2018年07月02日

[ビジネスのきづき](564)「KnowHowとKnowWhy」

読者のみなさま、こんにちは。






先日、暑さのあまり、かき氷を急いで食べ

たら、しばらく頭痛がして動けなくなった

六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.2万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●KnowHowとKnowWhy

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




高知市にあるトヨタ系ディーラーのネッツ

南国について研究した、田中研之輔さんと

山崎正枝さんのご著書「走らないトヨタ」

( https://amzn.to/2lFbiuI )を拝読しま

した。


ネッツ南国は、業績が好調で全国的に有名

なカーディーラーで、私もかねてから注目

していました。


ちなみに、全国のトヨタ販売店の販売台数

は、平成14年は168万台、平成24年

は165万台と、横這いであるのに対し、

ネッツ南国では、平成14年は799台か

ら平成24年には1,552台と、2倍近

くに増加させています。


実は、田中さんの山崎さんのご著書は、専

門家向けの内容で、初学者の方には難解な

部分もあるのですが、同社の業績が好調な

理由をひとことでいうと、従業員満足度

(ES)と顧客満足度(CS)の好循環を

まわしているからです。


ESとCSの好循環つくることは、難易度

の高い戦略ですが、同社創業者の横田さん

(同社前社長、現相談役)が愚直にそれを

実践してきたということに尽きます。


そこで、ご参考に、同書に書かれていた横

田さんの考え方をひとつご紹介したいと思

います。


それは、KnowHowとKnowWhy

です。


これは、もともとは、鎌田勝さんという経

営コンサルタントの方の言葉だということ

です。


すなわち、かつて、日本は外国を模倣して

産業を拡大してきたが、そのときは、Kn

owHow(手段・方法・手法)を学べば

よかった。


しかし、現在は、自ら創造することが重要

な時代であり、そのためには、KnowH

owを作り出すための、意義・目的・本質

を掘り下げる能力である、KnowWhy

を身に付ける必要があるということです。


横田さんは、KnowHowを問題対処能

力、KnowWhyを問題解決能力とも言

い換えています。


そして、問題対処とは、売上や利益など、

短期的で定量的な課題を改善することだ

が、それだけでは部分最適を目指すことに

なるので、従業員の幸福といった定性的な

課題を解決する能力を持った人材を育成す

ることが必要だと考えているようです。


それでは、どうすればKnowWhyを身

に付けた人材を育成することができるかと

いうことが気になるところですが、実は、

それは、いままでの記事で私が述べてきた

ように、一朝一夕では実現できない長期的

な施策であり、ご関心のある方は、田中さ

んのご著書をお読みいただきたいと思いま

す。


今回の記事の結論は、業績を高めるために

は、どうすれば顧客を満足させることがで

きるのか、どうすれば従業員を満足させる

ことができるのかといった、より本質的な

課題を解決できる人材を育成することが必

要になり、その人材を育成するための能力

が経営者に問われているということです。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第482回を

配信しました。


今回も、税理士の金成祐行さんにお越しい

ただき、経営理念の作成の上手な浸透のさ

せ方についてお教えいただきました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/46CQoZ


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/7iiZQLHe_EY

(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の7月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





「融資に強くなる勉強会」

7月4日(水)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/c9nRUc




「スカイプ相談実施日」

7月5日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「信用保証協会徹底活用セミナー」

7月13日(金)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF




「スカイプ相談実施日」

7月19日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「経営入門セミナー」

7月25日(水)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/8SKbq6





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




いわゆるアイスクリーム頭痛は、森永乳業

さんによると、「冷たいものを食べて喉元

が冷やされた際、体が体温を維持しようと

血流量を増すために血管が広がって頭痛が

引き起こされる。また、冷たいものを食べ

ると喉の三叉神経が刺激され、三叉神経が

冷たさと痛さを混同し、痛みとして脳に伝

達される」からということのようです。


(ご参考→ https://goo.gl/JExQZZ


ちなみに、天然氷のかき氷は頭痛がしない

と言われていますが、講談社の「おとなの

週末」によると、それは、天然氷だからで

はなく、氷の温度をマイナス5℃にして削

ると、頭痛がしなくなるそうです。


(ご参考→ https://goo.gl/bx389p


結論として、かき氷はゆっくり食べること

が正解のようです。









◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:01| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする