそう

な製品・サービスを売るといった観点の前

に、リスクを抑えるノウハウを取得しよう

と考えることで、選択肢は飛躍的に広がる

と思います。


例えば、製品の販売価格を決めるとき、売

れ残りを見越して決めていると思います

が、もし、売れ残りをなくすノウハウを得

られたとしたら、販売価格を下げることが

でき、それだけでも高い競争力になると思

います。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第472回を

配信しました。


今回は、弁理士の新井信彦さんにお越しい

ただき、新井さんが昨年10月にご出版さ

れた、「パクリ商標」

( https://amzn.to/2qit4H5 )から、商標

の上手な活用法についてお伺いしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/hNFhRw


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/eRnu2Ni2Sqs

(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の5月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「融資に強くなる勉強会」

5月7日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/yb6kWw



「スカイプ相談実施日」

5月8日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「信用保証協会徹底活用セミナー」

5月14日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF



「スカイプ相談実施日」

5月22日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「経営入門セミナー」

5月25日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/tcaK8N




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私は血圧が低く、幸い、塩分を摂りすぎて

高血圧になるという体質ではないのですが、

それでも、辛い物の食べ過ぎには注意が必

要だとは思います。


でも、辛い食べものは好きなので、自分で

も注意しないと、塩分は摂りすぎになって

しまうでしょう。


刺激のある食べものはおいしいのですが、

だからといって、食べ過ぎは不健康になり、

かえって健康的な生活をおくることができ

なくなります。


当然のことですが、事業運営と同じく、食

生活も最終的にはバランスをとることが大

切だということですね。


反省します。









◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:03| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

[ビジネスのきづき](500)「ポテンシャルのアピールの仕方」

読者のみなさま、こんにちは。






ことし1月に買い替えたパソコンにプリイ

ンストールされていた、マイクロソフト社

のオフィスソフトの互換性ソフトが結構使

い勝手がよく、「互換性ソフトでもここま

でできるんだなぁ」と感心している六角で

す。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.2万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポテンシャルのアピールの仕方

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私がこれまでお会いしてきた会社経営者の

方の中には、「銀行は過去の業績しか書か

れていない決算書だけで融資を判断しよう

とする。


もっと、会社の将来性を見て欲しい」とい

う不満を持つ方が少なからずいらっしゃい

ます。


(なお、銀行が決算書を重要視する理由に

ついては、こちらの記事を参考にして下さ

い。→ https://goo.gl/sccDUr


もちろん、銀行が融資審査をより精緻に行

うようにしなければならない余地は残って

いますが、銀行の融資審査の改善を待つだ

けでは現実的ではないので、現状に対して

打つ手として、過去の実績を作るという例

をご紹介したいと思います。


これは、私が銀行で働いていたときの、同

僚が受けた案件なのですが、その同僚は、

開業して1年未満のある工務店からの融資

の申し込みを断ったことがありました。


ところが、その工務店の社長は、融資を断

られてから1年後に、再び、その同僚に融

資の申し込みをしてきました。


その時、「1年前、融資を断られたとき、

あなたから、『少しの間、融資を受けない

で頑張ってみてはどうでしょうか。


現時点では、事業がうまくいくかどうか分

かりかねる状態です。


もし、融資を受けてすぐに事業がつまづく

ことになったら、借金だけが残ることに

なってしまいます。


そこで、無借金で事業を続けてみて、それ

で事業が軌道に乗ると確証が得られるよう

な状態になったら、また、ご相談に乗りま

す』と言われました。


私は、あなたの言葉から、自分がどう評価

されたのかということをよく考え、こんど

お会いするときは評価されるようになろう

と決め、1年間頑張ってきました。


どうかその実績を見て下さい」と言われた

そうです。


その社長の1年間の成果は、100点とは

行かないまでも、努力してきたことが伝わ

る結果でした。


また、その同僚の言葉を素直に受け止めて

1年間事業に向き合ったうえで、再び融資

申し込みに来た以上、融資を受けざるを得

なくなったと、同僚は話していました。


やはり、努力をして業績を改善したという

事実を突きつけられると、融資を判断する

側も評価せざるを得ません。


ここまでの内容は、融資を断られた社長が

歯を食いしばって頑張った結果、再度の融

資申し込みで承認を得られることになった

という美談に思われるかもしれません。


でも、私は、単純に、努力家のその社長を

お手本にすべきだということを述べるつも

りはありません。


実は、私がフリーランスとして独立した直

後は、やはり集客に苦労しました。


仕事を取ろうとしている時に、他の人から

言われて最も嫌だった言葉は、「実績のあ

るコンサルタントでないと、リスクが高い

ので仕事を依頼したくない」というもので

した。


これについては、内心、「誰だって最初か

ら実績のある人はいないだろう」と、理不

尽に感じていました。


それと、もうひとつの苦労は、コンサルタ

ントの仕事は目に見えないものなので、私

の仕事に対する客観的な評価を示しにくい

ということがありました。


そこで、それらの課題を解消することを目

的に始めたものが、ポッドキャスト(イン

ターネットラジオ)の配信でした。


ポッドキャストの配信を開始してから約9

か年がすぎ、配信回数はもうすぐ500回

になろうとしています。


番組の質は決して高くはありませんが、

500回近い回数を配信しているという事

実を見込み客に告げることで、少なくとも

「いろいろとうまいことを言うけれど、口

だけじゃないのか」という不安を減らすこ

とはできます。


500回も番組を配信していれば、決して

にわか作りのコンサルタントとは受け止め

られることはないでしょう。


そして、すべてポッドキャストのおかげで

はありませんが、現在では、面識のない方

からも、1時間あたりの単価で5万円以上

の仕事のオファーが来るようになりまし

た。


話を戻して、今回の記事の結論は、自社の

事業の他者からの評価は、ポテンシャルだ

けでは得られにくいので、それを見込んで

事業に臨むことが現実的であるということ

です。


自社のポテンシャルがあるとしても、それ

は他者には見えにくいものなので、何らか

の事実を作ることで、自社の強みをアピー

ルをするということは避けられないでしょ

う。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第472回を

配信しました。


今回は、弁理士の新井信彦さんにお越しい

ただき、新井さんが昨年10月にご出版さ

れた、「パクリ商標」

( https://amzn.to/2qit4H5 )から、商標

の上手な活用法についてお伺いしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/hNFhRw


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/eRnu2Ni2Sqs

(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の5月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「融資に強くなる勉強会」

5月7日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/yb6kWw



「スカイプ相談実施日」

5月8日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「信用保証協会徹底活用セミナー」

5月14日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF



「スカイプ相談実施日」

5月22日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「経営入門セミナー」

5月25日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/tcaK8N




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が使っているオフィスソフトのWPSオ

フィスは、キングソフトさんが開発したソ

フトで、プリインストール版では

2,000円程度でした。


(ただし、単独で購入すると、もう少し高

いようです)


マイクロソフトオフィスは、プリインスト

ール版では20,000円程度だったので、

約10分の1の金額で購入できます。


もちろん、WPSオフィスは機能は絞られ

ており、すべてを確認してはいませんが、

文書作成ソフトでは年賀状印刷や差込印刷

が、表計算ソフトでは関数の一部が使えな

いようです。


それでも、それらの機能はめったに使わな

いので、私のような単純な機能しか使わな

いものにとっては通常の仕事に支障はあり

ません。


マイクロソフトさんからみれば、互換性ソ

フトがあると困るかもしれませんが、ユー

ザーとしてはありがたいことです。






◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:03| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

[ビジネスのきづき](499)「潜在意識への働きかけ」

読者のみなさま、こんにちは。






先日、かみさんが、Youtubeで、庭

の手入れの仕方の動画をみていて、いまは

なんでも動画で学べる時代になったのか…

と驚いている六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.2万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●潜在意識への働きかけ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



Webコンサルタントの川島康平さんのご

著書、「新版お客をつかむウェブ心理学」

( https://amzn.to/2FeCdF2 )を拝読しま

した。


同書には、Webマーケティングに役立つ

50の法則を、実例を交えながら分かりや

すく解説している本です。


ちなみに、同書は、10年前に出版された

ものの改訂版で、環境変化の激しい時代に

ずっと売れ続けてきたことからも、その評

価の高さがわかります。


今回は、同書で説明されていた法則のうち

のひとつの、潜在意識への働きかけについ

ては、Webマーケティングだけでなく、

会社の事業運営にも役立つものと考えたの

で、ご紹介させていただきたいと思いま

す。


これはよく知られていることですが、人に

は表に出ている顕在意識と、表からは見え

ない潜在意識があります。


これは、氷山の海面に出ている部分が全体

の5〜10%程度にすぎないのと同様に、

顕在意識も5〜10%にすぎず、人は90

〜95%の潜在意識に大きく支配されてい

ます。


そこで、Webマーケティングでは、顧客

の潜在意識に働きかけることが得策である

と川島さんは説明しておられます。


その例として、川島さんは、血圧測定器

メーカーの例をあげておられました。


具体的には、血圧測定器のユーザーに対し

て、1か月後、3か月後、6か月後、1年

後などに、「毎日、血圧を測っています

か?」、「ご購入から半年経ちましたが、

おかわりはありませんか?」などと、メー

ルを送ることで、ユーザーの潜在意識に

「血圧は毎日測るもの」という意識を植え

付けることができます。


その結果、そのユーザーにとって同社製品

は欠かせないものとなり、同社にとっての

得意客にすることができます。


ユーザーの方も、「半年が経っても、自分

を気にかけてくれている」と感じ、満足度

が上がります。


ところで、このような潜在意識への働きか

けは、会社の事業運営でも実践できると思

います。


かつて私が事業改善をお手伝いしていたデ

ザイン関連の事業を営む会社では、過去1

か月間の間に自分が気になった造形物など

を写真に撮っておき、月例会議の時にそれ

を持ち寄って参加者の間で見せ合います。


このとき、誰の写真がいちばんおもしろい

造形物かということを評価し合い、その月

の1位を決めます。


そして、1年間で最も多く1位となった写

真を持ってきた人を表彰するということを

していました。


こうすることで、仕事の合間でも、ずっと

面白い造形物はないかということを潜在意

識の中で探し続けることになります。


このことは、デザインのセンスを磨くこと

に大きく貢献することになるでしょう。


こういったちょっとした工夫を続けること

で、従業員の方の能力はより高いものへと

研ぎ澄まされていくと思います。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第472回を

配信しました。


今回は、弁理士の新井信彦さんにお越しい

ただき、新井さんが昨年10月にご出版さ

れた、「パクリ商標」

( https://amzn.to/2qit4H5 )から、商標

の上手な活用法についてお伺いしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/hNFhRw


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/eRnu2Ni2Sqs

(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の5月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「融資に強くなる勉強会」

5月7日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/yb6kWw



「スカイプ相談実施日」

5月8日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「信用保証協会徹底活用セミナー」

5月14日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF



「スカイプ相談実施日」

5月22日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「経営入門セミナー」

5月25日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/tcaK8N




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私はYoutubeを見るときは、クラシ

ック音楽を聴くときや漫才を見るときくら

いなのですが、他の人からいろいろなコン

テンツがあるときいて驚くことが増えまし

た。


経営コンサルタントの木戸さんからは、木

戸さんの趣味のギター演奏をするとき、ギ

ターカラオケという、ギター以外のパート

の演奏が収録された動画を再生しながら、

それに合わせてギター演奏の練習をしてい

るそうです。


また、ある予備校講師の方は、大学受験の

ための授業の動画をYoutubeに載せ

たところ、たくさんの受験生が閲覧して有

名になっているそうです。


いまは、予備校講師も憧れの職業になって

いるので、Youtubeで有名になれば、

大手予備校でカリスマ講師として招かれる

チャンスがあるのかもしれません。


Youtubeのこのような活用は、本の

10年前には思いもつきませんでした。


時代とともに消えてしまうビジネスもあり

ますが、新たなビジネスもどんどん増えて

いるのだと感じました。






◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:03| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする