2018年09月27日

[ビジネスのきづき](651)「組織と人的システム」

読者のみなさま、こんにちは。





先日、ご近所の方から冬瓜をいただき、さ

っそく冬瓜でスープを作って食べた六角で

す。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.4万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●組織と人的システム

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





多くの方は、「組織の三要素は、コミュニ

ケーション、貢献意欲と共通目的」ときい

たことがあると思います。


しかし、一方で、「どうしてこの3つが組

織の要素なのか?」と疑問に思っている人

もいるのではないでしょうか?


でも、その疑問を抱きつつ、この三要素は

多くの専門家が口にしているので、それで

間違いないのだろうと、やや消化不良気味

に思っているのではないかと思います。


そして、私も、前述の組織の三要素を疑問

に思うことは当然だと思っています。


まず、組織とは人の集まりなので、要素に

人が含まれていないことは不思議に感じる

と思います。


では、なぜ、組織の三要素に人が含まれて

いないのかというと、前述の「組織の三要

素」の「組織」とは、私たちが普段使って

いる「組織」が指すものとは違うものを指

しているからです。


よく引用されている組織の三要素は、米国

の組織論の研究者のバーナードの定義した

ものです。


バーナードのが定義する組織は、これも有

名ですが、「2人以上の人々の、意識的に

調整された諸活動または諸力のシステム」

というものです。


一般的に使われている組織は、共通目的を

持った人々の集まりを指しますが、バー

ナードが指す組織は、やや分かりにくい概

念ですが、「諸活動や諸力のシステム」と

いう「動き」や「仕組」を指しています。


(この定義の理解はやや困難なので、バー

ナードの定義する組織は、「活動」を指し

ていると考えていただいても構いません)


では、バーナードは、人はどのようにとら

えていたかというと、「人的システム」と

いう人のつながりとしてとらえており、こ

れは、一般的な組織とほぼ同じです。


今回の記事の本旨は、組織の説明ではない

ので、組織と人的システムの詳細は、拙著

「図解でわかる経営の基本いちばん最初に

読む本」( http://amzn.to/2lu3fU4 )を

お読みいただければ幸いです。


本題に戻ると、専門家が、「組織の三要素

は、コミュニケーション、貢献意欲と共通

目的」とだけ述べているときは、恐らく、

バーナードの定義する組織が、私たちが普

段使っている組織と同じものを指すと思い

違いをしているのではないかと思います。


私は、バーナードも、普段使われている言

葉を、別のものを指すものとして使ったこ

とに問題があると思いますが、「組織の専

門家」も、組織の研究者の大家の学説をよ

く理解した上で組織の三要素を説明すべき

だと思います。


では、「コミュニケーション、貢献意欲と

共通目的」は何なのかということですが、

「組織活動の効率化のための三要素」とし

て理解すればよいのではないかと、私は考

えています。







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第494回を

配信しました。


今回は、日本マクドナルドOBで、経営コ

ンサルタントの松下雅憲さんから、上手な

飲食店の運営方法についてお伺いしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/YNn9GS


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/cQrF3xF_m-8

(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の10月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






「スカイプ相談実施日」

10月3日(水)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「融資に強くなる勉強会」

10月5日(金)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/nQmTk8




「信用保証協会徹底活用セミナー」

10月15日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF




「スカイプ相談実施日」

10月16日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「経営入門セミナー」

10月25日(木)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/VAbcu6






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





ウィキペディアによると、冬瓜は、文字通

りの冬の瓜という意味ではなく、夏に採れ

るけれども、冬まで日持ちする瓜という意

味だそうです。


冬瓜は味がしないので、正直なところ、特

においしいとは思っていませんが、熱量が

少ないところがポイントです。


冬瓜はこれからも積極的にいただきたいと

思います。








◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:03| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月26日

[ビジネスのきづき](650)「劣等感は経営者の敵」

読者のみなさま、こんにちは。





昨日の夜、空の月を見たら、すっかり秋ら

しくなったことを感じた六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.4万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●劣等感は経営者の敵

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





先日、著名な心理カウンセラーのKさんの

ブログを読んで、気になることがありまし

た。


(ご参考→ https://goo.gl/cqmQiQ


Kさんが、「子どもを虐待する親は神」と

ブログで書いたことが炎上したようです。


Kさんの言葉は誤解を生みやすい表現だっ

たのかもしれませんが、炎上したのは、そ

れが理由ではないと思います。


Kさんは、人はもともと他人を傷つけてし

まう存在であり、その現実を受け入れるこ

とが大切であり、また、他人を傷つける存

在であっても、そのことが人間の存在価値

を否定することではないと、主張していま

す。


しかし、劣等感の強い人は、このKさんの

主張には過剰に反応するようです。


そのような人たちは、自分にはもともと存

在価値がないので、常によいことをしてい

なければ評価されないと考えているようで

す。


そこで、子どもを虐待する親の存在価値を

認めようというKさんの考え方は、日々、

歯をくいしばって、悪いことはせず、よい

ことだけをしている自分の努力が否定され

ていると感じてしまうのでしょう。


では、なぜこの件が気になったのかという

と、ビジネスにたずさわっていると、あち

らを立てればこちらが立たないという岐路

に立つことが、頻繁にあるからです。


私がこれまでお会いしてきた中小企業経営

者の方の多くは、このような経験を何度も

経ているので、ある意味、他人から陰口を

言われたり、自分を批判しているという人

の存在を受け入れています。


でも、それに耐えられるのは、自分を批判

している人以上に、自分を評価している人

もいるという自信があるからでしょう。


陰口をいう人の存在の多さは、経営者に

とって勲章なのかもしれません。


もちろん、100人中20人の人に嫌われ

る覚悟で80人の人をよころばせようとし

て決断したことが、後になって、20人の

人しかよろこばず、80人の人から嫌われ

てしまうことがあるかもしれません。


でも、それは結果論です。


もっとも避けなければならないことは、嫌

われる相手が増えることを恐れて、決断す

ることから逃げることです。


経営者の方が決断から逃げることは、すべ

ての人から批判されることになります。


当然、批判されたり嫌われたたりしたら、

自分の存在価値がないと考えている人は、

経営者は務まらないでしょう。


よい経営者になるには、自己肯定がしっか

りできることが条件になるということを、

Kさんのブログを読んで、改めて感じまし

た。






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第494回を

配信しました。


今回は、日本マクドナルドOBで、経営コ

ンサルタントの松下雅憲さんから、上手な

飲食店の運営方法についてお伺いしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/YNn9GS


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/cQrF3xF_m-8

(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の10月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






「スカイプ相談実施日」

10月3日(水)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「融資に強くなる勉強会」

10月5日(金)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/nQmTk8




「信用保証協会徹底活用セミナー」

10月15日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF




「スカイプ相談実施日」

10月16日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「経営入門セミナー」

10月25日(木)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/VAbcu6






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





秋の月といえば、月見。


日本の慣習以外に特に理由はないと思いま

すが、月といえば、秋が最も風情を感じま

す。


春の桜と同様に、秋の月をみて季節を味わ

いたいと思います。









◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:03| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

[ビジネスのきづき](649)「担保の価値」

読者のみなさま、こんにちは。





先日、おからパウダーがダイエットに効果

があるときいたので、近所のスーパーマー

ケットで購入しようとしたら在庫がなく、

ネット通販でも最低1か月待ちの状態で、

仕方なく、生のおからを食べることにした

六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.4万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●担保の価値

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





銀行が担保を受け入れるとき、当然のこと

ながら、その担保にどれくらいの価値があ

るかを評価します。


なお、担保にはいろいろなものがあります

が、ここでは、銀行が受け入れる担保の中

で最もオーソドックスな不動産担保に絞っ

て説明します。


不動産の評価の仕方は、不動産鑑定士の方

が評価するような方法を基本に行われます

が、実際の売買のために行うのものではな

いので、やや簡便な方法で行われます。


そして、この担保の評価の基本的な考え方

は、売却したらいくらになるかということ

です。


もう少し細かく書くと、時間をかけずに売

却し、かつ、売却のための費用を差し引い

た残りはいくらになるかということです。


そのような考え方のため、土地の価額は、

実勢価額などの70%程度、建物について

は取得価額から経年劣化した価額を差し引

いた価額の50%程度を、担保としての価

値と判断しているようです。


そこで、例えば、1,000万円の土地を

購入するときの融資額は、土地の価額の全

額ではなく、700万円を上限として融資

をするという方針の銀行が多いようです。


(ただし、住宅ローンについては、事業を

目的とした不動産の購入が目的ではないこ

とから、前述のような方針をとらない銀行

が多いようです)


また、前述の通り、不動産担保は時間をか

けずに売却できることが前提なので、不動

産であっても担保に向かないものもありま

す。


例えば、市街化区域(地方自治体によって

積極的に開発を行う区域として指定されて

いるため、用途の制限が少ない区域)以外

の区域は、売却することが困難であること

から、市街化区域の不動産のみを担保とし

て受け入れている銀行も多いようです。


また、同様に、売却が難しい借地上の建物

も、担保として受け入れないか、または、

受け入れたとしてもかなり低い価値として

しか評価されません。


さらに、よく問題となるのは、未登記物件

といわれるものです。


建物の敷地となっている土地を担保にする

ときは、土地だけを売却することは困難で

あり、土地と建物の両方を処分することが

できるよう、一般的には両者を同時に担保

にします。


しかし、もし、土地の上に登記されていな

い建物があると、その建物について、担保

の登記ができない(≒建物を担保にできな

い)ので、土地だけを担保にしたとして

も、その土地の担保としての価値は極めて

低くなります。


これは、例えば、ある会社の社屋と敷地を

担保とした後に、会社が敷地内に倉庫など

を建て、それを登記しないままにしてしま

うというときに、このような問題が起きま

す。


以上が、担保のおおよその考え方なのです

が、不動産に関する知識が少な経営者の方

の場合、購入価額を単純に不動産の価値と

考えてしまいがちです。


そのような方が経営する会社が、不動産担

保を条件として融資を申し込むとき、自分

が考えている担保不動産の価額と比較し

て、銀行の担保の評価額が低く、希望の額

の融資を受けられず、不満を持ってしまう

場合もあります。


そして、トラブルを避ける観点から、一般

的には、銀行は、担保不動産の評価額を、

融資の相手には伝えません。


このような事例については、ケースバイ

ケースなので、一概に対策を述べることは

難しいですが、銀行は、担保不動産を、す

ぐに売れる価格で評価していると考えてお

くことが、担保を条件とする融資の時に行

き違いを起こさないためのポイントになる

と思います。







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第494回を

配信しました。


今回は、日本マクドナルドOBで、経営コ

ンサルタントの松下雅憲さんから、上手な

飲食店の運営方法についてお伺いしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/YNn9GS


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/cQrF3xF_m-8

(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の10月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






「スカイプ相談実施日」

10月3日(水)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「融資に強くなる勉強会」

10月5日(金)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/nQmTk8




「信用保証協会徹底活用セミナー」

10月15日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF




「スカイプ相談実施日」

10月16日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「経営入門セミナー」

10月25日(木)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/VAbcu6






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私はもともとおからがすきだったのですが、

それがパウダー状になって売られているこ

とはしりませんでした。


パウダー状になると、日持ちしたり、他の

食品に混ぜやすくなるということのようで

す。


確かに、パウダー状になると便利ですが、

売られていないものは仕方ないので、冒頭

で述べたとおり、しばらくは生のおからを

食べるようにしたいと思います。










◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:03| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする