2018年06月28日

[ビジネスのきづき](560)「数字が読めるともうかる」

読者のみなさま、こんにちは。






3月に、操作を間違って加入してしまった

ソフトバンクモバイルのとく放題サービス

で、最近、お得に買い物ができることを知

り、激安商品の買い物を楽しんでいる六角

です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.2万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●数字が読めるともうかる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




楽天市場で人気のある花屋「ゲキハナ」を

運営している、古屋悟司さんのご著書、

「『数字』が読めると本当に儲かるんです

か?」( https://amzn.to/2yOOLW3 )を拝

読しました。


ご著書の概要は、古屋さんが脱サラして激

安の花屋を開店し、売上を順調に伸ばした

にもかかわらず、資金繰がなかなかうまく

維持できない状態が続きました。


当初は、顧問税理士に対処法を相談してい

たのですが、的確なものは得られずに悩ん

でいたところ、知人からスゴ腕税理士を紹

介され、経営者のための会計、すなわち、

管理会計を学びます。


ただ、管理会計といっても、この本では、

ほぼ、損益分岐点分析だけを解説していま

す。


結果として、損益分岐点分析により、どう

すれば利益が得られ、会社にお金が残るよ

うになるかということが明確になり、そし

て、ようやく念願通り、継続して黒字を計

上できるようになったというものです。


実は、この本を読んだとき、私も、著者の

古屋さんのような悩みを持っていた経営者

の方に、これまでたくさん会ってきたこと

を思い出しました。


そのような方々は、売上を増やしてもなか

なか利益が得られず、銀行からの融資で赤

字で不足する資金を補填して、苦しみなが

ら事業を続けているという方たちです。


そして、私が会社の財務状況を分析し、改

善方法を提案するのですが、いったんはそ

れに賛同していただくものの、それをなか

なか実践できず、資金繰が苦しい状態が続

くという例が多くありました。


私は、そのような経営者の方たちに対して

「どうして助言通りのことを実践してもら

えないのだろう」と不思議に思ってきたの

ですが、古屋さんの本を読んで、実は、助

言そのものを十分に理解してもらっていな

かったということが分かりました。


すなわち、私の助言は、「赤字になるよう

な引き合いは断っていただき、利益が確保

できる条件の注文だけに応じてください」

というものです。


経営者の方もそれにはいったん納得してい

ただくのですが、その後、経営者の方が実

際に注文を受けたときに、赤字の可能性が

高くても断ることが怖くなり、その注文を

受注してしまうようです。


古屋さんも、スゴ腕税理士から、採算の悪

い商品は値上げするよう助言されますが、

やはり、売上が減ることをだいぶ怖がった

ようです。


ただ、古屋さんの違うところは、自ら損益

分岐点分析を学んだことです。


そして、商品ごとの限界利益率を計算し、

どの商品が利益をもたらし、どの商品が損

失をもたらしているかを自分で把握してい

ました。


そのことが、もうからない商品を販売する

ことは無意味どころか、自らの首を絞める

ことを十分に納得でき、売上が減ってしま

うかもしれないという怖さに耐えることが

できたそうです。


そして、たとえ値上げをしても、顧客が欲

しい商品は売れるという確信をつかみ、さ

らに、そのような顧客が離れないために、

花の育て方の説明書を添えるなどの工夫を

して、得意客を増やしていったそうです。


今回の記事の結論は、会計の知識を持つこ

とによって、値上げの怖さをやわらげるこ

とができるということです。


古屋さんは、会計がわからない状態で会社

を経営することを「目隠し運転の経営」と

表現していますが、ある意味、経営者が目

隠ししていては、きちんした経営ができな

いことは明らかです。


経営者の方は会計の専門家になる必要はあ

りませんが、目隠し運転という状態から抜

け出すだけでも、誤った判断を繰り返すこ

とは避けられます。


さらに、自らが会計の論理を理解している

ことで、適正な利益を確保するという至極

当然の手法を、専門家から提案されて受動

的に行うのではなく、自ら納得して能動的

に行うことができるようになります。


現在の日本の経営環境では、これを実践す

るだけでも、会社を黒字にすることは十分

に可能だと私は考えています。


むしろ、赤字の会社は、利益の管理が欠け

ていることが、赤字の最大の原因になって

いると思います。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第481回を

配信しました。


今回も、税理士の金成祐行さんにお越しい

ただき、経営理念の作成の上手な方法につ

いてお教えいただきました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/uq8nbj


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/eUzEkD8BJ1M

(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の7月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





「融資に強くなる勉強会」

7月4日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/c9nRUc




「スカイプ相談実施日」

7月5日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「信用保証協会徹底活用セミナー」

7月13日(金)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF




「スカイプ相談実施日」

7月19日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「経営入門セミナー」

7月25日(水)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/8SKbq6





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




携帯電話には電話会社から頻繁に広告メー

ルが届きますが、3か月ほど前にとく放題

の案内のメール届いたとき、削除の操作を

するつもりが、誤ってとく放題に加入の操

作をしてしまいました。


https://tokuhodai.jp/


その後、退会の手続きをしようとしました

が、その手続きの方法が分からずに、仕方

なくそのままにしていましたが、いろいろ

と特典があることが分かりました。


最近では、うどんのごまだれや、入浴剤を

安く買うことができたり、くじを引くと、

コンビニでジュースを引き換えできるクー

ポンがもらえたりして、月額590円の会

費のもとがとれている感じです。


私は時間がないので、あまり使わないので

すが、ほかにも映画館などの遊技施設など

の割引特典もあるようです。


だからどうということでもないのですが、

久々に棚から牡丹餅をもらえたような気分

になりました。










◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:02| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする