2018年04月02日

[ビジネスのきづき](473)「臆病になる勇気」

読者のみなさま、こんにちは。






先日、事務所のシュレッダーの紙くずを捨

てながら、「サラリーマン時代も、シュ

レッダーの紙くずを捨てるのは、だいだい

自分だったなぁ」と、昔のことを思い出し

てしまった六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.2万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●臆病になる勇気

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


日本航空に42年間ご勤務され、現在は、

リスクマネジメントの専門家としてご活躍

されておられる、小林宏之さんのご著書、

「JALで学んだミスをふせぐ仕事術」

( https://amzn.to/2pPEba8 )を拝読いた

しました。


この本は、危機管理にどう対処すべきかと

いうノウハウが満載されており、多くの会

社経営者にとってたいへん参考になる本で

すが、その中でも、私は、「臆病になる勇

気という言葉」が印象に残りました。


この、臆病になる勇気について、小林さん

は、次のような出来事をご紹介しておられ

ました。


昭和41年3月に、カナディアンパシフィ

ック・エアラインの飛行機が、濃霧のため

に、着陸しようとした羽田空港の滑走路の

手前で墜落し、乗員乗客72人のうち、

64人が亡くなるという事故が起きた。


この事故の少し前に、日本航空の飛行機

は、羽田空港への着陸を諦め、福岡空港へ

向かうことにした。


機長が「濃霧のために、目的地を福岡空港

へ変更します」と機内アナウンスをしたと

き、機内では非難の声が上がった。


しかし、その飛行機が福岡空港へ到着し、

羽田空港での事故のニュースを知らされる

と、乗客は機長を賞賛した、というもので

す。


このエピソードからは、学ぶこと、感じる

ことがたくさんあると思います。


小林さんは、「乗員乗客の命の安全を確保

する」ことを最優先にするには、「危機に

遭遇した場合、みんなに好かれようとか、

よく思われようとはしない」ことが求めら

れるとご指摘されておられます。


そして、日本航空では、小林さんが入社す

る前から、「臆病と言われる勇気を持て」

「機長の判断を尊重する」という社風が定

着していたそうです。


と、ここまで書いた内容は、ほとんどの方

にご賛同いただけることだと思います。


ただ、これは、実践が難しいとも感じてい

ます。


これは、小林さんも述べておられました

が、仮に、前述のエピソードで、カナダの

航空会社の飛行機の事故がなかったとした

ら、目的地を変更した日本航空の機長の判

断は批判されるだけのことになっていたで

しょう。


すなわち、日本航空の機長の判断は、結果

論だったのかもしれないのです。


このように、機長の判断は、結果として、

単に会社の負担を増やすだけのことになる

かもしれないのに、それをを尊重すること

は、特に経営者としては、なかなか難しい

のではないでしょうか?


ただ、経営者が部下に対して結果だけを求

めてばかりいると、部下は、経営者の顔色

を見てばかりで自ら判断することをせず、

組織的な活動ができなくなるばかりか、航

空会社で言えば、安全よりも利益を重視す

る会社に陥ってしまうことになります。


とはいえ、経営者は、株主や銀行からは、

高い利益を得ることを常に求められてお

り、安全と利益の板挟みになる苦しい立場

に立たされています。


ただ、最近は、安全と利益は相反すること

と考える人は少なくなりつつあるとも感じ

ています。


むしろ、安全性を求めることが、会社の信

頼を高め、利益につながるという考えが主

流になりつつあるでしょう。


確かに、安全性を求めたり、機長の判断を

尊重するということは、短い期間では、相

反することもあるかもしれませんが、会社

は長期間活動するという前提で考えれば、

安全性を求めることを最重要の課題とすべ

きでしょう。


そして、経営者の方にとって大切なこと

は、部下に権限移譲をすること、そして、

権限移譲することができるような信頼でき

る部下、有能な部下を育成することだと私

は考えています。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第469回を

配信しました。


今回は、中小企業診断士の神谷俊彦さんに

お越しいただき、神谷さんが1月にご出版

された、「生産管理の実務と問題解決徹底

ガイド」( http://amzn.to/2nfDl5g )から、

上手な生産管理のノウハウについてお伺い

しました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/XUc6ry


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/uSnDWmUgLyU

(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の4月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「融資に強くなる勉強会」

4月4日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/dUvXzv



「スカイプ相談実施日」

4月10日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「信用保証協会徹底活用セミナー」

4月16日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF



「スカイプ相談実施日」

4月24日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「経営入門セミナー」

4月25日(水)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/hikyHE




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



シュレッダーは、紙くずがいっぱいになる

と動かなくなるので、その時点で紙くずを

捨てなければなりません。


でも、私がサラリーマン時代は、シュレッ

ダーが止まっても、中の紙くずを捨てずに

圧縮して、再び動く状態にする人が何人か

いて、それでもいよいよ紙くずが圧縮でき

ないときに、諦めて中の紙くずを捨てると

いうことが行われていました。


ただ、これを続けると、本当に急いで書類

を処分したいというときに、シュレッダー

が動かない状態になると困るので、私は、

余程急ぎのことがない限り、シュレッダー

の中の紙くずがいっぱいになったときに、

それを捨てるようにしていました。


たいしたことではないのですが、これも、

リスク管理のひとつかなと思います。


また、いずれ、紙くずは誰かが捨てなけれ

ばならないのであれば、外れくじを引いた

気分にならないよう、自ら進んで捨てれば、

少しは気分が楽になります。









◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:02| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする