2019年03月19日

[ビジネスのきづき](825)「PDCA日報」

読者のみなさま、こんにちは。







先日、近所のスーパーマーケットでよもぎ

饅頭が売られていて、衝動買いしてしまっ

た六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.7万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●PDCA日報

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





日報コンサルタントの中司祉岐さんのご著

書、「小さな会社の売上を倍増させる最速

PDCA日報」を拝読しました。


(ご参考→ https://amzn.to/2TSKoCp


ところで、経営者の方の多くは、経営コン

サルタントとは、ピンチに立っている顧問

先に、逆転ホームランの打ち方を教えて、

あっという間にヒーローにしてくれる人だ

と考えているようです。


確かに、経営コンサルタントは、ある程度

は事業運営の定石を知っていますが、かと

いって、残念ながら、誰にでも逆転ホーム

ランを打てるようにさせることは、現実的

にはできません。


もし、それが可能であれば、日本は成功者

であふれているはずです。


では、経営コンサルタントは、実際には顧

問先に対して何をしているのかというと、

シングルヒットと送りバントの打ち方(小

さな成功の仕方)を教えて、こつこつと1

点ずつ得点する(小さな成功を積み重ね

る)ことをしてもらっています。


中には、経営コンサルタントに指導しても

らって大成功したと言われる経営者もいま

すが、そういう人も、多くは、長い年月を

かけて小さな成功を積み重ねたからこそ、

大きな成功をしているように見えるのだと

思います。


話がそれますが、京セラの創業者の稲盛さ

んも、京セラの約1.6兆円の利益剰余金

は、毎日、数十万円の売上を得るために、

顧客まわりをしていたから積み上げられた

とお話しされておられます。


話をもどして、私も顧問先の方には、小さ

な成功を積み重ねてもらうことが、コンサ

ルティングの中心になっています。


ところが、簡単なようでなかなかできない

ことが、この小さな成功の積み重ねを続け

ることです。


それは、ひとことで言えば、すぐに効果を

感じられないなどの理由で、小さな成功の

積み重ねを続けることができないというこ

とです。


そこで、中司さんは、そのような方に対し

て、小さな成功を積み重ねることを継続し

てできるようにするためのツールとして、

PDCA日報を薦めているようです。


日報というと、部下が上司に活動内容を報

告するものを思い浮かべる方が多いと思い

ますが、中司さんのいう日報は、「手帳と

日記の機能を加えている」ものです。


すなわち、手帳→計画、日報→行動記録、

日記→振り返りと改善の、4つのPDCA

の機能があることから、中司式日報によっ

てPDCAを実践できるわけです。


そして、これを毎日実践すれば、PDCA

の実践の速度が速まり、たとえ小さな成功

の積み重ねであっても、短期間で大きな成

功になるわけです。


実例は、中司さんのご著書に書かれていま

すが、月商6万円のカフェが、1年半で月

商50万円に、月商96万円の生花店が、

4年後に月商674万円に、月商59万円

のカレー店が、2年後に月商254万円

に、月商35万円の弁護士事務所が、3年

後に月商1,042万円になるなど、確実

な効果が現れています。


これは、中司さんの顧問先が、満塁ホーム

ランの打ち方を覚えたからではなく、こつ

こつとヒットとバントで得点してきたこと

の成果です。


繰り返しになりますが、ほとんどの成功者

の方は、1度きりの大きな成功をしたので

はなく、小さな成功をいくつも積み重ねて

きているのであり、中司さんのPDCA日

報は、その小さな成功の積み重ねを、継続

して、かつ、高速で実践するためのツール

です。


もし、なかなか自社の事業の改善が進まな

い、改善策を実行しようとしても長続きし

ないという悩みをお持ちの経営者の方は、

この中司さんのご著書をお読みいただき、

PDCA日報を実践してみていただきたい

と思います。






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第519回を

配信しました。


今回は、ポッドキャストプロデューサーの

岡田正宏さんをお伺いし、ポッドキャスト

のビジネスへの活かし方についてお伺いし

ました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/ASWxU1


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/dgNLJ63Rs3A


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の3月〜4月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






「スカイプ相談実施日」

3月21日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「経営入門セミナー」

3月25日(月)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/k9baSY




「融資に強くなる勉強会」

4月5日(金)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/MLHQLG




「信用保証協会徹底活用セミナー」

4月15日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





冒頭で触れたよもぎ饅頭ですが、説明する

までもなく、よもぎを練り合わせた餅で作

った饅頭で、よもぎの味を楽しむことがで

きるお菓子です。


実を言うと、私は、よもぎ饅頭以外のよも

ぎの食べ方は知りません。


したがって、私にとっては「よもぎ=よも

ぎ饅頭」です。


よもぎ独特の苦みは、ふきのとうとも違っ

た苦みで、これもまた春らしさを感じるこ

とのできる食べものです。








◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:01| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

[ビジネスのきづき](824)「マネージャーの仕事」

読者のみなさま、こんにちは。







私が勝手に名付けている「春の御三家」の

ひとつのふきのとうが、先日、道端に芽を

出しているところを見つけて、春がやって

きたことを実感した六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.7万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●マネージャーの仕事

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





業務改善・オフィスコミュニケーション改

善士、沢渡あまねさんのご著書、「マネー

ジャーの問題地図」を拝読しました。


(ご参考→ https://amzn.to/2JduVIZ


私は、日ごろから「管理者の役割は大切」

と伝えていることから、大いに関心を持っ

て同書を読みました。


そして、期待通り、多くの「すっきり」を

感じることができました。


というのは、「管理者の役割は大切」とい

うことは否定はできないものの、具体的に

どうすればよいのかという疑問を多くの方

が持っていると思いますが、同書では、そ

れが実例をもとに解説されています。


最も印象的だった内容は、日本語の「管

理」は、英語で「Mnagement

(やりくり)」、「Control(統

制)」、「Administration

(事務執行)」の3つがあるということで

す。


私も、米国の経営学者の著書などを原書で

読むとき、これらは区別して使われている

ことが分かるのですが、日本語ではひとま

とめに「管理」になってしまっているとい

うところが、日本では「管理とはなにか」

というところを分かりにくくしているのだ

と思います。


すなわち、管理者の役割は幅広いので、こ

れらをひとりで遂行せようとせずに、分担

すればよいということを沢渡さんは述べて

おられます。


そして、詳細は同書をお読みいただきたい

のですが、5つのマネジメントの類型と、

そのために必要な9つの行動を例示してお

り、これによってぼやっとしていたマネー

ジャーの役割がはっきりと見えるようにな

ると思います。


その次に印象に残った内容は、どうやって

チャレンジしない風土をチャレンジする風

土に変えるかということです。


具体的には、(1)とにかくチャレンジす

る領域を確保する、(2)安全に怪我をで

きる場をつくる、(3)外の風を入れる、

(4)成果だけでなくプロセスも報告する

という4つの手法を実践するとよいと、沢

渡さんは説明していいます。


これは、「チャレンジ」を「改善」に置き

替えることができると私は感じました。


したがって、改善がなかなか進まない中小

企業経営者の方も、この4つの手法を実践

することで改善が進むと思います。


よく、経営者が管理職に対して、「きちん

と現場を管理しろ」、「すぐに事業を改善

しろ」という指示は出されますが、そのよ

うな抽象的な指示は、具体的に何をすれば

よいのかということが明確でないことが、

現場が空回りをする原因になっていると思

います。


本書を読むと、そのような「???」が取

り払われますので、「管理者はどういう行

動をしたらいいのか?」という疑問をお持

ちの方は、この本をお手元に置くことをお

薦めしたいと思います。






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第519回を

配信しました。


今回は、ポッドキャストプロデューサーの

岡田正宏さんをお伺いし、ポッドキャスト

のビジネスへの活かし方についてお伺いし

ました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/ASWxU1


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/dgNLJ63Rs3A


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の3月〜4月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






「スカイプ相談実施日」

3月21日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「経営入門セミナー」

3月25日(月)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/k9baSY




「融資に強くなる勉強会」

4月5日(金)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/MLHQLG




「信用保証協会徹底活用セミナー」

4月15日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





冒頭で触れた「春の御三家」ですが、これ

は、ふきのとうと、つくしと、かたくりで

す。


どうでもいいことですが、どれも食用とい

う共通点があります。


そして、3つとも見つけると、いよいよ春

本番ですね。


秋もおいしい季節ですが、春もけっこうお

いしい季節になりそうです。








◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:01| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

[ビジネスのきづき](823)「収益に応じた顧客対応」

読者のみなさま、こんにちは。







冷静に考えればあたりまえなのですが、3

月に入って、灯油を買う量が減ってきて、

うれしくなっている六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.7万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●収益に応じた顧客対応

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が銀行に勤務していたときは、銀行の不

良債権処理が社会問題になっていた時でし

た。


そういう背景もあったとはいえ、私が当時

勤務していた銀行の融資担当者は、業況の

よくない会社に多くの労力を割いていまし

た。


しかし、私は、そのような状況に疑問を感

じていました。


誤解されないように付言しますと、私は、

銀行が業績のよくない融資相手の支援する

ことそのものは否定しません。


しかし、実態として、採算を超える支援を

していた例も少なくないと考えています。


業績のよい会社と、業績のよくない会社で

は、融資利率に差があり、もちろん、業績

のよくない会社に高い利率で融資が行われ

ていました。


しかし、その利率の差は、業績のよい会社

に対する事務コストと、業績のよくない会

社に対する事務コストの差よりも少ないと

感じています。


というのは、業績のよい会社に対しては、

融資稟議書の作成は容易であるし、融資の

返済も約束通りに行ってもらえる一方で、

業績のよくない会社に対しては、融資稟議

書の作成には多くの時間を要する上に、融

資の回収にも前もって連絡をしたりするな

ど、時間も労力もかかりました。


この私の見立ては目分量と言われればその

通りですが、明らかに職員の労力から得ら

れる収益では、業績のよい会社の方がはる

かに大きいと感じていました。


ここで私が伝えたいことは、当時の銀行で

は、採算のとれない仕事をすることに疑問

を感じる人が少なかったということです。


その後、銀行では、採算の改善が必要とい

うことに目が向けられるようになり、相応

な採算確保に努めているようです。


しかし、それでも、現在でも十分な採算は

得られていないようで、先日、私と親しく

させていただいている信用金庫の理事長か

らお話をきいたところ、金融機関の競合が

激しくて、採算をなかなか得ることができ

ないでいるということでした。


本論からそれますが、現在、収益体質が脆

弱な金融機関が多いのは、このような金融

機関の競合の激しさが最も大きな理由だと

私は考えています。


話を戻して、今回、私が伝えたいことは、

銀行だけでなく、一般の会社でも起きてい

ることなのですが、労力(コスト)がけら

れている顧客(商品・地域)と、その顧客

(商品・地域)から得られる収益の多さは

必ずしも一致しているとは限らないという

ことです。


そういった、収益をもたらす顧客にこそ、

多くの労力をかけようという考え方に基づ

く事業戦略に、マイレージサービスなどが

あります。


中小企業では、マイレージサービスなどを

導入することは難しいと思いますが、そこ

までの大掛かりなしくみを導入しないまで

も、顧客ごとの収益を管理して、それに対

応する対応を行うということは、重要にな

りつつあると思います。


それを怠ると、あまり収益が得られない顧

客にばかり労力をとられ、本来、労力をか

けるべき優良顧客を失ってしまい、自社の

業績に悪影響を与えることになってしまい

ます。






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第519回を

配信しました。


今回は、ポッドキャストプロデューサーの

岡田正宏さんをお伺いし、ポッドキャスト

のビジネスへの活かし方についてお伺いし

ました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/ASWxU1


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/dgNLJ63Rs3A


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の3月〜4月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






「スカイプ相談実施日」

3月21日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「経営入門セミナー」

3月25日(月)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/k9baSY




「融資に強くなる勉強会」

4月5日(金)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/MLHQLG




「信用保証協会徹底活用セミナー」

4月15日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





冒頭で触れた灯油ですが、2月は1週間に

1回は灯油を買いに行っていましたが、3

月はまだ1度だけしか買いに行っていませ

ん。


灯油も節約したいところですが、暖房をけ

ちって風邪になってしまうと本末転倒なの

で、夜更かししないようにしながら過ごし

てきましたが、もうじき暖房も不要な季節

になりそうですね。


そういえば、8年前、計画停電の時に、電

気を使わない石油ストーブで暖まったり、

ガソリンが十分に買えなかったので、外出

を控えていたことを思い出しました。


灯油やガソリンがいつでも買える環境は、

ありがたいです。








◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:01| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする