2018年04月09日

[ビジネスのきづき](480)「機会平等と結果平等」

読者のみなさま、こんにちは。






先日、近所のお知り合いのお宅で、久しぶ

りに、鮫のステーキをおいしくいただいて

きた六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.2万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●機会平等と結果平等

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



先日、久留米大学理事の久原正治さんのお

話を、ポッドキャストで聴きました。


(ご参考→ https://goo.gl/263mtt


久原さんのお話は、次のような内容です。


すなわち、米国では、個人の行動は自分で

決めるものであるという風土がある。


そこで、その自由の裏付けである自己責任

についても重く考えられており、ルールを

破ったときの罰則も重い。


一方、日本では、個人で判断する自由は少

なく、多くのことは集団で決めるという風

土がある。


そこで、集団で規則を破るときがあって

も、個人が罰せられることは少なかった。


ところが、日本では、会社運営の仕組みに

ついて、風土の違う米国の仕組みをそのま

ま取り入れてしまったので、日本では集団

で意思決定をしているにもかかわらず、そ

れが規則違反であった場合、個人が罰せら

れるということになってしまった、という

ものです。


最近、日本の大手企業で不祥事が相次いで

表面化していますが、限定された違反者が

いたということではなく、問題のあること

についてずっと会社で引き継がれてきたと

いう例が見られます。


仮に、米国の会社で同じようなことが行わ

れようとしたら、引き継ぎが行われるとき

に、「これは規則違反だから、自分は引き

継がない」という判断をする人が多いので

はないでしょうか?


でも、日本では、規則違反があっても、そ

れについておかしいという声をあげること

は難しく、前例として踏襲されてしまいや

すい風土があります。


話を本題に戻すと、米国の会社は機会が平

等である一方で、日本の会社は結果が平等

になるような風土があると思います。


(100%そうだというわけではありませ

んが、米国と比較して、日本は結果平等な

社会だと私は考えています)


そして、機会平等と結果平等の一方が正し

くて一方が誤りということではないと思い

ます。


目指すところが何なのかということによっ

て、どちらか適しているかということも変

わってきます。


ただ、組織的な力に会社の業績が左右され

る時代にあっては、組織の構成員は個人が

責任をもって行動を決める人である方が望

ましいと私は考えています。


前述の「集団で決める」という方法は、単

なる合意形成であって、積極的な意思決定

をしているわけではありません。


また、「集団で決める」慣例が定着してし

まうと、安易に前例を踏襲し、深く考える

ことなく現状維持をしてしまうなど、思考

停止の状態に陥りやすくなります。


かといって、米国の狩猟型のような考え方

をしていただけでも、うまくいくとは限り

ません。


例えば、米国で考え出された、バランスス

コアカード(BSC)は、米国の会社が、

会計的な利益、短期的な利益の行き過ぎた

追及を反省してできた、会社経営のための

ツールです。


したがって、今回の記事の結論は、「組織

の力を高めるにはどうすればよいか」とい

ことが求められている時代においては、機

会平等と結果平等と統合した、新しい考え

方が組織と個人に求められているというこ

とです。


それでは、それを実現するためにはどうす

ればよいかということが鍵になりますが、

私自身、現在、それを明確に打ち出せない

でいます。


それを明確にするためにも、いま、研鑽を

積んでいるところです。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第470回を

配信しました。


今回は、中小企業診断士の神谷俊彦さんに

お越しいただき、神谷さんが1月にご出版

された、「生産管理の実務と問題解決徹底

ガイド」( http://amzn.to/2nfDl5g )から、

上手な生産管理のノウハウについてお伺い

しました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/ibehFg


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/TW-BsgnjDkk

(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の4月〜5月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「スカイプ相談実施日」

4月10日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「信用保証協会徹底活用セミナー」

4月16日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF



「スカイプ相談実施日」

4月24日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「経営入門セミナー」

4月25日(水)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/hikyHE



「融資に強くなる勉強会」

5月7日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/yb6kWw




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が住んでいる栃木県では、昔から、鮫を

食べる土地柄なのだそうです。


私は、子どものころから鮫が食卓に上がっ

ていたので、鮫を食べることは一般的なこ

とだと思っていたのですが、栃木県以外で

は、鮫は、ふかひれ以外は食べられていな

いそうです。


これは、理由ははっきりしていないような

のですが、鮫の肉には他の魚より尿素が多

く含まれているので、アンモニアの臭いが

するために、食べるのにはもともと適して

いないようです。


ただ、このアンモニアのおかげで腐りにく

いので、内陸部の人は、鮫を食べるように

なったとも言われています。


ちなみに、ふかひれの産地でもある気仙沼

では、ひれをとられた後の鮫は、かまぼこ

などの原料にされているので、間接的に、

鮫肉は多くの人が食べているのかもしれま

せん。


ところで、鮫の味そのものについてですが、

食感はちょっと柔らかいチキンという感じ

で、骨もないので、とても食べやすいです。


ただ、ちょっと独特の味がしますので、胡

椒や生姜で味付けすると、おいしくいただ

けます。









◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:01| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする