2018年06月11日

[ビジネスのきづき](543)「利益額と利益率」

読者のみなさま、こんにちは。






最近、夜遅い時間にお腹が減ったときは、

きゅうりを切っておいしくいただいている

六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.2万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●利益額と利益率

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




よく、「経営者は利益額と利益率のどちら

を重視すればよいのか」という問いかけが

話題になることがあります。


この問いについては、私から見れば、昨年

の日本シリーズの優勝チームであるソフト

バンクホークスと、J1リーグ優勝チーム

の川崎フロンターレのどちらが強いかと問

われているようなものであり、答えること

が不可能と考えています。


しかしながら、なぜ、前述のように、利益

額と利益率を同じテーブルのせて比較して

しまうようなことが起きるのかという原因

について考えてみました。


ひとつは、事業の展開の方向を明確にして

いないことが原因だと思います。


利益額は絶対的な数値であり、利益率は相

対的な数値です。


すなわち、売上額、利益額も個別の数値で

すが、利益率は売上額と利益額によって導

かれます。


この利益率が使われる理由は、条件が異な

るものを比較するためです。


その条件とは、会計年度、製品、部門など

で比較するためです。


例えば、前々年の売上額が5,000万円

で利益額が400万円のときと、前年の売

上額が6,000万円で利益額が450万

円のときで、どちらが業績が良いかを見る

ときに、ひとつの比較方法として利益率が

使われます。


一方で、単に、絶対的な数値である、利益

額400万円と450万円を比較しただけ

では、数値が多いか少ないかということし

か分かりません。


もちろん、利益額は多い方が望ましいです

が、利益額だけで業績を比較することは、

限定的な判断しか導かれないでしょう。


話を戻すと、事業をより細かく分析しよう

とするときに、利益率を使うことの必要性

が高まります。


では、どのようなときに事業を細かく分析

することになるかといえば、事業を拡大し

ていくときでしょう。


したがって、事業を拡大していこうとする

経営者にとっては、利益率の重要性は高ま

ります。


一方で、事業をあまり大きくせず、小規模

のまま維持しようとする場合は、利益率を

使う必要性は低いでしょう。


事業が小規模な会社では、毎期目指すもの

は、利益率を高くすることよりも、利益額

を多くすることの方が適切といえるでしょ

う。


このように、自社の事業をどのように展開

するかが明確であれば、重視する数値もお

のずと明確になってきます。


もうひとつの原因は、事業管理の優先順位

が低いことです。


前述のような、事業展開を管理するにあ

たって重視すべき数値が何かということ

を、前もって理解しないまま事業を始めた

経営者は、利益額と利益率のどちらが自社

の管理にとって大切かという疑問を持って

しまうのかもしれません。


事業規模の小さい会社の経営者の方は、軸

足が事業にあっても問題はないと思います

が、だからといって、管理がおろそかに

なってもよいということにはなりません。


現在は、事業運営と事業管理のバランスの

よい会社が業績もよくなる時代ですので、

管理のポイントを理解して事業に臨めば、

冒頭にあげた疑問を持つことはなくなるで

しょう。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第479回を

配信しました。


今回も、税理士の金成祐行さんにお越しい

ただき、経営者保証ガイドラインについて

お教えいただきました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/q1vsk7


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/YRN0GQVQsUE

(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の6月〜7月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




「信用保証協会徹底活用セミナー」

6月13日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF




「スカイプ相談実施日」

6月22日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「経営入門セミナー」

6月25日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/p5U4VB




「融資に強くなる勉強会」

7月4日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/c9nRUc





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




夏の野菜といえば、きゅうりが代表的です

が、95%が水分ということで、おなかが

膨れる割には熱量が少ない点がメタボにと

ってはうれしいです。


とはいえ、塩をつけすぎて塩分が多めにな

ったり、マヨネーズをつけすぎて油をとり

すぎたりしないように気をつけて、おいし

く食べたいと思います。


と、ここまで書いていたら、ちくわのきゅ

うり詰めを作って食べたくなりました。^^;








◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:04| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする