2018年04月24日

[ビジネスのきづき](495)「低金利の危険性」

読者のみなさま、こんにちは。






いよいよ執筆開始に備えて、先日、ポスト

イットを10セットまとめ買いしてきた六

角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.2万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●低金利の危険性

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



4月19日に、日本銀行が、金融システム

レポートを公表しました。


(ご参考→ https://goo.gl/Mbf7yJ


そこには、「金融機関の信用面のリスクテ

イクに伴う脆弱性」について述べられてい

ます。


簡単に述べると、現在は、低金利が続き、

景気も上昇傾向にあります。


一方、金融機関は融資を伸ばそうとして、

より低い金利で融資をしているために、採

算がほとんどどれないか、採算割れの融資

が増えています。


このことは、将来、景気が下向きになった

とき、業況が悪化した会社への融資を回収

できなくなる可能性が高まり、採算のよく

ない融資が多い金融機関では、収益でその

貸倒をカバーできなくなって、赤字に転落

する可能性があるということです。


こうなったとき、赤字の金融機関は経営に

行き詰まったり、また、融資金利を上げた

り、融資そのものを減らしたりして、中小

企業の資金調達に影響を与える可能性があ

るということを指摘しています。


では、中小企業はどうすればよいのかとい

うことですが、いま、直ちに何かしなけれ

ばならないということはないでしょう。


ただ、将来、経営に行き詰まる金融機関が

現れたり、採算の悪化した金融機関が貸し

渋りをする可能性があるということです。


それに備えて、金融機関に関する情報を収

集したり、貸し渋りをされないような財務

体質を目指すようにすることが望まれるで

しょう。


いずれにしても、金融機関は金融機関の都

合で融資方針が変わるということを念頭に

おいて接することが必要です。


今後も、このような日本銀行からのレポー

トに注視していくことをお薦めします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第472回を

配信しました。


今回は、弁理士の新井信彦さんにお越しい

ただき、新井さんが昨年10月にご出版さ

れた、「パクリ商標」

( https://amzn.to/2qit4H5 )から、商標

の上手な活用法についてお伺いしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/hNFhRw


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/eRnu2Ni2Sqs

(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の4月〜5月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「スカイプ相談実施日」

4月24日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「経営入門セミナー」

4月25日(水)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/hikyHE



「融資に強くなる勉強会」

5月7日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/yb6kWw



「信用保証協会徹底活用セミナー」

5月14日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




冒頭に述べたポストイットですが、なぜ、

執筆と関係するかというと、執筆を始める

にあたって、これから書こうとすることに

論理的な根拠を明確にするために、類書を

読み漁ることから始めるためです。


当然ですが、本に書く内容は、文字に残る

ので、いい加減なことは書けません。


(だからといって、セミナーやコンサルテ

ィングはいい加減なことを話しているわけ

ではありませんが…)


でも、類書をたくさん読むことで、頭の中

で書きたいことが整理され、より分かりや

すい文章を書くことができるようになりま

す。


新刊は、なんとか今年中に出版したいと思

っていますので、どうぞご期待ください。








◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:03| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

[ビジネスのきづき](494)「力を引き出すコミュニケーション」

読者のみなさま、こんにちは。






ここ1週間ほど風邪をひいていましたが、

ようやく治ってほっとしている六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.2万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●力を引き出すコミュニケーション

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



サンフレッチェ広島やドイツのプロサッ

カーリーグで選手として活躍した後、川崎

フロンターレの監督などを経て、2017

年に名古屋グランパスの監督に就任し、そ

の年にチームをJ1昇格に導いた、風間八

宏さんの「伝わる技術-力を引き出すコミュ

ニケーション」

( https://amzn.to/2vr98qt )を拝読しま

した。


タイトルからも分かるとおり、この本は、

風間さんがコミュニケーションにどのよう

な工夫をしてきたかが述べられています。


風間さんの考え方の基本として、「伝えた

いことを垂れ流すだけで伝わるのか、指導

者が自己満足で伝えたつもりになっている

だけでは、結局何もつたわらない」という

ことがあると思います。


このことは、多くの方がご理解されると思

いますが、その一方で、「どうやったら、

部下に、経営者の考え方が伝わるのだろ

う」と悩んでいる経営者の方もいると思い

ます。


確かに、コミュニケーションは意思を伝え

るためのツールですが、必ずしも「部下が

経営者の意図通りに動かないことは、コ

ミュニケーションに問題がある」とは限ら

ないでしょう。


部下が経営者の意図通りに動かない原因と

しては、(1)経営者の伝え方に問題があ

る、(2)部下の聴き方に問題がある、

(3)部下に経営者の意図は伝わっている

が、それを実践するための能力が部下にな

いか、部下がそれに従いたくないと考えて

いる、などが考えられます。


(1)と(2)は、コミュニケーションの

問題ですが、(3)はコミュニケーション

の問題とは言えないでしょう。


しかし、これは、すべての場合ではありま

せんが、良好なコミュニケーションとは、

部下を経営者の意図通りに動く指示の仕方

という前提で議論されることも多いと思い

ます。


風間さんのいう、「伝えたいことを垂れ流

すだけで伝わるのか」ということは、経営

者が一方的に自分の意図を伝えようとする

ことは無意味ということを、示唆しておら

れると思います。


では、経営者は、何をどのように部下に伝

えればよいのでしょうか?


これについて、風間さんは、「目先の勝敗

を指標にしてこだわりすぎると、監督とプ

レーヤーの間でブレが生じます。


しかし、『楽しむ(=本気になれる)』を

指標に置けば、楽しんでいるかどうか、自

分で向き合うことができます。


本気であるかどうかが大事なのです」と述

べておられます。


これは、コミュニケーションが、組織の構

成員の共通目的に沿って行われているかど

うかが問われるということでしょう。


(ちなみに、共通目的は、コミュニケー

ション、貢献意欲とともに、組織の3要素

のひとつです)


サッカーチームで言えば試合に勝つ、会社

で言えば利益を得る、というのは、監督や

経営者の都合である要素が大きいでしょ

う。


でも、サッカーチームに所属するプレー

ヤーとして、技術を高めることができると

いう目的を達成できるようにするための指

示であるということが分かれば、プレー

ヤーは監督の指示を積極的に聞くようにな

るし、それに従って活動するようになるで

しょう。


その例として、風間さんは、川崎フロン

ターレの監督時代に、何度も日本代表メン

バーに選ばれている中村憲剛選手に対し

て、「お前は自分を抑えて、50%くらい

でプレーしているんじゃないか?


本当はもっとできるだろう?


周りを気にせず、100%のプレーをして

ほしい」と伝えたそうです。


中村選手は和を乱さないという気遣いをす

る選手だったので、自分を抑えてプレーし

ていたわけですが、それは、中村選手の本

心ではなかったわけです。


風間さんはその状況を見抜き、中村選手に

は全力でプレーしてもらった方が、中村選

手がより向上できるだけでなく、チーム全

体にもよい影響を与えると考え、前述のよ

うな指示をしたのでしょう。


このような指示が出されたことで、中村選

手はより本気でプレーし、中村選手にも

チームにもよい結果をもたらすことになっ

たことでしょう。


これは、ビジネスにおいても共通すること

です。


当然のことですが、経営者の立場だけで指

示を出すのではなく、従業員の立場、会社

全体の利益を前提に指示を出さなければ、

コミュニケーションは何の意味もありませ

ん。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第472回を

配信しました。


今回は、弁理士の新井信彦さんにお越しい

ただき、新井さんが昨年10月にご出版さ

れた、「パクリ商標」

( https://amzn.to/2qit4H5 )から、商標

の上手な活用法についてお伺いしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/hNFhRw


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/eRnu2Ni2Sqs

(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の4月〜5月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「スカイプ相談実施日」

4月24日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「経営入門セミナー」

4月25日(水)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/hikyHE



「融資に強くなる勉強会」

5月7日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/yb6kWw



「信用保証協会徹底活用セミナー」

5月14日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私は年に1回も風邪をひかないのですが、

先週は珍しく風邪をひいてしまいました。


恐らく、気温の寒暖の差が大きい日が続い

たことと、不摂生な生活も続けたことだと

思います。


頭痛はしたものの、幸い、薬だけで治すこ

とができました。


人は勝手なもので、病気になったときだけ

健康のありがたさを感じます。


これからは、夜更かしをせずに、健康に留

意したいと思います。 






◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:02| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

[ビジネスのきづき](493)「人はみなサイズの違う歯車」

読者のみなさま、こんにちは。






先日、庭を歩いていたら、ミツバチの羽音

が聞こえてきて、ハチミツをつけたパンを

食べたくなった六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.2万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●人はみなサイズの違う歯車

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



山口県萩市で、魚を自家出荷する、合同会

社萩大島船団丸の代表の坪内知佳さんのご

著書、「荒くれ漁師をたばねる力〓ド素人

だった24歳の専業主婦が業界に革命を起

こした話」( https://amzn.to/2HJEjzB )

を拝読しました。


坪内さんは、CA(キャビンアテンダン

ト)を目指して名古屋の大学に入学する

も、病気のためにそれを諦めて、大学を中

退して山口県萩市に嫁ぎましたが、子ども

が2歳のときに離婚しました。


あることがきっかけで、漁師の人たちと関

わり、漁業を活性化する方法を考えて欲し

と頼まれ、魚を自家出荷する事業を始めま

した。


それが、合同会社萩大島船団丸の始まりな

のですが、書名にもあるように、ド素人の

坪内さんが、荒っぽい漁師の方を束たばね

ることは、もちろん、一筋縄ではいきませ

んでした。


その詳細は同書をお読みいただきたいので

すが、そのポイントとなった坪内さんの考

え方が、「人はみなサイズの違う歯車」と

いうものです。


「人はみな、色や形やサイズ、立ち位置が

違う歯車だ。


私は私で頑張るけれど、私という歯車の色

やサイズは変えられない。


一人で頑張っていても、何も動かせない。


でも、そんなとき、サイズが違うほかの歯

車が来てくれたら、カチッとかみ合って、

何かが回り出していく。


そして自分が回れば、隣の歯車も回り出し

て、その横の歯車も回り出す。


たとえ小さな歯車でも、その一つが動け

ば、次々に歯車が回り出して、それが世界

を変える大きな動きになっていく」


これは、組織の力を発揮するための基本的

な考え方だと私は考えました。


坪内さんの考え方は多くの方が賛同される

と思いますが、実際には、「自社には優秀

な従業員がいない」、「経営者の考え方を

理解できるパートナーがいない」という不

満を持つ経営者の方も多いと思います。


これは、単に、経営者にとって都合のいい

人材が欲しいということであり、「色や形

やサイズ、立ち位置が『同じ』歯車」を望

んでいるに過ぎないと思います。


坪内さんは、「人はみな、色や形やサイ

ズ、立ち位置が違う歯車」という前提で、

漁師の方たちを尊重して接していたから、

「荒くれ漁師をたばねる」ことができたの

だと思います。


むしろ、組織は、金太郎あめのような人材

だけでは意味がないでしょう。


「色や形やサイズ、立ち位置が違う歯車」

を〓合わせることは難しいですが、それが

できたときに、大きな力が発揮されるのだ

と思います。


そして、それをたばねる能力がリーダー

(経営者)に問われているのでしょう。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第472回を

配信しました。


今回は、弁理士の新井信彦さんにお越しい

ただき、新井さんが昨年10月にご出版さ

れた、「パクリ商標」

( https://amzn.to/2qit4H5 )から、商標

の上手な活用法についてお伺いしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/hNFhRw


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/eRnu2Ni2Sqs

(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の4月〜5月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「スカイプ相談実施日」

4月24日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「経営入門セミナー」

4月25日(水)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/hikyHE



「融資に強くなる勉強会」

5月7日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/yb6kWw



「信用保証協会徹底活用セミナー」

5月14日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



栃木県は、意外にもハチミツの生産量が多

いようです。


栃木県庁舎の屋上には、ミツバチの巣箱が

あって、毎年、ハチミツを収穫し、それを

使って作ったお菓子を県庁内の売店で販売

しているそうです。


ハチミツは殺菌効果や動脈硬化を防ぐ効果

もあるそうなので、できる限りハチミツを

味わいたいと思います。





◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:03| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする