2019年06月14日

[ビジネスのきづき](912)「知恵借り十両」

読者のみなさま、こんにちは。









先日、近所のローカル線を、寝台列車四季

島が走っているところを見て、自分もいつ

か乗りたくなった六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.8万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●知恵借り十両

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





先日、米沢藩の財政を建て直したことで有

名な上杉鷹山が、「働き一両、考え五両、

知恵借り十両」という言葉を残しているこ

とを知りました。


これも有名な言葉なので、あえて言及する

必要はないと思いますが、念のために説明

すると、働くことは一両の価値があるが、

自ら考えて働くことは五両の価値があり、

さらに、ほかの人の知恵を借りて働くこと

は十両の価値がある、ということだと思い

ます。


では、なぜ、鷹山の言葉を引き合いに出し

たかというと、経営者の方はコンサルタン

トなどの専門家の知恵を借りて活用するべ

きだということを、私が伝えようとしてい

るからと受け止める方も多いと思います。


確かに、私がそのように感じる面もあるの

ですが、それよりも強く感じることは、中

小企業では、あまり、社外からノウハウを

採り入れることは少ないと感じており、そ

ういう会社経営者の方には、ぜひ、鷹山の

言葉について再度考えてみていただきたい

と思っています。


これに対して、「いや、私は多くの本を読

んだり、著名な経営者の講演を聴いたりし

て、自社の事業改善に活用している」と考

える経営者の方も多いと思います。


そのようなことを実践しておられる経営者

の方を私はたくさん知っており、そして、

そのような姿勢はすばらしいことと思いま

す。


でも、自社の財務諸表をきちんと官報や新

聞で公告したり、融資を受けている銀行に

決算書ができたら報告に行ったり、経営計

画を立案して銀行や従業員に報告している

会社はどれくらいあるでしょうか?


恐らく90%以上の会社は、「自社の経営

には、部外者からは口を挟まれたくない」

などといった考えから、積極的に情報を開

示していないと思います。


でも、自社の情報を積極的に公開すること

によって、外部からよりよい情報を得、業

績を伸ばしている会社もあります。


(ご参考→ https://goo.gl/5s9n9k


また、経営に関する情報だけでなく、中小

企業では、多くのことを自社で抱えてしま

う傾向にあると思います。


それは、自社の事業の一部を外注してしま

うと、外注費という固定費で経費が顕在化

してしまいますが、外注しなければ、外注

できる作業に関する費用が自社の人件費の

一部になり、それが見えにくくなってしま

うので、経営者の方はそれで安心してしま

うのだと思います。


例えば、流通業の実地棚卸業務は専門の棚

卸を代行する会社があり、そのような会社

に実地棚卸の代行を依頼すると、一見して

その外注費は高いと感じられるかもしれま

せん。


でも、不慣れな従業員に実地棚卸を行わせ

て残業代を払うよりも、専門家に任せた方

が、正確、かつ、短時間で棚卸を終わらせ

ることが可能になるかもしれません。


さらには、自社だけでは得られない高度な

ノウハウを、専門会社から得られる可能性

があります。


このような、自社にとって本来の業務以外

の業務は、あえて抱えない方がよいという

例が少なくないのですが、コストの顕在化

が経営者にとって心理的な壁となり、なか

なか効率化が進まない例が多いと、私は感

じています。


もちろん、会社の中のどんな業務でも外注

すればよいということではありませんが、

日本の中小企業では、「知恵借り十両」を

実践する余地はまだまだ多いと私は感じて

います。






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第531回を

配信しました。


今回は、日報コンサルタントの中司祉岐さ

んをお訪ねし、中司さんの新刊「小さな会

社の売上を倍増させる最速PDCA日報」

から、PDCA日報の上手な活用法につい

てお伺いしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://bit.ly/2K0iTlQ


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/nYKi8RGd5HA


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の6月〜7月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






「スカイプ相談実施日」

6月20日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「経営入門セミナー」

6月24日(月)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://amba.to/2wiE7Tn




「融資に強くなる勉強会」

7月5日(金)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://amba.to/2Mp1PYX





「信用保証協会徹底活用セミナー」

7月15日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





冒頭で触れた、寝台列車四季島ですが、す

ぐに予約が埋まってしまうくらい人気があ

るそうです。


鉄道というと、不採算路線がいまだに問題

になっていて、難しい事業と思っていまし

たが、東日本旅客鉄道の四季島や、九州旅

客鉄道のななつ星などは高い人気があり、

いまは、花形産業にもなっているような感

じがします。


私の近所を走っている東武鉄道でも、第三

セクターの真岡鐡道から蒸気機関車を1億

2千万円で買い取り、東武鬼怒川線で走ら

せるようです。


鬼怒川線では、現在も蒸気機関車が走って

いますが、機関車が1機増えることで、さ

らに運行数が増えるのかもしれません。


いずれにしても、観光列車の人気の高まり

によって、地方の観光振興にも期待したい

と思います。









◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 08:01| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする