2019年07月31日

[ビジネスのきづき](959)「多額の借財」

読者のみなさま、こんにちは。









先週の金曜日のことですが、土用の丑の日

の前日、山手線鶯谷駅の近くにある、蒲焼

割烹根ぎし宮川さんでうな重をいただき、

スタミナをつけてちょっと元気になた六角

です。


(ご参考→ https://bit.ly/2YamrcA


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.8万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●多額の借財

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




株式会社の取締役の権限は一定の制約があ

ります。


具体的には、会社法362条4項で、監査

役(会)設置会社の取締役会設置会社にお

いては、法令および定款によって株主総会

の権限とされた事項を除いて、重要な業務

執行の決定は取締役に委任することはでき

ず、取締役会の決議で決定しなければなら

ないと定めています。


この「監査役(会)設置会社の取締役会設

置会社」とは、指名委員等会設置会社、監

査等委員会設置会社などの新しく定められ

た形式の株式会社ではなく、昔からある会

社で、やや規模が多いので、取締役会が設

置されている会社のことです。


これも説明するまでもないと思いますが、

取締役会とは、会社法第326条第2項に

基づき、定款によって定められた会社の機

関をいい、定款によって取締役会の設置を

定めていない会社(取締役会非設置会社)

の取締役が集まって会議を開いた場合は、

会社法でいう取締役会ではありません。


話を戻して、取締役(代表取締役を含む)

が単独で決めることができない事項で、銀

行との取引に関連するものに、多額の借財

(会社法第362条4項第2号)がありま

す。


これは、多額の借入をするときは、社長ひ

とりで決めず、取締役会を開いて決めなけ

ればならないという規定です。


本論からそれますが、単に、借財というと

借入金を指しますが、ここでいう借財とは

他者を保証したり、約束手形を振り出した

り、リース取引をすることも含まれると解

釈されることが一般的のようです。


話を戻して、多額の借財の多額とはいくら

かということですが、これは、法律上の明

確な定めはなく、会社の実情に応じて判断

されるようです。


例えば、10億円の融資を受ける時、年商

20億円の会社であれば多額の借財に該当

すると判断される可能性が高いですが、年

商200億円の会社であれば、通常起きう

る運転資金と判断されるものでしょう。


そして、会社が受ける融資について銀行か

ら見て、会社法でいう「多額の借財」に該

当すると判断されたときは、多くの場合は

通常の書類に加え、その融資を受けること

について取締役会で決定した旨が記録され

た議事録の写しの提出を求められるようで

す。


ただ、前述のように、多額であるかどうか

に明確な規定がないため、会社側が多額で

ないと考えていても、銀行が取締役の決定

が必要と判断する場合もあります。


その場合は、銀行が、融資をする会社の社

長が、法律に反する決定をしているかもし

れないという懸念を払拭するためにも、私

は銀行の求めに応じるべきと思います。


また、定款で取締役会の設置を定めていな

い会社が、銀行から見て多額の借財の融資

を受けることになると判断されることに

なった場合はどうなるでしょう。


これについては、法律的には、取締役が単

独で決定してよいということになるでしょ

う。


したがって、銀行から、もともと設置され

ていない取締役会の議事録の写しの提出は

求められることはないでしょう。


ただ、それは、銀行が融資をするにあたっ

ての懸念を持っていないということではあ

りません。


取締役会が設置されていないために、取締

役会議事録の写しの提出を求めないだけで

す。


そのかわり、臨時株主総会を開き、そこで

多額の融資を受けることについて承認を得

た上で、株主総会の議事録の写しを提出す

るよう求められる可能性があります。


これについても、前述と同様の理由から、

提出に応じるべきだと私は思います。


仮に、会社の株主が社長ひとりであれば、

社長が行った決定と、株主全員の決定は同

じなので、株主総会議事録を作成すること

は意味がないように思われるかもしれませ

ん。


確かにそうなのですが、株式会社は、形式

的には、多くの株主が集まって出資をする

という前提で作られた公器です。


ですから、実際は株主が社長ひとりであっ

ても、銀行は株主としての決定をした記録

が欲しいと望むかもしれません。


その場合、「株主は社長ひとりだから株主

総会の開催に意味がない」という主張は、

「当社は表向きは株式会社だけれど、実態

は個人商店だ」と主張しているに等しいで

しょう。


したがって、銀行が、株主としての決定の

記録を要求する場合は、きちんと株主総会

議事録を作成して写しを提出するべきで

しょう。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第538回を

配信しました。


今回も、税理士の脇田弥輝先生にお越しい

ただき、上手な起業のしかたについてお伺

いしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://bit.ly/2JYF1vR


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/IqNU-kj--n0


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の8月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





「融資に強くなる勉強会」

8月5日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://amba.to/2xsDIye




「スカイプ相談実施日」

8月8日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「信用保証協会徹底活用セミナー」

8月19日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF




「スカイプ相談実施日」

8月22日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「経営入門セミナー」

8月26日(月)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://amba.to/2GmM7bm





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





冒頭で触れた蒲焼割烹根ぎし宮川さんです

が、創業は昭和16年の老舗です。


でも2年前にお店を建て替え、とてもきれ

いなお店です。


しかも、つきじ宮川本廛の暖簾分けを受け

たお店ということで、とてもやわらかくて

おいしいうなぎを食べることができます。


(ご参考→ https://bit.ly/2JYxWv3


もし、夏バテでうなぎを食べたいという方

がいらっしゃったら、ぜひ、鶯谷のお店に

足を向けてください。









◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 07:59| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

[ビジネスのきづき](958)「金融緩和では融資は伸びない」

読者のみなさま、こんにちは。









先日、手羽先のおいしい世界の山ちゃんに

行ったばかりですが、その味が忘れられな

くなり、その翌々日に再び世界の山ちゃん

に行って手羽先を食べた六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.8万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●金融緩和では融資は伸びない

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





先日、早稲田大学の小倉義明教授がダイヤ

モンドに寄稿した記事を読みました。


(ご参考→ https://bit.ly/32S9UcK


記事の要旨は次の通りです。


すなわち、2004年以降、銀行の貸出利

鞘は縮小している。


(都市銀行の場合、2004年は約0.8

%の利鞘が2017年は約0.3%に縮小

している)


ところが、人口減少の著しい地域ほど、資

金需要も縮小しており、その結果、信用コ

ストの大きい融資(業績の悪い会社への融

資)を増やしている傾向にある。


そして、日本銀行が異次元緩和を始める直

前の2013年3月から、2019年3月

までの6年間で、銀行の事業性融資は、約

54兆円増加しているが、そのうち約4割

の21兆円は、いわゆる不動産投資を含む

不動産業向けの融資となっている、という

ものです。


私は、この小倉教授の指摘を踏まえ、資金

供給者としての銀行は減る以外の選択はな

いと考えています。


というのは、これまでは、銀行はコンサル

ティング機能を発揮し、地方都市での資金

需要を増やすことで活路を見出すべきとの

金融庁の意向がありました。


しかし、それはミクロ経済の視点でのアプ

ローチであり、マクロ経済の視点では人口

減少が続いており、仮に個々の会社の事業

者としてのスキルが高くなったとしても、

パイは大きくなることはなく、全体として

資金需要は増えないからです。


本題からやや話がそれますが、日本銀行の

異次元緩和も、金利が下がれば民間での設

備投資が刺激されるという伝統的な考え方

のものとに行われてきましたが、実態とし

てインフレ目標の2%が6年経っても達成

できない理由は、前述の人口減少の環境に

あっては、資金が供給過剰になっているか

らであって、インフレ率が高くならないこ

とは当然です。


今回の記事の結論は、いままで、多くの国

民は、異次元緩和や銀行のコンサルティン

グ機能の発揮で、地方経済が活性化される

という政府の目標に期待してきた面もある

と思いますが、それはあまり現実的でない

ということが、(特に、スルガ銀行の不正

融資問題をきっかけに)露呈しつつあると

いうことです。


したがって、これから銀行の統合・合併は

ますます拍車がかかって行くということを

小倉教授の記事を読んであらためて感じま

した。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第538回を

配信しました。


今回も、税理士の脇田弥輝先生にお越しい

ただき、上手な起業のしかたについてお伺

いしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://bit.ly/2JYF1vR


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/IqNU-kj--n0


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の8月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





「融資に強くなる勉強会」

8月5日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://amba.to/2xsDIye




「スカイプ相談実施日」

8月8日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「信用保証協会徹底活用セミナー」

8月19日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF




「スカイプ相談実施日」

8月22日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「経営入門セミナー」

8月26日(月)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://amba.to/2GmM7bm





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





冒頭で触れた世界の山ちゃんのピリ辛手羽

先は、いままであまり手羽先に興味がなか

った私にとって、エポックメーキングな料

理になりました。


調理の仕方によって、こんなにおいしいも

のになるとは、思いませんでした。


まだしばらくは世界の山ちゃんに行く機会

が増えそうです。








◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 07:59| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

[ビジネスのきづき](957)「銀行訪問はリスクへの備え」

読者のみなさま、こんにちは。









最近、出張で使う特急電車の中で使えるW

i-Fiの接続の仕方が分かり、電車に乗っ

ているときも快適にインターネット閲覧が

できて助かっている六角です。


地方銀行に17年間勤務し、約800社の

中小企業のご支援を担当、その経験から習

得した支援ノウハウを活かして、経営コン

サルタントとして独立、がんばる日本の中

小企業を応援するため、今回も、ビジネス

書7冊(累計発行部数3.8万部)のビジ

ネス書作家として、ビジネスを加速させる

ためのきづきを、3分間で読めるメールマ

ガジンにしてお届けします。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●銀行訪問はリスクへの備え

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私は、時々、ビジネス交流会に参加するよ

うにしているのですが、それは、多くの人

と面識を作りたいと考えているからです。


それは、私が言うまでもありませんが、面

識がある人が多ければ、ビジネスチャンス

も増えることが期待でるからです。


そして、私以外の交流会の参加者も、同じ

ことを期待していると思います。


一方で、私がこれまでお会いした会社経営

者の方とお話をして感じることは、銀行職

員と面識のある人は、意外と少ないと感じ

ています。


これから銀行から融資を受けようとしてい

るという会社の経営者の方や、銀行から融

資を受けたことがないという会社の経営者

の方なら、銀行職員と面識がないというこ

とがあるとは思いますが、銀行から融資を

受けていている会社で、自社を担当してい

る銀行職員は誰か知らないという会社経営

者の方は半分くらいいると感じています。


むしろ、銀行との関係が緊密で、自社の担

当者や支店長と仲がよいという経営者の方

は10%〜20%くらいしかいないと感じ

ています。


ここまで書いて来たことからは、私が、銀

行から融資を受けている会社の経営者の方

は、銀行の人と面識を持つべきだと考えて

いることが伝わると思います。


詳細な説明は割愛しますが、銀行職員と面

識があるときとないときでは、融資の申し

込みのときの心理的な負担が変わってくる

ということはご理解いただけるでしょう。


さらには、主要取引先が倒産した、自社工

場が火事で焼失したなど、思わぬことから

ピンチになったときに、最も頼れる相手は

銀行ですので、普段からの備えとして、銀

行職員と面識を作っておくことはとても重

要です。


では、どうすれば銀行職員の緊密な関係が

作れるかというと、定期的な訪問がよいと

思っています。


できれば1か月ごとが望ましいですが、3

か月ごとでも銀行の人との関係を強化する

ことができるでしょう。


ところが、そのような銀行訪問に抵抗があ

る経営者の方も多いと思います。


その理由のひとつは、「1か月ごとに銀行

に頭を下げに行く必要があるのか」、とい

うものです。


しかし、「銀行訪問=銀行に頭を下げる」

と考える必要はないと思います。


銀行を訪問したときに、「先月の当社の月

次試算表をお持ちしましたので、後でご覧

ください」とだけ伝え、月次試算表を置い

ていくだけで十分です。


このことは、決して銀行に頭を下げること

ではありません。


それでも、月次試算表を届けることに抵抗

があるという場合は、「実は、当社で新製

品を開発したので、その販売先を探してい

るのですが、貴行のお取引先で、購入して

もらえそうな会社があったらご連絡しても

らえないでしょうか」、「私の知人で業績

を順調に伸ばしている会社があるので、そ

の会社が融資を受けたいということになっ

たら、貴行にお取次ぎしてもいいでしょう

か」などといった営業情報を話すだけでも

面識は作れます。


これらは、実際に取引にならなくても、銀

行職員側は協力的な会社だという印象を持

ちますので、高い効果が期待できます。


今回の記事の結論は、銀行に苦手意識を

持っている経営者の方は多いと思います

が、万一のときの備えとして、銀行職員と

の面識を作っておくことをお薦めするとい

うことです。


その場合、決して「銀行訪問=銀行に頭を

下げる」と考える必要はないということで

す。






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ポッドキャストを配信しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





私が制作しているポッドキャスト番組(イ

ンターネットラジオ番組)「数字に強い社

長になるポッドキャスト」の第538回を

配信しました。


今回も、税理士の脇田弥輝先生にお越しい

ただき、上手な起業のしかたについてお伺

いしました。


ご関心のある方は、ぜひ、こちらからお聴

きください。

https://bit.ly/2JYF1vR


この番組は、Youtubeでも聴くこと

ができます。

https://youtu.be/IqNU-kj--n0


(Youtubeへは、音声のみアップロ

ードしています)






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●当事務所の8月の予定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





「融資に強くなる勉強会」

8月5日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ https://amba.to/2xsDIye




「スカイプ相談実施日」

8月8日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「信用保証協会徹底活用セミナー」

8月19日(月)13:00〜15:00

詳細とお申込み→ http://bit.ly/L3TmzF




「スカイプ相談実施日」

8月22日(木)

詳細とお申込み→ https://goo.gl/fShaEi




「経営入門セミナー」

8月26日(月)19:00〜21:00

詳細とお申込み→ https://amba.to/2GmM7bm





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





特急電車の中でのWifiサービスは、だ

いぶ前から提供されているようでしたが、

つなぎ方がよく分からず、いままでは電車

に乗ってもWifiは使いませんでした。


でも、ようやく使い方が分かり、ある程度

安定的にインターネット閲覧が使えるよう

になり、とても重宝しています。


そういえば、10年くらい前は、東京都内

の地下鉄では、走行中は携帯電話の電波が

届かず、駅に停止している間に急いで電子

メールを書いていたことを思い出しました。


いまは本当に便利になったと、つくづく感

じます。












◆このメールマガジンで取り上げて欲しい

トピックやご質問、ご感想等がありました

ら、こちらからおよせください。

http://yuushi-zaimu.net/contact/




◆メールマガジンの配信を停止するときは、

こちらをクリックしてください。

https://www.directform.info/unsubscribe.do?id=16107084&token=c510a8e5d0817624db8697f4121548c3



ただし、まぐまぐ読者の方は、こちらから

配信停止の手続きをお願いします。→

http://www.mag2.com/m/0001677623.html







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪発行責任者

中小企業診断士 六角明雄(ろっかくあきお)

♪関連サイト 売れる組織作りネット

http://www.yuushi-zaimu.net/


●連絡先

104-0061
東京都中央区銀座7-13-5
NREG銀座ビル1階
中小企業診断士六角明雄事務所

電話 050-5539-8814

ファクシミリ 020-4666-8216

電子メール rokkaku@yuushi-zaimu.net


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by 六角明雄 at 07:59| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする