2019年03月23日

[ビジネスのきづき](829)「借りることを目的にしてはいけない」

読者のみなさま、こんにちは。






先日、近所のハンバーグレストランで、金

券半額返還フェアを開いていたので、多く

のお客で込み合うお店で、おいしくお得に

ハンバーグをいただいてきた六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.7万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●借りることを目的にしてはいけない

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私は、かつて銀行に勤務していましたが、

銀行在職中に中小企業診断士の資格を取得

しました。


当時の銀行は、職員に対して中小企業診断

士の資格取得を奨励しており、資格取得を

希望する職員のために、銀行が、中小企業

診断士の講師を銀行に招き、資格取得のた

めの講義を開いていました。


その際、その講師の方は、私を含めた受講

者に対し、「この講義は、中小企業診断士

になるための講義ではなく、中小企業診断

士試験に合格するための講義と割り切って

欲しい」ということをお話しされました。


中小企業診断士試験に限らないと思います

が、ペーパーテストでは、資格に本来求め

られる能力のすべてを試すことはできない

ので、試験に合格したことと、その資格を

有するものとして一人前になるということ

は異なることがあります。


ただ、私たちは、仕事をしながら受験勉強

もしなければならず、その時間が限られて

いることから、前述のように、試験に合格

するためだけの講義とすることはやむを得

ないと感じました。


ちなみに、講義の受講者は約20名でした

が、約1年間の講義に皆勤できる人は少な

く、合格する人は1人から3人という厳し

い状況でした。


ここまで長い前振りでしたが、これから本

題に移ります。


私は、中小企業診断士試験の勉強は、試験

に合格するためだけの勉強と割り切ってい

たと書きましたが、その一方で、自分を棚

に上げるようですが、銀行から融資を受け

ようとする方は、「融資を受けることをだ

け目的として銀行に折衝すること」は避け

るべきと考えています。


このように書くと、「融資を受けることさ

え容易ではないのに、さらに負担を重くす

る方がよいという考えはおかしい」と考え

る方も多いと思います。


しかし、「融資を受けることが容易ではな

い」会社こそ、本当の課題は、融資を容易

に受けることができるようにすることでは

なく、「融資を受けることが容易ではない

状況」を改善することです。


もし、「融資を受けることが容易ではな

い」会社が容易に融資を受けることができ

てしまえば、「融資を受けることが容易で

はない」状況を改善する機会を失ってしま

います。


このように書くと、建前を述べているよう

に思われてしまうかもしれませんが、これ

までの私の経験では、「融資を受けること

が容易ではない」会社は、融資を受けるこ

とができさえすればよく、事業を改善する

ことにはあまり関心がない会社が多いと感

じています。


業況がよくなくても融資を受けることがで

きれば、わずかな期間でも事業を継続する

ことができますが、本当に事業を継続でき

るようにするために必要なことは、業績を

改善することです。


単に、融資を受けることだけで事業を継続

しようとしていると、早晩、事業は行き詰

まってしまうことに間違いはありません。


具体的には、融資の依頼をして断られた場

合には、どうすれば融資を受けることがで

きるようになるかを銀行から聞き取り、そ

れを自社の課題として取り組むことが求め

られます。


銀行から融資を断られた時、ほかに融資を

してくれそうな銀行を探し回ったり、「融

資コンサルタント」に代わりに折衝しても

らうことを繰り返すだけでは、経営者の本

当の役割を果たすことにはならないでしょ

う。






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第519回を

配信しました。


今回は、ポッドキャストプロデューサーの

岡田正宏さんをお伺いし、ポッドキャスト

のビジネスへの活かし方についてお伺いし

ました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://goo.gl/ASWxU1


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/dgNLJ63Rs3A


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の3月〜4月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






「融資に強くなる勉強会」

4月5日(金)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/MLHQLG




「スカイプ相談実施日」

4月9日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「信用保証協会徹底活用セミナー」

4月15日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF




「スカイプ相談実施日」

4月23日(火)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「経営入門セミナー」

4月26日(金)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://goo.gl/RPrb63






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





冒頭で触れたハンバーグレストランの金券

半額返還フェアですが、「半額返還」とい

う響きはインパクトがありますね。


私と同様に、お得に食事をしたいと考えて

いると思われる人たちで、お店はとても混

雑していました。


でも、水をさすようで恐縮ですが、半額返

還といっても、割引率は50%ではなく、

33%ということに気づいている人は少な

いのではないかと思っています。


例えば、1,000円の食事をして500

円の金券をもらい、また別の日に500円

で食事をしたとします。


そうすると、1,500円の食事に対して

支払った金額は1,000円なので、割引

率は、(1,500円ー1,000円)÷

1,500円=33.3%です。


でも、お店のいう「半額返還」に偽りがあ

るわけではないし、割引率33%であって

も大きい割引と思いますので、また、金券

半額返還フェアが開かれたときは、このお

店を利用したいと思います。









◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:01| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする