2018年11月30日

[ビジネスのきづき](715)「アイディアを募ることは無責任?」

読者のみなさま、こんにちは。







もう半月前のことですが、東京メトロ千代

田線の6000系電車のラストランで、多

くの鉄道ファンが押し掛けたというニュー

スを聴いて、日本の鉄道ファンのパワーに

驚いた六角です。


(ご参考→ https://goo.gl/aYtV4Y


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.6万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●アイディアを募ることは無責任?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





よく、経営者の方が、従業員の方に対し、

「新しい収益機会や事業改善につながりそ

うな、よいアイディアがあったら出して欲

しい」という要望を出すことがあります。


これは、一見すると、ボトムアップでの事

業改善の手法であり、評価できる手法と思

われがちですが、私は、安易に従業員の方

にアイディアを募ることは避けるべきと考

えています。


なぜなら、従業員の方にアイディアを求め

ても、経営者の方が満足するものが得られ

る可能性は低いからです。


その原因は、従業員の方に能力がないとい

うことではなく、従業員の方は経営者の方

のポジションで事業を見る機会を持ってい

ないからです。


言い換えれば、従業員の方は自分の担当の

範囲でしか事業を見ることしかできないの

で、仮に、何かアイディアを出したとして

も、それは、従業員の立場でのアイディア

であって、経営者の立場でのアイディアで

あることは少ないということです。


もちろん、従業員の方が、経営者の方に役

立つであろうと感じた情報や気づきを伝え

たいと思うことがあると思います。


そういった、従業員の方の配慮には耳を向

けるべきですが、しかし、それをそのまま

戦術に採り入れたり、参考にして新たな戦

術をつくったりするときは、いったん、経

営者自身が経営者の観点で齟齬がないかを

確認し、経営者の判断として実践すべきで

す。


ここまでは教科書的なことを書いたのです

が、これは、私の中小企業をみてきた経験

から感じることとして、従業員の方にアイ

ディアを出して欲しいと要望を出す経営者

の方は、実は、経営者自身が、ほとんど事

業遂行に時間をとられ、事業改善をどうし

たらよいかという方法を考える時間がとれ

なくて思案に暮れ、従業員の方に一緒に事

業改善の方法を考えて欲しいという意味で

要望を出していると感じます。


ただし、冒頭でも触れましたが、従業員の

意見に耳を傾けることは必要ですが、経営

者には、会社全体を俯瞰して戦術を採用す

るという、経営者にしかできない役割があ

ります。


ここで私がこだわっている「会社全体を俯

瞰する」というのは、いわゆる会社の組織

や事業を俯瞰するということではありませ

ん。


内部環境である自社の事業や従業員の特色

だけでなく、顧客、仕入先、業界動向、銀

行などの外部環境も含めて判断する必要が

あるということです。


これを言い換えれば、外部環境・内部環境

の全体を見て意思決定を行うという、経営

者本来の役割に軸足を置いていないと、安

易に従業員の方に頼ってしまうことになる

ということが、今回の記事の結論です。


繰り返しになりますが、経営者の方が従業

員の方と話し合うことはよいことではあり

ますが、それだけで会社の方針を決めてし

まうと、偏ったものになったり、効果が低

いものになったりしてしまう可能性が高く

なります。






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第503回を

配信しました。


今回も、中小企業診断士の神谷俊彦さんに

お越しいただき、神谷さんのご著書「図解

で分かるRPAいちばん最初に読む本」

( https://amzn.to/2NMiWEf )から、RP

Aについてお伺いしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/od7MRw


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/zkoCSpJAxI8


(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の12月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






「融資に強くなる勉強会」

12月3日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/NLS1o6




「スカイプ相談実施日」

12月6日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「信用保証協会徹底活用セミナー」

12月14日(金)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF




「スカイプ相談実施日」

12月20日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「経営入門セミナー」

12月26日(水)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/dN23hH






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





冒頭で触れた地下鉄の件ですが、惜しまれ

つつ引退する車両がある一方で、かつて丸

ノ内線を走っていた500形電車が、譲渡

先のアルゼンチンから里帰りしたというニ

ュースも目にしました。


(ご参考→ https://goo.gl/g9GcD4


日本で30年間走ったあと、アルゼンチン

で20年間走り、修理すればまだ走れると

いうのは、日本の電車の車両はすごいなぁ

と思います。


500形電車は、修理したあと、社員研修

やイベントなどに使われる予定なので、一

般の人も、懐かしい車両を目にすることが

できる日が近いということですね。


そのときは、鉄道ファンの方には、マナー

を守って見学していただきたいです。








◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 07:56| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月29日

[ビジネスのきづき](714)「事業改善の当事者」

読者のみなさま、こんにちは。







もう、ことしも残すところ1か月あまりと

なりましたが、この季節になると、クリス

マスソングをたくさん聴きたくなってしま

う六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.6万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●事業改善の当事者

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





先日、日産のゴーン前会長が金融商品取引

法違反で逮捕された問題に関し、同社を監

査した監査法人の責任が問われるのではな

いかという旨の記事を読みました。


(ご参考→ https://goo.gl/mvcJ9M


しかし、私は、以下のような理由から、同

社で強大な権限を持っていたゴーン氏の違

法行為を事前に見抜くことを、監査法人に

求めることは酷なのではないかと考えてい

ます。


その理由のひとつは、監査は、会社のすべ

ての取引を検査するのではなく、プロセス

に問題がないかを見ることが役割であると

いうことです。


これは、もれが起きる可能性もあるとも言

えますが、もれが起きないようにするには

全量を確認することになり、物理的に困難

です。


ふたつめは、監査法人の公認会計士や職員

は、被監査会社に常駐はしていないという

ことです。


監査法人の公認会計士や職員は、定期的に

被監査会社を訪問はするものの、その頻度

では、これもトップの違法行為を見抜くこ

とは困難でしょう。


確かに、監査法人が会社の違法行為を見抜

くことができればそれに越したことはあり

ませんが、前述のような前提であれば、ど

んなに優秀な監査法人でも限界があると言

えるでしょう。


ところで、立場は異なるのですが、私も、

コンサルティングの顧問先から、従業員と

同じくらいの会社に関する状況を把握して

おいて欲しいという要望を受けることがあ

ります。


私も、なるべく、そのような要請に応じる

努力はしますが、それには、前述の監査法

人と被監査会社の関係と同様に、限界があ

ります。


コンサルタントは、顧問先の会社に常駐し

ないし、また、すべての取引を見ているわ

けではありません。


すなわち、事業を改善しようとする日常的

な活動は、コンサルタントのような外部専

門家では行うことはできないので、経営者

と従業員が自ら行わなければならないこと

が前提ということです。


これは、当たり前のことを述べていると感

じるかもしれませんが、経営者の方の中に

は、「コンサルタントにコンサルティング

を依頼したのだから、事業の改善はコンサ

ルタントに任せよう」と考えてしまう方も

少なくありません。


ここは意見の分かれるところなのですが、

私は、コンサルタントは顧問先の事業改善

の「当事者」になってはならないと考えて

います。


これを言い換えれば、コンサルタントに当

事者になって欲しいと考えている経営者の

方は、自分で解決できそうにない課題がで

きたら、コンサルタントに代わって解決し

てもらおうという意図があるのでしょう。


確かに、事業の効率化のためにアウトソー

スできる部分はアウトソースすることは必

要ですが、事業の改善活動は外部に依頼し

てはならないし、依頼できるものでもない

ということが、今回の記事の結論です。


ちなみに、日産の事件の件は、経営トップ

に遵法の意識がなければ、その責任の一端

を外部専門家に求めることは筋違いである

と思います。


また、これは現段階では断言できないもの

の、経営トップの不法行為について内部告

発があったということは、日産の役職員に

は、自らが会社をよくしようと考えている

志の高い方がいるということの表れだと思

います。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第503回を

配信しました。


今回も、中小企業診断士の神谷俊彦さんに

お越しいただき、神谷さんのご著書「図解

で分かるRPAいちばん最初に読む本」

( https://amzn.to/2NMiWEf )から、RP

Aについてお伺いしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/od7MRw


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/zkoCSpJAxI8


(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の12月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






「融資に強くなる勉強会」

12月3日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/NLS1o6




「スカイプ相談実施日」

12月6日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「信用保証協会徹底活用セミナー」

12月14日(金)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF




「スカイプ相談実施日」

12月20日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「経営入門セミナー」

12月26日(水)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/dN23hH






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





クリスマスソングというと、私は、ナット

キングコールのザ・クリスマスソングを思

い浮かべます。


(ご参考→ https://youtu.be/hwacxSnc4tI


この歌を聴くと、家に早く帰って家族とく

つろぎたいという気持ちになります。


そして、60年近く前の曲なのに、あまり

古くない感じがしていいですね。








◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 07:56| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

[ビジネスのきづき](713)「木こりとサトリ」

読者のみなさま、こんにちは。







先日拾ってきた捨て猫のうち、1匹を飼う

ことにしたのですが、その子猫のあまりの

元気の良さに、毎日の世話に疲れてしまっ

ている六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.6万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●木こりとサトリ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





先日、岡山県倉敷市にある真言宗の寺院、

高蔵寺の住職の天野高雄さんのメールマガ

ジンを読みました。


(ご参考→ https://goo.gl/aZgqBW


「仏教説話に『木こりとサトリ』というも

のがあります。


サトリとは架空の獣のことで、誰もが獲物

として狙っている希少な珍獣です。


ある日、木こりが、木の伐採のために山中

に入っていったところ、偶然、サトリと遭

遇します。


そこで、木こりがサトリを捕獲しようと、

持っていた斧を構えると、サトリは『その

斧で俺を殺す気だな』とつぶやきました。


構わず木こりが動くと、サトリは、『ん、

ちょっと不安になってるな』などと、木こ

りの心中をすべて読み解いてしまいます。


何をやろうとしても的中しているので、木

こりは、とうとうあきらめて、サトリに構

わず、当初の目的の、斧で木を倒すことに

専念します。


すると、振り下ろした斧の刃が外れて、そ

ばにいたサトリに当たり、ついには仕留め

ることが出来たのです」


この説話は、ビジネスにもそっくりあては

まると思います。


「木こり→経営者」、「サトリ→名声・評

価」と置き換えれば、よく分かると思いま

す。


すなわち、経営者が名声を求めて活動しよ

うとすると、周りの人たちにその下心が読

まれてしまい、かえって名声を得られなく

なります。


でも、邪心を持たずに、真摯に本来の事業

運営に専念すると、いつしか名声が得られ

るということだと思います。


でも、私自身も含め、人は、どうしても見

返りを求めたくなる習性があるようです。


このようなことは、私が述べるような資格

はありませんが、心を鍛えることによって

純粋に経営に没頭できるようになり、その

ような人が経営する会社に対しては、多く

の協力者が現れるようになり、やがて、事

業が成功し、その経営者も評価されるよう

になるのでしょう。


ところで、ここから述べることは、やや、

こじつけ気味な面もありますが、私は、経

営者はプロセスにこだわるべきと、機会が

あるごとに述べてきました。


できるだけ近道をして、結果だけを得よう

と考える経営者の心の中には、早く名声を

手にしたいという気持ちも、少なからずあ

るのだと思います。


でも、きちんとしたプロセスを得ないで、

仮に事業が成功したとしても、私は、それ

はくじを引いて当たったようなものとしか

評価されないと思います。


真に経営者が評価されるためには、きちん

とした経営者の努力の跡(=プロセス、ま

たは、プロセスの確立)が欠かせないと、

私は考えています。






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第503回を

配信しました。


今回も、中小企業診断士の神谷俊彦さんに

お越しいただき、神谷さんのご著書「図解

で分かるRPAいちばん最初に読む本」

( https://amzn.to/2NMiWEf )から、RP

Aについてお伺いしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/od7MRw


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/zkoCSpJAxI8


(Youtubeへは、音声のみアップ

ロードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の12月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






「融資に強くなる勉強会」

12月3日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/NLS1o6




「スカイプ相談実施日」

12月6日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「信用保証協会徹底活用セミナー」

12月14日(金)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF




「スカイプ相談実施日」

12月20日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「経営入門セミナー」

12月26日(水)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/dN23hH






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





いっしょに暮らし始めた子猫ですが、ちょ

っと目を離すと、壁紙を爪でひっかき始め

たり、障子紙を破いたり、網戸を昇り始め

たりと、いたずらを始めてしまいます。


そうやって1時間ほど格闘すると、自分の

ベッドに戻って眠り始めます。


本当は、仕事がなければ、ずっと猫と遊ん

でいたいのですが、そうもいかなくて残念

です。


早く仕事を追いかける状態にして、すきな

ときに猫と遊べるようになりたいです。







◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 07:57| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする