2018年04月18日

[ビジネスのきづき](489)「決算書を読んで黒字にする」

読者のみなさま、こんにちは。






最近、近所に農産物直売所ができて、新鮮

な野菜が安く買えるようになり、ほぼ、毎

日、かみさんがそこで買い物をするので、

野菜を食べる量が増えている六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.2万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●決算書を読んで黒字にする

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



経営コンサルタントの竹内謙礼さんのご著

書、「200社に足を運んでわかったお客

さんがホイホイ集まる法則 」

( https://amzn.to/2HAUbV6 )を拝読しま

した。


ここには、竹内さんが直接会社経営者に取

材した成功事例が多数載っており、どれも

目をひくものなのですが、今回は、東京都

内の生花店の事例をご紹介したいと思いま

す。


その生花店は、店舗販売からインターネッ

ト販売専門に販売方法を変えたものの、利

益が出ない状況が続いていたそうです。


そこで、このままでは売上を伸ばしても利

益は出ないのではないかと社長は考え、会

計を勉強して決算書を見直したそうです。


その結果、生花の仕入れ代金は変動幅が大

きく、利益管理を困難にしているというこ

とが分かったそうです。


そこで、同社では花の価格の変動する生花

市場からの仕入れをやめ、直接、花の生産

者から仕入れることにしたそうです。


その結果、安定的な利益を得られるように

なった上に、付加価値を高めて販売する戦

略も実践できるようになったということで

す。


この事例で、竹内さんは、会社経営者は、

決算書の数字を軽んじる傾向にあるとご指

摘されておられます。


経営者の方の中には、自分のやり方が正し

いと思い込んでしまう人も少なくないの

で、そのような方は、客観的な数値で表さ

れる決算書を読んで事業運営を判断しない

ので、事業が赤字に陥ってしまいやすいと

いうことです。


そこで、前述の生花店のように、決算書を

見て事業運営を判断すれば、利益を得る精

度が高まるということです。


今回、私が、この生花店の事例を引用した

理由のひとつは、実は、決算書を軽んじて

いる経営者、または、決算書を遠ざけてい

る経営者は少なくないと感じたからです。


経営者の方の多くは、自分のやりたいやり

方で事業を運営したいと望んでいたり、ま

た、それが起業の動機となっているので、

そのことを直接批判はできません。


ただし、自らが選択した方法が奏功しなけ

れば、それは修正する必要があります。


そこで、事業が芳しくない会社では、最低

限、決算書の数字と向き合うことは避けら

れないということです。


もし、自分のやりたいことはやるけれど、

その結果に責任を持たないということであ

れば、それは、経営者としては失格でしょ

う。


もうひとつの理由は、「景気回復の恩恵を

感じられない」という経営者の方は多いも

のの、竹内さんがご著書で紹介している会

社のように、きちんと利益を得ている会社

もあるということです。


しかも、利益を得ている会社は、特別なこ

とをしている訳ではないということです。


前述の生花店の場合、決算書を見て対策を

講じた結果、仕入れ先を変更しただけに過

ぎません。


このように、私は、「景気回復の恩恵を感

じられない」会社があったとしても、万策

が尽きているとは考えていません。


何らかの工夫の余地はまだまだ残っている

と思います。


今回引用した生花店以外にも、竹内さんの

ご著書で紹介された他の事例も、難しいこ

とを実践しているわけではありません。


もう少し足もとを見ることで、業況が芳し

くない会社であっても、現状を変えること

は可能だと、私は考えています。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第471回を

配信しました。


今回は、弁理士の新井信彦さんにお越しい

ただき、新井さんが昨年10月にご出版さ

れた、「パクリ商標」

( https://amzn.to/2qit4H5 )から、商標

の上手な活用法についてお伺いしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/MgqEAP


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/f2nepb_y7uY

(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の4月〜5月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「スカイプ相談実施日」

4月24日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi



「経営入門セミナー」

4月25日(水)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/hikyHE



「融資に強くなる勉強会」

5月7日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/yb6kWw



「信用保証協会徹底活用セミナー」

5月14日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



最近は、6次産業化に関心を持つ方が増え、

農産物直売がたくさん行われるようになり

ました。


農産物直売は、それほど難しくないことだ

と思うのですが、やはり、従来の販売方法

の慣行を変えるということは、これまでの

農家の方にとってはたいへんなことだった

のだと思います。


これですべてが解決するわけではないです

が、農産物直売の取扱高は徐々に増えてい

るときいています。


私のようなものがおいしい野菜を安く買え

るようになるためにも、農産物直売が農業

振興にもっと貢献できる場所になって欲し

いと思います。







◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:05| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする