2018年06月12日

[ビジネスのきづき](544)「いい男がいない」

読者のみなさま、こんにちは。






最近、リラックスしたいときは、アヴェ・

マリアを聴くようにしている六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.2万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●いい男がいない

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




私は、婚活コンサルタントの菊乃さんのブ

ログ記事をよく読みます。


理由は、彼女の人に対する洞察力が著しく

すばらしいと感じているからです。


先日も、「いい男がいない」と悩んでいる

独身女性に関する記事を興味深く拝読しま

した。


(ご参考→ https://goo.gl/skzW5B


主旨としては、いい男がいないと悩んでい

る女性は、出会った男性に対して、「清潔

感がない」「会話が面白くない」など、批

判ばかりしているが、批判ばかりしている

女性は男性から見て魅力的ではない。


また、見事結婚がかなった知人の女性に対

して「どこで結婚相手に出会ったのか」と

きいたりするが、出会った場所が問題なの

ではなく、大切なのはどれだけ結婚に向け

て努力したのかということであって、そこ

には目が向かない。


このような女性は、相手をコントロールし

ようとするだけで、自分自身を変える努力

を怠っている、というものです。


この記事を読んだとき、私も似たような経

験があると感じました。


というのは、事業改善のためのご相談者か

ら、「事業が良くなる方法はないか」「こ

れから売れる商品はどういうものか」「良

い人材を得るにはどうすればよいか」とい

う質問を多く受けます。


これらの質問は、一見すると、切実な質問

のように思えます。


しかし、すべての方ではありませんが、中

には、経営者である自分はいままで通りの

やり方を変えるつもりはないが、コンサル

タントであるあなたにもうかるように事業

を変えて欲しい(または、売れる商品を探

して来て欲しい、従業員の能力を高めて欲

しいなど)というように、自分に合わせて

他者や環境を変えようと考えている方も少

なくないと考えています。


一方で、「社長のレベルが会社のレベル」

とよく言われているように、会社は社長自

らが能力を高めようとしないと、業績もよ

くならないと言われています。


だから、社長でありながら、自らは変わら

ずに周りを変えようとしている人は本当に

いるのか、と疑問を感じる方も多いでしょ

う。


これについては、割合としては少ないなが

ら、いわゆる自己中心的な経営者という人

もいるのは事実だと感じています。


ただ、それだけでなく、これは、私自身に

も言えることなのですが、会社経営者の方

は自分でも気づかないうちに、自己中心的

になってしまっているということがありま

す。


これもひとつの例ですが、いま、私が制作

しているポッドキャストにゲスト出演して

いただいている税理士の金成祐行先生は、

ご著書の中で、かつて、事務所の職員4人

全員からいきなり退職願いを突きつけられ

たことがあったそうです。


私は、金成先生をとても人徳のある方であ

ると思っているのですが、仕事の忙しさの

あまり、そのときは金成先生はだいぶ独り

善がりになってしまっていたようです。


この事件の結論としては、金成先生は自ら

を省みて、リーダーとしての行動を変える

ことで、職員全員が退職するという危機を

乗り切ったそうです。


今回の記事の結論は、人は、どうしても他

人をコントロールしようとしてしまいがち

なので、特に、経営者であれば、そのこと

が会社の業績に大きく影響してしまうの

で、なおさら注意することが大切だという

ことです。


では、それを防ぐためにはどうすればよい

かということは、また、別の機会に述べた

いと思います。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第479回を

配信しました。


今回も、税理士の金成祐行さんにお越しい

ただき、経営者保証ガイドラインについて

お教えいただきました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/q1vsk7


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/YRN0GQVQsUE

(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の6月〜7月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「信用保証協会徹底活用セミナー」

6月13日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF




「スカイプ相談実施日」

6月22日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「経営入門セミナー」

6月25日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/p5U4VB




「融資に強くなる勉強会」

7月4日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/c9nRUc





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




アヴェ・マリアは、多くの作曲家が作曲し

ていて、100曲以上あると言われている

そうです。


私もすべて聴いているわけではないのです

が、メンデルスゾーン、グノー、カッチー

ニなどの曲を好んで聴いており、中でもシ

ューベルトの曲が最も印象的です。


とはいえ、まだまだ聴いていない曲もある

ので、これからもっといい曲がないか、ほ

かの作曲家の作品も聴いていきたいと思い

ます。








◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:04| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

[ビジネスのきづき](543)「利益額と利益率」

読者のみなさま、こんにちは。






最近、夜遅い時間にお腹が減ったときは、

きゅうりを切っておいしくいただいている

六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.2万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●利益額と利益率

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




よく、「経営者は利益額と利益率のどちら

を重視すればよいのか」という問いかけが

話題になることがあります。


この問いについては、私から見れば、昨年

の日本シリーズの優勝チームであるソフト

バンクホークスと、J1リーグ優勝チーム

の川崎フロンターレのどちらが強いかと問

われているようなものであり、答えること

が不可能と考えています。


しかしながら、なぜ、前述のように、利益

額と利益率を同じテーブルのせて比較して

しまうようなことが起きるのかという原因

について考えてみました。


ひとつは、事業の展開の方向を明確にして

いないことが原因だと思います。


利益額は絶対的な数値であり、利益率は相

対的な数値です。


すなわち、売上額、利益額も個別の数値で

すが、利益率は売上額と利益額によって導

かれます。


この利益率が使われる理由は、条件が異な

るものを比較するためです。


その条件とは、会計年度、製品、部門など

で比較するためです。


例えば、前々年の売上額が5,000万円

で利益額が400万円のときと、前年の売

上額が6,000万円で利益額が450万

円のときで、どちらが業績が良いかを見る

ときに、ひとつの比較方法として利益率が

使われます。


一方で、単に、絶対的な数値である、利益

額400万円と450万円を比較しただけ

では、数値が多いか少ないかということし

か分かりません。


もちろん、利益額は多い方が望ましいです

が、利益額だけで業績を比較することは、

限定的な判断しか導かれないでしょう。


話を戻すと、事業をより細かく分析しよう

とするときに、利益率を使うことの必要性

が高まります。


では、どのようなときに事業を細かく分析

することになるかといえば、事業を拡大し

ていくときでしょう。


したがって、事業を拡大していこうとする

経営者にとっては、利益率の重要性は高ま

ります。


一方で、事業をあまり大きくせず、小規模

のまま維持しようとする場合は、利益率を

使う必要性は低いでしょう。


事業が小規模な会社では、毎期目指すもの

は、利益率を高くすることよりも、利益額

を多くすることの方が適切といえるでしょ

う。


このように、自社の事業をどのように展開

するかが明確であれば、重視する数値もお

のずと明確になってきます。


もうひとつの原因は、事業管理の優先順位

が低いことです。


前述のような、事業展開を管理するにあ

たって重視すべき数値が何かということ

を、前もって理解しないまま事業を始めた

経営者は、利益額と利益率のどちらが自社

の管理にとって大切かという疑問を持って

しまうのかもしれません。


事業規模の小さい会社の経営者の方は、軸

足が事業にあっても問題はないと思います

が、だからといって、管理がおろそかに

なってもよいということにはなりません。


現在は、事業運営と事業管理のバランスの

よい会社が業績もよくなる時代ですので、

管理のポイントを理解して事業に臨めば、

冒頭にあげた疑問を持つことはなくなるで

しょう。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第479回を

配信しました。


今回も、税理士の金成祐行さんにお越しい

ただき、経営者保証ガイドラインについて

お教えいただきました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/q1vsk7


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/YRN0GQVQsUE

(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の6月〜7月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「信用保証協会徹底活用セミナー」

6月13日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF




「スカイプ相談実施日」

6月22日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「経営入門セミナー」

6月25日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/p5U4VB




「融資に強くなる勉強会」

7月4日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/c9nRUc





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




夏の野菜といえば、きゅうりが代表的です

が、95%が水分ということで、おなかが

膨れる割には熱量が少ない点がメタボにと

ってはうれしいです。


とはいえ、塩をつけすぎて塩分が多めにな

ったり、マヨネーズをつけすぎて油をとり

すぎたりしないように気をつけて、おいし

く食べたいと思います。


と、ここまで書いていたら、ちくわのきゅ

うり詰めを作って食べたくなりました。^^;








◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:04| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

[ビジネスのきづき](542)「会計の課題を1番目にする」

読者のみなさま、こんにちは。






最近、おひるごはんは自分で作った海鮮丼

食べている六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.2万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●会計の課題を1番目にする

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




先日、私が制作しているポッドキャストに

ゲスト出演していただいた、税理士の金成

祐行先生から、「顧問先には、営業よりも

会計を1番に考えるように伝えている」と

いうお話を聞きました。


(ご参考→ https://goo.gl/q1vsk7


実は、私は、会計を専門分野のひとつにし

ておきながら、金成先生のおっしゃったよ

うなことは、なかなか口にすることはして

きてきませんでした。


なぜなら、会計は、事業の成果を「お金の

論理」で映すもので、それだけで事業のす

べてを判断してはいけないと思っていたか

らです。


もう少しありていに言えば、会社を評価す

るときは、数字や金銭などの定量的な情報

に偏ってはいけないと考えていたので、ご

相談を受けた経営者の方には、「会計を1

番に考えるように」とは言うことは避けて

きたということです。


一方で、金成先生はなぜ「営業よりも会計

を1番に考えるようにしなさい」と言って

いるかというと、日本の会社では、昔から

会計は軽んじられる傾向にあり、経営者が

会計を最優先に考えるようにするというく

らいがちょうどいいということだからだそ

うです。


この金成先生の考え方も妙になるほどと

思ったのですが、後から考えてみれば、日

本では、経営者は会計をもっと重視した方

がよいと私も感じました。


経営者の方の役割は、それだけがすべてで

はないものの、管理業務が大きな部分を占

めているということは誰もがご理解される

と思います。


その管理業務は、購買管理、生産管理、販

売管理、労務管理、財務管理などがありま

す。


そして、これらのすべての管理には、「数

字」が使われます。


もちろん、数字だけがすべてではありませ

んが、やはり重要な部分を占めます。


ここで、もし、数字に向き合っていない会

社経営者がいるとすれば、果たして、財務

管理は後回しにはしているけれど、生産管

理、販売管理は優先しているというように

は言えないのではないでしょうか?


これを言い換えれば、中小企業では、「数

字に向き合う=管理業務を行う」というこ

とになっていると思います。


金成先生は「会計を1番」とお話ししてお

られますが、財務管理を通して、営業の状

況、生産の状況なども管理することは前提

になっておられると思います。


会計を通しての管理は、もちろん、財務管

理が中心になると思いますが、それでも事

業の多くの部分を管理の対象とすることに

なるでしょう。


そして、財務管理だけではものたりないと

限界を感じるような水準になったときは、

さらに、生産管理、営業管理にもっと直接

的にアプローチすればよいと思います。


今回の結論は、経営者は数字に向き合うこ

とは避けられず、数字に頼らない高度な管

理を目指しているとしても、まず、数字で

の管理方法を習得しなければならないとい

うことです。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第479回を

配信しました。


今回も、税理士の金成祐行さんにお越しい

ただき、経営者保証ガイドラインについて

お教えいただきました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/q1vsk7


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/YRN0GQVQsUE

(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の6月〜7月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「信用保証協会徹底活用セミナー」

6月13日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF




「スカイプ相談実施日」

6月22日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「経営入門セミナー」

6月25日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/p5U4VB




「融資に強くなる勉強会」

7月4日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/c9nRUc





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




私はもともと魚介類はすきなのですが、あ

えて海鮮丼を自分で作っている理由は、か

みさんから「一人でごはんを食べる時は、

献立が肉に偏っている」と指摘されたから

です。


そこで、「牛丼」をやめて「海鮮丼」を努

めて食べるようにしました。


もちろん、お魚はお肉くらい値段が高いで

すが、形がいびつで値段が安くなっている

ものや、値下シールの貼ってあるものを、

近所のスーパーマーケットで買って来て、

自分で盛り付けて食べます。


海鮮丼は自分で作って(というほどのもの

でもありませんが)食べてもおいしいです

ね。(と、いっても、生の魚をごはんにの

せるだけですから、当然ですが…(^-^;)








◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:04| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする